絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2022.7.27wed

愛知・尾張 この夏、絶対ハズせないかき氷店

「暑い」を一気にクールダウンしてくれる魔法の食べ物・かき氷。今回は、愛知県の尾張エリアの「ハズせない」おいしいかき氷をピックアップ。個性もいろいろ。今日の気分に合わせてお店を選んでみてはいかがでしょうか?

[愛知・常滑市]麺・甘味 侘助

梅とみかんを合わせたさわやか和テイスト

常滑の「やきもの散歩道」の一角に佇むうどんと甘味の店。名物の「土鍋カレーうどん」(1300円)の他、ぜんざいや和パフェといった和スイーツを、常滑焼きの器で出てくるので、ちょっと旅情気分も感じられます。「抹茶ミルク」「みぞれ金時」(950円~)などのかき氷も人気で、そのどれもがてんこ盛りのビッグサイズ! 温かいお茶が付く心遣いもうれしいですね。

梅みつみかん 950円
梅とみかんの蜜を合わせたオリジナルフレーバーに、バニラアイスと輪切りのオレンジをトッピング。ほんのりとした梅の酸味とみかんの甘みが好バランスです。

麺・甘味 侘助(メン・カンミ ワビスケ)

問い合わせ
0569・34・7169
場所
愛知県常滑市栄町3-89
営業時間
11:00~16:00(LO) 
定休日
火曜定休(祝日の場合は翌日休)
駐車場
5台
カード
不可
電子マネー
不可
Instagram
wabisuke_tknm
アクセス
名鉄「常滑駅」より徒歩で約8分 
かき氷提供期間
通年
※入店は1グループ4名まで。その他入店制限あり

[愛知・津島市]INUUNIQ VILLAGE

生産者の顔が見えるオーガニックな1杯

緑に囲まれた庭でいただくのは、店主の農園や地元農家が育てたオーガニックな食材を使ったこだわりの1杯。カラダが喜ぶかき氷です。定番人気の「いちごみるく」は、イチゴは完熟の時期に仕入れ、下処理をして冷凍で保存。毎日使う分だけをシロップに加工しています。金時豆やあずきは店内で炊き上げ、練乳も手作りという、手間ひまかけて丁寧に作られたかき氷たちを味わいに出掛けてみませんか。

いちごみるく 750円
甘さと酸味のバランスが良い津島産イチゴ「ゆめのか」をたっぷり使用しています。イチゴの味を引き立てるようにあっさり仕上げた練乳でどうぞ。

席はきれいに手入れされた庭にあります。

店主の飯尾さんは、夫婦でオーガニックカフェや農園を営んでいます。

INUUNIQ VILLAGE(イニュニック ヴィレッジ)

問い合わせ
0567-58-5733
場所
愛知県津島市宇治町天王前144-1
営業時間
11:00~17:00(土曜は10:00~)
定休日
日・月・火曜定休
駐車場
6台(臨時駐車場40台あり)
カード
不可
電子マネー
Instagram
inuuniqvillage_urara
アクセス
名鉄「青塚駅」より徒歩で約20分

[愛知・あま市]しあわせ・かき氷店

公務員からかき氷職人に! 独創的なこだわりメニュー

店主は八ヶ岳を山登りした際に出会った天然かき氷屋でのかき氷に衝撃を受け、公務員を定年退職後、修業を経て、かき氷職人に転身したプロフィールの持ち主です。「蔵元八義」の天然氷を綿毛のように薄くふわふわに削り、極力手で整えずまんまるに盛り付けるのもこだわりの一つ。スキッとしつつ、なめらかなくちどけの氷と、生のフルーツを使用したシロップで、シンプルながらも奥深い味わいが楽しめます。

クリーミー白いんげんとみかん 1350円
独特の味がクセになるとファンも多いメニュー。販売は不定期なので、見かけたらオーダーしてみて!

MIXかき氷 いちごとパイナップル 1100円
ダブルの味で欲張れそう。販売は8月末までの予定です。

マンゴー 1200円(生クリーム付1350円)
濃厚なマンゴーシロップは3回に分けてかけられていて、最後までマンゴーの甘みが口いっぱいに。フロマージュ(生クリーム)がまろやかさをプラス。

しあわせ・かき氷店

問い合わせ
090・6590・4803
場所
愛知県あま市甚目寺桜田14 
営業時間
11:00~17:00
定休日
火・水曜定休(7/21~8/31は無休)※臨時休業の場合あり、Instagramで要確認
駐車場
10台
カード
不可
電子マネー
Instagram
michihirokinoshita
アクセス
名鉄「甚目寺駅」より徒歩で約5分
かき氷提供期間
通年

[愛知・あま市]町カフェ

ふわっサクッの氷山。人気カフェの本気をどうぞ

ふわふわ玉子の鉄板ナポリタンや多彩なモーニング、ランチなどの魅力的なメニューに加え、通年提供のかき氷を10種類も用意。おしながきにも「年中かき氷」と記されていることからも、その本気・自信度がうかがえます。三重・青山高原の水をじっくり丸2日かけて凍らせた氷を、削られハラハラと盛りつけた様は、まさに氷山! 通年味わえるので、全部試してみてはいかがですか?

