絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2022.8.6sat

甘い芸術! 映える!! アートのようなパフェ【愛知・名古屋】

鑑賞するという言葉に値するビジュアル、多彩な味と香り、食感…。作り手のこだわりが詰まったパフェは、食べるアート作品!! そんな芸術的なパフェを、編集部が勝手に(!)名付けたタイトルとともにご紹介。思わず見とれてしまうけれど、愛でるのは30秒までに。できたてのうちに召し上がれ。

※販売期間外のメニューもございます。ご注意ください。

[愛知・常滑市] カレット洋菓子店 常滑店

〈作品TITLE〉
旬は待ってくれない

桃パフェ 1375円 ※8月上旬~下旬
シロップで風味付けした生の桃に加えて自家製桃ソルベも。フランボワーズやヨーグルトのさわやかな酸味が、桃の甘さとマッチしています。

華やかさと上品さを併せ持ったケーキが並ぶ洋菓子店。

ここで味わえるパフェの主役は、たっぷりと水分をたたえ、色鮮やかで見るからにおいしそうな旬の果物です。グラスの中のきれいな層構造や、うず高く絞った生クリームは、大ぶりにカットされた果物を美しく見せる名脇役に。計算された甘味のバランスも、果物のおいしさを引き立てています。ケーキのようには持ち帰れない、ひとときの味わいを、ぜひ堪能して。

7月末までは、完熟のアップルマンゴー1/2個分を贅沢に使用した「マンゴーパフェ」 (1320円)も。角切りのマンゴーやマンゴーのアイスクリームも入った、マンゴーづくしのパフェ。

8月限定の「桃かき氷」(990円)も人気。姉妹店の半田店でも味わえます。

カレット洋菓子店 常滑店

問い合わせ
0569・42・0720
場所
愛知県常滑市矢田垣出口46-1
営業時間
9:00~17:00(LOは16:30)※物販は~18:00
定休日
月曜定休(8/15、9/19は営業)
駐車場
30台 
カード
不可
電子マネー
不可
ホームページ
www.carette.co.jp 
アクセス
知多半島道路「阿久比IC」より車で約10分

[愛知・岡崎市] Macohaha Tomiti Design Cakes

〈作品TITLE〉
鳥たちが誘う夢の世界

(写真左から)
私だけのフラミン子 1980円 ※~7月下旬
マンゴーやドラゴンフルーツなど、その時々のトロピカルフルーツを使用。グラスの上層はココナッツムース、お好みでココナッツソースも。

~幸せを運ぶ桃~コウノトリさんここにいます 1980円 ※~8月下旬
コウノトリのモチーフに平和への願いを込めて。主役の桃は豊田市・猿投産の路地ものを中心に厳選して仕入れ、お店で丁寧に追熟させています。

白鳥スワ子でございます~おほ、ほほほ~ 1980円 ※~7月下旬
大きな羽根の後ろには丸くくり抜いたメロン、クリームの下にはメロンシャーベットも隠れています。果肉入りメロンジュレはキラキラの透明感。

今にも優雅に羽ばたきそうな鳥たちは、オーダーケーキやシュガーアートの世界でも著名な店主とスタッフによる芸術作品。春から初夏にかけてはメロン、夏は桃やトロピカルフルーツといったように、季節ごとの一番おいしい果物たちを、夢のあるパフェに仕立てています。果物の味の邪魔をしない甘さに調整した自家製のクリームやムース、ゼリーなどと一緒に味わえば、幸せな世界観に包まれるはず!

この先、シャインマスカットやブドウのパフェが登場予定。

Macohaha Tomiti Design Cakes(マコハハ トミティ デザイン ケーキ)

問い合わせ
0564・48・6248
場所
愛知県岡崎市鉢地町開山22-3
営業時間
9:00~17:00(LOは16:00) 
定休日
水曜定休
駐車場
20台
カード
不可
電子マネー
Instagram
@macohaha_tomiti
アクセス
名鉄「本宿駅」より徒歩で約20分

[名古屋・中区] parfait&bar PETTEGOLA

〈作品TITLE〉
ひまわりの熱視線

あなただけを見つめる 1980円 ※~8月下旬
上品な甘さの宮崎産マンゴーとココナッツムースで大輪のひまわりを表現。グラスの中には杏仁プリンなどのアジアンスイーツも。

長年イタリアンレストランに勤務し、厨房のスタッフやソムリエとしても経験を積んだ店主による、パフェとお酒の店。甘さの中に塩気や苦味のアクセントを加えたり、スパイスやハーブの香りを効かせるなど、ひとひねりあるパフェは料理人ならではの発想から。

「食べてワクワクしてほしいから」と、意外な食材も取り入れているというのも楽しみです。

メニューを入れ替えながら常時4種類がラインナップしています。中にはお酒を使ったものもあり、相性の良いお酒を合わせたりして、1日のシメにぜひ!

