絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#新商品

2022.7.17sun

おうちで蒸したてのういろが楽しめる!「大須ういろ」から「ういろのこな」が新発売【名古屋】

7月20日(水)から、名古屋の老舗「大須ういろ」の“もっちりういろ”を自宅で作ることができる新商品「ういろのこな」の販売がスタート。自分で作るからこそのおいしさと楽しい時間も体感でき、本格的でありながらアレンジも自在! おうちで蒸したてのおいしいういろを楽しめる、ユニークなキットをご紹介します。

「ういろのこな」開発への想い

「ういろのこな」(648円)

「ういろのこな」は、その名の通り、ういろを作るための粉。「大須ういろの“もっちりういろ”をできるだけ簡単に作れるように」と試行錯誤を重ね商品開発され、自宅で手軽にできたてのういろを味わうことができます。

ういろは、お米から作られる蒸し菓子で、冷ご飯と同じように冷めると食感が変わってしまいます。寒い場所に置かれていた場合は、適宜温めることがおいしさのポイント! お米の粉を使っていること、蒸して作っていること、温度によって状態が変化することを知って、自宅で蒸したてのおいしいういろを食べて欲しいという願いから、「ういろのこな」は開発されました。

「ういろのこな」で蒸したてのおいしいういろを

【抹茶】調理例

手作りういろの作り方はシンプル。「ういろのこな」に熱々のお湯を加えて混ぜ、蒸したあと、冷蔵庫で寝かせて出来上がり! しろ、抹茶、くろ、きなこの4つの味を楽しめます。

「ういろのこな」作り方

用意するもの
蒸し器、ボウル、泡だて器、蒸し型(12㎝×15㎝の流し型)、お湯 125g
下準備
・蒸し器にたっぷりのお湯を入れ火にかける
・型にクッキングシートを敷く
手順
①ボウルにういろの粉を入れる
②粉の中に沸湯したあつあつのお湯を入れ10秒待つ
③泡だて器でよくかき混ぜる
④蒸し型に流し込み、蒸し器で45分蒸す(弱火)
⑤蒸し器から取り出し、粗熱をとる
⑥ラップをかぶせ、冷蔵庫で40分くらい冷やす
 *冷やしすぎるとボソボソになるので注意してください
⑦お好みの大きさにカットする
 *残りは常温で保存し、早めにお召上がりください
 *蒸してからの経過時間や温度の変化によっていろいろな食感が楽しめます
【黒】調理例

アレンジも自在にできるので、いろいろな味を楽しめるのも「ういろのこな」の魅力。例えば、白の「ういろのこな」に加えるお湯を、お好みのコーヒーや紅茶に変更してみたり、芋や栗など好みのトッピングを加えたり。冷蔵庫で寝かせる時間も自分好みに調節でき、温度によって変化する食感を楽しめます。

【きなこ】調理例

「体験をお土産にしてもらいたい」という思いから、「ういろのこな」は直営店の他、「JR名古屋駅 ギフトキヨスク名古屋」でも販売されます。自宅で楽しみながら昔ながらの本格的なういろを、できたてのベストな状態で味わうことができる「ういろのこな」。ぜひ自分で作るからこそのおいしさと楽しい時間を体感してみてください。

ういろのこな

販売価格
税込648円
販売場所
大須ういろ大須北店、大須ういろ本部店、JR名古屋駅 ギフトキヨスク名古屋
お問い合わせ
052-626-3000(大須ういろ営業本部)
公式サイト
https://osuuiro.co.jp/
オンラインショップ
https://shop.osuuiro.co.jp/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

おうちで蒸したてのういろが楽しめる!「大須ういろ」から「ういろのこな」が新発売【名古屋】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 新商品
  4. おうちで蒸したてのういろが楽しめる!「大須ういろ」から「ういろのこな」が新発売【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。