マンゴーバナナクリーム氷 1250円 ※~9月中旬
たっぷりのマンゴーに自家製ミルク、バナナペーストのクリーム、キャラメルソースとカラメルソースがかかった幸せな濃厚味

黒蜜きな粉 880円
大納言小豆のふくよかな甘みが印象的です。

キャラメル・ナッツ・マキアート 980円
ピスタチオアイスがアクセントになっている、カフェならではのかき氷。

町カフェ

問い合わせ
052・446・0311
場所
愛知県あま市花長六反田19-1
営業時間
7:00~18:00(かき氷は14:30~)
定休日
月曜定休
駐車場
15台 
カード
不可
電子マネー
不可
アクセス
名鉄「木田駅」より徒歩で約8分
かき氷提供期間
通年

[愛知・一宮市]御月見堂 一宮駅店

大きな団子と最中♥ 夢のトッピングの1杯

 とことん手作りにこだわった総菜、お弁当、そして甘味をラインナップする「御月見堂」で、ここ一宮駅店限定でかき氷が登場する。おすすめは、抹茶・ほうじ茶で、その頂上には名物の団子と最中がオン! もちもち&やわらかい串団子は、その一粒でも食べ応え満点の大きさ。あんこが苦手なスタッフも「これは大好き」と惚れ込むつぶあんものり、香ばしい最中に挟んで食べたり、氷と一緒に味わったりと楽しみ方もいろいろだ。

抹茶 600円
和菓子好きにはたまらないマリアージュ! 団子はみたらしか草餅かが選べる。

ほうじ茶 600円
甘さ控えめの生クリームとマスカルポーネで作った自家製ほうじ茶クリームがポイント! フルーツ系のかき氷もある。

NEWS
9月/上旬ユニモール店もOPEN!
じっくり出汁から手作りの総菜、お弁当、おにぎり、甘味に加え、自信作の焼売をはじめとした点心も登場するとか。ほっこりする味をぜひお持ち帰りして。

御月見堂 一宮駅店(オツキミドウ イチノミヤエキテン)

問い合わせ
0586・72・0131
場所
愛知県一宮市栄3-1-2尾張一宮駅前ビル「アスティー宮」1F
営業時間
7:00~21:00
定休日
無休
駐車場
なし
カード
電子マネー
アクセス
JR「尾張一宮駅」構内
かき氷提供期間
~9月末
※テイクアウトのみ

[愛知・一宮市]かき氷BAR CHILL OUT

料亭のような上品な味を目指した、癖になる塩系スイーツ

「かき氷の可能性は無限なんです」と熱く語るのは、店主の柴垣さん。会社員を辞め地元でバーを開いたものの、コロナの影響で時短営業を余儀なくされました。そんなときに着目したのがイベントで削ったことがあったかき氷。かき氷屋さんを営む知人にアドバイスをもらい、後は独学で1年間削り続け、ベース×果物×ソースの組み合わせで多彩な味を表現できるかき氷の魅力にどんどんハまっていったと言います。

「白味噌酒粕イチジク」は、イチジクの優しい甘さに白味噌の塩味がマッチした上品な一皿。途中、ハチミツで味変でき、最後まで飽きずにペロリといただけます。

白味噌酒粕イチジク 1200円
白味噌エスプーマの塩味と、酒粕の香りがほど良くやみつきに。氷はすっと溶けるふわふわ系。※イチジクの入荷がなくなり次第終了

まだまだ挑戦したいかき氷は山ほどあり、メニューは数週間ごとに替わります。夏は桃やシャインマスカット、ブルーベリーを使ったかき氷も登場します(販売時期は要確認を)。

目の前で氷を削る様子が見られるカウンター席のほか、テーブル席も用意。

ガラス張りで訪れやすい雰囲気。19時50分まで営業しており、仕事帰りに立ち寄る人も多い。

かき氷BAR CHILL OUT(チル アウト)

問い合わせ
0586・59・3465
場所
愛知県一宮市平和1-1-5 駅西ビル1F
営業時間
11:00~19:50(LO)※冬季は変更あり
定休日
水・木曜定休
駐車場
なし
カード
不可
電子マネー
Instagram
@barchillout326
アクセス
「一宮駅」より徒歩で約4分
かき氷提供期間
通年