ほの暗いバー空間で、食事やお酒を飲んだ後にシメパフェを。午後のティータイム利用も可能。

parfait&bar PETTEGOLA(パフェ&バー ペッテゴラ)

問い合わせ
052・684・9302
場所
名古屋市中区栄2-15-16 白川タワービル1F
営業時間
14:00~17:00、19:00~23:00(金・土曜、祝前日は~24:00、日曜、祝日は13:00~19:00)※LOは各閉店時間の30分前
定休日
月・火曜定休
定休日
なし
カード
電子マネー
不可 
Instagram
@parfaitbar_pettegola
アクセス
地下鉄「伏見駅」より徒歩で約10分

[名古屋・昭和区]bake melew

〈作品TITLE〉
この空は私だけのもの

桃となつ空 2500円(ドリンク付き)※~8月下旬
陶製のコーヒードリッパーを器に使った上部は、甘い桃とクリームでリッチな味わい。
一方、グラスの中はレモンの風味でさっぱり。

パイやクッキー、メレンゲなど自家製の焼菓子が存在感を発揮するのは、「bake=焼菓子店」のパフェだからこそ。丸ごと1個の桃の下にはキャラメリゼしたパイが隠れ、クリームが詰まった桃のなめらかな食感とサクサク感とのコントラストが楽しめます。上下2つの器で構成され、グラスには夏の空を模したゼリーやナタデココ。

別々に味わったり交互に口に運んだり、どう食べようか考えるのも楽しい一皿です。

淡い紫の扉と通りに面した大きな窓が目印。焼き菓子によく合うスペシャルティコーヒーもスタンバイ。

bake melew(ベイク メルー)

問い合わせ
080・8918・8037
場所
名古屋市昭和区阿由知通3-14
営業時間
10:00~22:00
定休日
月曜定休(祝日の場合は営業、翌日休)
駐車場
なし 
カード
不可
電子マネー
Instagram
@melew.melew
アクセス
地下鉄「御器所駅」より徒歩で約1分

[名古屋・中区]KW THE KITCHEN WONDERLAND

〈作品TITLE〉
心の赴くままに

皿パフェ 1800円 ※~7月下旬。8月以降は食材が替わります
たっぷりの生クリームの下にはブドウのムースとシャーベット。パイ生地と生クリーム、カスタードクリームでミルフィーユのような味わいも。

背の高いグラスに入っているのがパフェという思い込みを消し去ってくれるのが、こちらの皿パフェ。上下の層が混ざり合うことなく、濃厚なクリームやフルーティーなソルベなど、一つひとつの味をじっくり確かめられるのがポイントです。パイに生クリームをのせ、濃厚なソースをちょっとつけて……など、食べ方の自由度も高く、シェアしやすいのもうれしいところ。8月の桃、9月の栗と、この先の予定も気になりますね。

いくつかのエリアに分かれた店内。パフェは、ゆったりとしたレストランで14~17時限定で提供。

白いキャンバスに絵を描くように盛り付け。2色のぶどうとマカロンを散らして華やかに。

KW THE KITCHEN WONDERLAND(ケイダブリュ ザ キッチンワンダーランド)

問い合わせ
052・253・7720
場所
名古屋市中区栄3-3-1 マルエイガレリア1F
営業時間
10:00~21:30(LOは21:00)※レストランエリアは11:00~
定休日
無休(マルエイガレリアの休館日に準ずる)
駐車場
あり(84台) 
カード
電子マネー
ホームページ
the-kw.com
アクセス
「栄駅」より徒歩で約4分

[名古屋・中村区] ストリングスホテル 名古屋 グラマシースイート

〈作品TITLE〉
幸せな香りの余韻

深緑のジャパニーズティー 1980円(サ別) ※~8月末

煎茶のアイスクリームやほうじ茶のジュレなど、日本茶の様々な風味が楽しめる1本。お茶との相性から、果物にはあんずがチョイスされています。

煎茶を茶葉ごとアイスクリームに。

パフェは香りでも楽しめるもの。ホテルのデザート部門で活躍する経験豊富なパティシエと、那古野の伊勢茶専門店「mirume深緑茶房」とのコラボから生まれたパフェは、お茶の豊かな風味でいっぱい。グラスの下層にはちみつレモンのジュレと寒天を配し、さっぱりとした後味で締める構成により、余韻を長く楽しめるのが特徴です。緑のガーデンを望む洗練された空間で味わうことで、リラックス効果も期待できます。

透明感のある層の重なりが涼しげ。丁寧な仕事で、一つひとつの素材のおいしが際立ちます。

パフェと合わせて楽しみたい、日本茶とフレンチのコラボコース(1万2100円・サ別)も同時期に提供中。

ストリングスホテル 名古屋 グラマシースイート

問い合わせ
052・589・0787
場所
名古屋市中村区平池町4-60-7
営業時間
11:30~21:00(金曜は~22:00、土・日曜、祝日は11:00~22:00) 
定休日
無休
駐車場
あり(60台) 
カード
電子マネー
ホームページ
www.strings-hotel.jp/nagoya
アクセス
あおなみ線「ささしまライブ駅」より徒歩で約3分


撮影/太田昌宏(スタジオアッシュ)、髙倉弘幸(スタジオプルミエ) 取材・文/徳久千恵
※掲載内容は2022年6月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

甘い芸術! 映える!! アートのようなパフェ【愛知・名古屋】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中区
  4. 甘い芸術! 映える!! アートのようなパフェ【愛知・名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。