絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2022.7.31sun

ゴーラーが選ぶ! 東海レジェンド的かき氷店【岐阜市・茶屋 赤鰐】

高校生の時にその魅力にハマり、今や余暇の時間を巧みに使って年間200~300杯食べるという、かき氷マニア=ゴーラーのタカダさん。そんなタカダさんに、東海エリアの「レジェンド店」を5つ挙げていただきました。今回はその一つ「茶屋 赤鰐」をご紹介します。「氷を味わいに行っているので、溶けて水になってしまうのはもったいない!」と笑顔で語るタカダさんのコメント付きです!

タカダさんのInstagramでは、日々食したかき氷が素敵な写真でご紹介されています♪

祝30周年!の名店。それでも探究心を忘れない

粉雪のような氷を口へ運ぶと、瞬く間に消えて、みずみずしい果物のおいしさとミルクの優しい甘みが口中に広がる…。「削りこそが重要」と語る店主の五島さんは、毎週機械をメンテナンスする度に、髪の毛一本に満たない微妙な刃の角度や、氷へのあたり具体を徹底的に調整しています。実は、時代に合わせてミルクの甘さも変えているのだそう。五島さんは創業30周年を迎えた今も、全国のかき氷店を食べ歩き、研究を重ねています。余分なものは加えず、よりシンプルに。研ぎ澄まされた一杯を、ぜひ堪能してみてください。

レジェンドを創り出す店主 五島一弘さん
かき氷好きを増やすべく、全国でイベントを開催。着用しているTシャツは、30周年のお祝いに仲間から贈られたものだとか!

目指すは〝食感のない氷〞削りこそがかき氷の命

果物ミルク 1100円
30年愛され続ける赤鰐の定番。ミルクの甘みに合うよう、果物はあえて酸味のあるものをセレクトしています。

レストランバーや居酒屋を経て、名古屋の有名甘味処でかき氷を学び、この地で独立。

店でかき氷を提供するほか、最近は各地の温浴施設に出張する「フロワニ」活動も行っています。

タカダさんの「レジェンド店に挙げた理由」

ゴーラー
タカダさん

なんと言ってもあの秀逸な削り! 口に入れるとすぐに溶ける、とっても滑らかな削りに甘味処を思わせるようなシロップのかき氷は、今ドキながらも、どこか懐かしさも感じさせてくれます。お弟子さんのお店もいろいろあって、それぞれ魅力的ですよ。

茶屋 赤鰐(チャヤ アカワニ)

問い合わせ
058・264・9552
場所
岐阜県岐阜市八幡町13
営業時間
11:30~19:00(LOは18:30)
定休日
水曜定休(夏季は無休)
駐車場
1台
カード
不可
電子マネー
不可
Instagram
52akawani 
アクセス
「岐阜駅」より徒歩で約8分
かき氷提供期間
通年


※掲載内容は2022年6月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY9月号(2022年7月23日発売)かき氷とパフェ、アイスクリーム

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

ゴーラーが選ぶ! 東海レジェンド的かき氷店【岐阜市・茶屋 赤鰐】

WRITER

Masahiro Sugiyama

Masahiro Sugiyama

金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。2016年秋から、地元・愛知へUターン。月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。』(ともに主婦の友社)など。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Masahiro Sugiyama
  4. ゴーラーが選ぶ! 東海レジェンド的かき氷店【岐阜市・茶屋 赤鰐】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。