絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2022.7.22fri

「ATELIER OPÉRA」(アトリエ オペラ)夫婦2人の愛らしさとセンスが調和する、幸せを運ぶスイーツ【昭和区・曙町】

吹上と御器所の中ほどから、阿由知通を東へ入った通り沿い。2021年5月に誕生したのが、シンプルなデザインでまとめられた、控えめな店構えの「ATELIER OPÉRA」(アトリエオペラ)です。

ガラス扉を開けて店内に入ると、両サイドの壁やカウンターの3分の2ほどのスペースに、色も形もさまざまな焼き菓子がずらり。

エディブルフラワーが花咲くクッキーや、飴色に輝く焼きたてのカヌレなど、つい目移りしてしまうバラエティに富んだラインナップです。

カウンター下のショーケース内では、個性派ぞろいの焼き菓子に囲まれるように、麗しい佇まいのケーキが華やぎます。

きび糖のやさしい甘さが際立つ、焼き菓子&ケーキ

この店を営むのは、フランスの「ミッシェル・ブラン本店」で研鑽を積み、「ホテルナゴヤキャッスル」で腕をふるった店主の髙津昌史さんと、洋菓子の世界大会で3位に輝いた経験を持つ奥様の美緒さん。

親しみやすさがありながらも、磨き抜かれた美しいフォルム、洗練された味わいに仕上げられたスイーツたち。人懐っこく愛らしい笑顔の内に秘められた、夫婦それぞれの職人としてのプライドを伝えているようです。

夫婦での明確な役割分担は決めていないものの、生菓子とふんわり生地の焼き菓子は昌史さん、焼き菓子全般は主に美緒さんが担当することが多いそう。

子ども連れの家族から年配の方まで、安心して食べていただけるようにと、国産のバターや小麦粉、やさしい甘さのきび糖など厳選した原材料を使用。無条件に「おいしい!」と感じられるシンプルさと、2人の多彩なアイデアから生まれる意外性のある素材使いや食感の妙が、訪れるたびに新しい発見と楽しみを与えてくれます。

「フラワーサブレ」(380円)「きび糖ブール・ド・ネージュ」(250円)など、焼き菓子は1日40種類前後をラインナップ。定番に加えて、旬の食材や季節ごとに登場する新フレーバーなど、美緒さんの豊かな感性と遊び心が光ります。

ご主人の昌史さんが担当する生菓子のショーケースに目を向けると、そのおいしさを訴えかけてくるように、キラキラと輝くケーキたちに思わずうっとり。幸せなティータイムの風景を想像すると、つい頬が緩んでしまいます。

中でもひときわ目を引いたのが、色鮮やかな「きび糖ショートケーキ(苺)」(620円)と、新作としてお目見えしたばかりの「なめらかピスタチオプリン」(400円)

きび糖ショートケーキは、季節ごとに登場するフルーツをふんだんに使った一番人気。きび糖のほのかな甘さが、フルーツの味わいを際立たせています。

もちろん、店名の由来にもなっている、昌史さんのスペシャリテ「オペラ」(580円)もお忘れなく。オペラを象徴する艶々のチョコレートグラサージュをあえて取り入れず、薄いチョコレートをのせているところに昌史さんのこだわりが光ります。見た目の立体感やパリパリ食感など、オリジナリティあふれる仕上がりです。

さらに最近、口コミやSNSで評判になっているのがフルオーダーのバースデーアイシングケーキ。アイシングケーキの講師を務めていた経験を持つ美緒さんが、打ち合わせから完成まで細かく希望を聞き取り、オーダーメイドで仕上げます(アイシングケーキは、限定数のため、希望日前月の月初めから受け付ける予約は、即日で埋まってしまうこともあるそうです)。

夫婦2人でつくり上げた、温もりに満ちたパティスリー

店のデザインやロゴマーク、コック帽のイラストは、昌史さんのアイデアを美緒さんが手描きで形にしたものをベースにするなど、夫婦で手がけた部分も多いそう。

店を彩るフラワーコーディネートは、美緒さんが信頼するお花の先生に依頼。シックなお店のアクセントとして、温もりをプラスしています。

店名の「オペラ」に込めたのは、「オペラの生地にしっとり染み込んだコーヒーシロップのように、地域に浸透したいという思いです」と話す昌史さん。生まれ故郷であるこの地で、町の人に愛されるお店を目指します。

夏には、気軽に食べられるアイスも登場! 長く愛され続けるお店でありたい。

——お店をオープンしたきっかけを教えてください。
オーナー・高津さん 勤めていたホテルが休業することになり、思い切って夫婦2人でお店を開こうと決意しました。実家からも自宅からも近い、吹上辺りでお店を開きたいと思って探していたところ、2020年の12月、この場所を紹介していただいて。半年弱の準備期間を経て2021年5月にオープンしました。

——お店のコンセプトを教えてください。
オーナー・高津さん 私が子どもの頃から優しく見守ってくれている町の方々や、小さなお子さんまで、地域の人に親しまれ、長く愛され続ける店でありたいというのが願いです。

——今後、どんなお店にしていきたいですか。
オーナー・高津さん 男性お一人の方やファミリー層、ご年配の方など、幅広い方に来ていただいているので、皆さんに喜んでいただける商品を2人で作り続けていきたいです。夏にはアイスも新登場する予定ですので、お楽しみに。


ライター
花野

お店に入ると、やさしい笑顔が印象的な、仲睦まじいご夫婦の人柄が伝わってくるような穏やかな風に包まれます。親しみやすさを感じながらも、美しい佇まいや計算された味わい、独創的なラインナップからお二人のプロ意識が伝わってくる品々。自分のご褒美に、来客用のお菓子に、あの人への手土産に…と、甘い香りと愛らしい見た目に惹かれ、ついあれもこれもと目移りしてしまいます。

ATELIER OPÉRA(アトリエ オペラ)

問い合わせ
052・784・7168
場所
名古屋市昭和区曙町3-19-7 FITビル1F
営業時間
10:30~17:00
定休日
日・月・火曜
駐車場
15台(共同※「名古屋神召キリスト教会」駐車場)
カード
不可
電子マネー
不可
ホームページ
https://atelier-opera.com/
アクセス
地下鉄「吹上駅」より徒歩で約7分

撮影/千葉亜津子
※価格はすべて税込み
※掲載内容は2022年7月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

「ATELIER OPÉRA」(アトリエ オペラ)夫婦2人の愛らしさとセンスが調和する、幸せを運ぶスイーツ【昭和区・曙町】

WRITER

Shizue Hanano

Shizue Hanano

大学卒業後、編集会社に勤務し、レジャー情報に関する雑誌編集、ウェブサイトの立ち上げに従事。紙媒体の企画から執筆まで一貫して携われるステージを求めて北陸・金沢の出版社へ。30歳を機にUターンし、名古屋の編集プロダクションへ。新聞、全国誌、地元タウン誌、フリーペーパー、ウェブサイトなど多様なメディアでのディレクション、編集、 執筆を担当。2011年からフリーランスとして活動中。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Shizue Hanano
  4. 「ATELIER OPÉRA」(アトリエ オペラ)夫婦2人の愛らしさとセンスが調和する、幸せを運ぶスイーツ【昭和区・曙町】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。