[愛知・稲沢市]Le café Premiere

ゴロゴロっとのったジューシーな巨峰に感動

旬のフルーツを使ったスイーツとこだわりの紅茶が楽しめる人気店。試行錯誤を重ねて完成させる月替わりの生フルーツかき氷のほか、紅茶ミルクに生クリームと紅茶ゼリーを合わせた「プレミアム紅茶ミルク氷」(950円)や、シロップが超濃厚な「ピスタチオミルク氷」(1000円)などの定番かき氷などからも、店主のこだわりが感じられます。ぜひ、お店自慢の紅茶とともに味わってみてください。

生巨峰ミルク 1400円(変更の場合あり)※8月中旬~9月上旬
自家製ぶどうシロップとミルクシロップをたっぷり氷に染み込ませ、厳選したフレッシュな巨峰をゴロゴロとオン。巨峰とシロップの異なる甘さがクセになる。

中にも桃が入り、桃をまるごと食べているような一品。販売は8月上旬まで。

店内は木の温もりが広がるナチュラルな空間。

Le café Premiere(ル カフェ プルミエール)

問い合わせ
0587・81・4265
場所
愛知県稲沢市松下2-12-13 エクセランス森島Ⅱ
営業時間
9:00~17:00(かき氷のLOは16:30)
定休日
木曜定休
駐車場
7台
カード
電子マネー
Instagram
le.cafe.premiere
アクセス
名鉄「国府宮駅」より徒歩で約5分
※7~8月の予約はオンラインのみ

[愛知・犬山市]HAU

城下町のレトロな雰囲気で味わいたい一皿

店主の草野さんは、岐阜の名店「赤鰐」で、きめ細やかな氷の削り方、成形の仕方、均一なシロップの打ち方など、老舗店の手法を伝授された弟子の一人。受け継いだ技に、地元の氷屋の純氷、犬山銘菓やフルーツをトッピングするなどローカル感をプラスしています。新たな発想も加わり、オリジナリティあふれるかき氷に仕上がっています。メニューは常時5種類前後あり、テイクアウトもOKなので、かき氷片手に、城下町散策としいうのも一興です。

ミックスベリーピスタチオ 1000円
氷そのものを味わいながら、豊かなピスタチオの風味、トッピングの煮詰めたミックスベリーのおいしさに満たされます。

犬山名物のげんこつ飴のきなこを使用した、ローカル色豊かなかき氷。無添加の香ばしさが口いっぱいに!

うっすらと前店の看板が残るのはあえてだそう。「氷」の提灯を目印に訪れて。

HAU(ハウ)

問い合わせ
090・9930・0100
場所
愛知県犬山市犬山東古券313-16
営業時間
12:00~18:00(水曜は~17:00)
定休日
木曜定休
駐車場
なし
カード
不可
電子マネー
不可
Instagram
2017hau
アクセス
名鉄「犬山駅」より徒歩で約5分
かき氷提供期間
通年
※メニューは材料の関係で変更あり

[愛知・春日井市]Sweets+Kitchens ARI3

フレンチ出身シェフならではの、独特なソースが印象的

フレンチシェフからパティシエに転身し、本場パリでも修業を重ねた店主が作るスイーツたち。それらは、仏料理の伝統をベースに、シェフのセンスとアイデアを加えたもので、唯一無二のものばかりです。かき氷にかけるソースもフレンチの技法が取り入れられ、特に桃のマリネとクリームチーズのソースがかかった「ももちー氷」はほかでは味わえないと評判の一品。ソースに趣向を凝らしたクオリティの高いかき氷の味に、他のスイーツも食べてみたくなるはず!

ももちー氷 1430円 ※~9月中旬
クリームチーズをソースに仕立ててたっぷりと氷の上へ。トッピングされた桃は契約農家から仕入れ、さっぱりとしたマリネにしている。

Sweets+Kitchens ARI3(スウィーツ+キッチン アリサン)

場所
愛知県春日井市六軒屋町6-8 アイビル1F
営業時間
10:00~18:00(LOは17:00)※売切次第閉店 ※7・8月はメニューの予約のみ受付・席の予約は不可 ※7・8月はかき氷のみの営業
定休日
火曜・第3水曜定休
駐車場
21台
カード
不可
電子マネー
不可 
Instagram
ari3_going
アクセス
東名高速道路「春日井IC」より車で約8分
かき氷提供期間
通年


※掲載内容は2022年6月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※かき氷の提供期間は予定です。状況により表記期間より早く終了したり、また延長する場合がございます
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

愛知・尾張 この夏、絶対ハズせないかき氷店

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 春日井
  4. 愛知・尾張 この夏、絶対ハズせないかき氷店

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。