絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#映画

2022.7.24sun

映画『異動辞令は音楽隊!』の阿部寛さんが名古屋の警察音楽隊コンサートにサプライズ登場!

7月19日(火)にオアシス21で開催された「愛知県警察音楽隊 街角コンサート」に、8月26日(金)より公開する映画『異動辞令は音楽隊!』の主演を務めた阿部寛さんと、映画パーソナリティーの松岡ひとみさんがサプライズゲストで登場しました。その様子をレポートします。

映画と同じく、刑事畑から急に音楽隊へ異動した隊員

映画『異動辞令は音楽隊!』は、現場一筋の鬼刑事がコンプライアンスに合わないと警察署内の警察音楽隊に異動を命じられ、自分の居場所を見つけて成長していく物語が描かれます。音楽未経験ながらも警察音楽隊のドラムを担当する主人公の成瀬を演じるのが、阿部寛さん。阿部さん自身もドラムが初めてとのことで2カ月以上練習し、最初はドラムのスティックの叩き方など全然わからず、それだけでも1カ月ほどかかって大変だったと語りました。さらに、阿部さんからも愛知県警察音楽隊へ質問が!

阿部さん カタブツの刑事が音楽隊へ異動する話と同じように、刑事畑から急にこちらの世界へ来られて戸惑っている方がいると聞いております。いま、こちらに入られてどのくらいですか?

隊員 4月に入ったため、3カ月ほどです。

阿部さん 僕の役は、なんでこんなところに来たんだろうというような役でしたが、実際どうですか?楽しくなりましたか?

隊員 私も10年くらい刑事をやっていて、はじめはなんでって感じでした。今は、いっぱい練習して楽しんで頑張っています。

阿部さん 無理しないでくださいね。

警察の部署内でも珍しい、“拍手がもらえる”ということが一番のやりがい

愛知県警察音楽隊は、年間150~200回本番があります。それ以外の時間は訓練の時間という話を副隊長から聞くと、「すごいですね」と阿部さんと松岡さんも絶句。そして、阿部さんの練習エピソードも。

阿部さん 練習の最初は全員がそろわなくて、恥ずかしかったんですけど、俳優になって初めて体育会系の練習が1カ月ほどあり、チームワークがすごくできて楽しかったです。チームワークは完璧ですか?

副隊長 完璧です!

松岡さん 音楽隊をされていて、生き甲斐を感じる時はどんな時ですか?

副隊長 やはりみなさんの前で演奏ができることと、拍手がもらえるということが一番のやりがいです。

阿部さん 実際にこういった仕事で触れ合って、喜ばせて笑顔にすることができる、警察のそういったことも描かれています。触れ合うって大事だと思うので、そういうことですよね。

副隊長 警察の中で拍手をいただける部署ってほとんどないものですから、音楽隊は特殊だと思います。

阿部寛さんが「Choral A」のカウント出しを再現!

映画『異動辞令は音楽隊!』の主題歌Official髭男dismの「Choral A」を演奏するとのことで、映画の成瀬がドラムスティックでカウントするように、今回の最初のカウント出しを阿部さんが担当することに。会場の注目が集まる中、ビシッと決めていただきました。主題歌を務めましたOfficial髭男dismの楢﨑さんも音楽隊出身とのことで、カメオ出演されています。そのあたりも注目して観てみてください。

愛知県の特殊詐欺の年間被害は874件!注意を呼びかけ

イベントでは、愛知県の特殊詐欺の年間被害が874件、被害額は13億7000万円を超える話が伝えられ、「携帯電話で話しながらATMを利用している人がいたら、詐欺に合われているかもしれません。詐欺にお気を付けください!」と、特殊詐欺に注意の呼びかけも会場でされました。

“日本の世の中がもっと安全になるように”と阿部さんからもメッセージ

阿部さん すばらしかったです。今見させていただいて、みなさんの役割とか活動が分かりました。一生懸命音楽を聴こうと思って、音楽隊のほうを見ようと思っていましたが、カラーガード隊のメッセージを見ていました。今はいろんなメッセージがあって非常にわかりやすく、みなさんに伝わるようにしてくださっていたので、日本の世の中がもっと安全になるように気をつけましょう!ありがとうございました。

松岡さん 素敵でした。本当にすばらしかったです。音楽隊のみなさんを待っている方もたくさんいらっしゃると思います。これは映画のほうでも描かれていますが、これからも素敵な音楽を奏でてください。ありがとうございました。

日本アカデミー賞受賞『ミッドナイトスワン』の内田英治監督が贈る最新作。共演者に愛知出身の清野菜名さん、磯村隼人さん、高杉真宙さんを迎え、楽器演奏の演技吹替は一切なしのダイナミックかつエキサイティングな撮影シーンを再現しました。誰もが覚えのある「人生こんなはずじゃなかった」という想いを抱く者たちの涙と笑いの奮闘が名曲とともに心に届く。ぜひ、劇場に足を運んでみてください。

異動辞令は音楽隊!

監督・脚本・原案
内田英治
出演
阿部寛、清野菜名、磯村勇斗、高杉真宙、板橋駿谷、モトーラ世理奈、見上愛、岡部たかし、渋川清彦、酒向芳、六平直政、光石研、倍賞美津子 他
主題歌
「Choral A」Official髭男dism
公式サイト
https://gaga.ne.jp/ongakutai/
2022年8月26日(金)よりミッドランドスクエア シネマ他で公開!
©2022 『異動辞令は音楽隊!』製作委員会

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

映画『異動辞令は音楽隊!』の阿部寛さんが名古屋の警察音楽隊コンサートにサプライズ登場!

WRITER

Mai Shimomura

Mai Shimomura

岐阜県出身。スタジオやブライダルでの 撮影経験を6年経て、編集者へ転身。 カメラと映画が好きなミーハー女子。 素敵な出会いを写真に記録しながら、 みんなの心に届くモノを発信したい。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Mai Shimomura
  4. 映画『異動辞令は音楽隊!』の阿部寛さんが名古屋の警察音楽隊コンサートにサプライズ登場!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。