絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2022.8.18thu

「TRIP BASE STYLE」で新しい旅に出よう! Vol.11 里山の景観をめぐり、遊ぶ&食べる!「岐阜・美濃加茂」

ドライブ好きが必ず立ち寄る道の駅に近接して建つホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット道の駅ホテル」。積水ハウスとマリオットインターナショナルが協働する「Trip Base 道の駅プロジェクト」の取り組みで、2020年10月から各地でオープンしています。現在は、北海道・栃木・岐阜・三重・京都・奈良・和歌山にオープンし、今後もエリアを拡大していく予定。連載第11回目は岐阜県美濃加茂市。名古屋からも程近くにありながら、里山の暮らしぶりや動物とのふれあいが楽しめる、最高の癒しスポットへ行こう!

「TRIP BASE STYLE」とは?
「未知なるニッポンをクエストしよう」をコンセプトに、地域の知られざる魅力を深く味わう旅の楽しさを提唱している。
ポイント1 ご当地グルメを味わえる!
地元の食材を使った郷土料理は「道の駅」や近隣で。他にも、特産品やお土産も要チェック!
ポイント2 車以外の移動で街を楽しむ!
道の駅までは車で、ホテル到着後は荷物を預け、ローカル線やサイクリングで地元をのんびり散策。
ポイント3 地域の暮らしを満喫する!
祭や大自然を利用したアクティビティ、農業体験など、各地域で行われる様々な体験が可能。
ポイント4 宿泊者限定で、朝食を準備!
地元の食材や特産品を使った、各ホテルオリジナルの朝食ボックス(要予約)がスタンバイ。
詳しくはこちら!
TRIP BASE STYLE
https://tripbasestyle.com/

「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園」を拠点に、里山を遊び尽くす計画を。

 名古屋から片道約1時間と、ドライブにうってつけな岐阜県美濃加茂市。ここにある「ぎふ清流里山公園」は、サービスエリア直結とアクセスの良さも申し分なし! 見どころ遊びどころたっぷりで、一日中いても楽しめるこの公園に「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園」が隣接しているため、宿泊して目いっぱい楽しむのが正解です。シンプルながらに高級感のあるデザインのお部屋が、ゆったりと疲れを癒してくれます。

「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園」の共用スペース。宿泊者が自由気ままにくつろげる、スタイリッシュなテーブルとチェア&ソファが印象的。外光もたっぷりと注がれる、心地よさ満点のスペースです。

ロビーの一角には、電子レンジやトースター、コーヒーメーカーを設置。ここも、宿泊者は24時間自由に使用することができるので、購入した食事を温め直して、共用スペースで食べるなんて使い方も可能。

共用スペースで目を引く、美濃加茂にまつわるアートな写真たち。古い街並みや陶芸などの工芸品の制作過程、レトロな列車の走る風景など、“知らなかった美濃加茂”を発見することができそう。

お部屋はとっても広々! 白を基調とした室内は清潔感があり、ダークブラウンのペンダントライトがオシャレさを演出しています。また、ベッドが大きくマットレスも厚みがあり、寝そべったときの心地よさは最高!

洗面とシャワールーム、トイレは独立型で、ベッドルームとはトビラで仕切ることも可能。過ごしやすさを追求したかのような設計。

このホテルは、レストランを持たないので、「朝食ボックス付きプラン」での宿泊がおすすめ。宿泊者のみに提供される、地元の食材がふんだんに詰まった朝食ボックスは、宿泊の8日前までに予約を。

「公園に訪れるご家族連れやカップルのお客様に多くご利用いただいています。アクセスも良いので、ここを拠点に近郊へさらにおでかけすることもできるのが魅力です」と、田口千波支配人。

フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園

住所
岐阜県美濃加茂市山之上町
時間
IN15:00/OUT11:00
駐車場
あり
カード
料金
1泊1室1万4520円~(税・サービス料込)
問い合わせ
大阪予約センター 06-6743-4750(9:00~18:00 日、祝、年末年始休)
公式サイト
www.marriott.co.jp/ngofg

道の駅と広大な公園を両方楽しむ! ふれあいと体験、遊びが詰まった「ぎふ清流里山公園」。

「道の駅 みのかも」は、通常の道の駅とは楽しみ方が違う! 岐阜和傘をモチーフにした大きなモニュメントがある場所が、「道の駅 みのかも」のある場所であり、「ぎふ清流里山公園」の入り口にあたります。とにかくスケールが大きい!

「ぎふ清流里山公園の里山を通じて、日本の古き良き生活を想像し、楽しんでほしいです。この公園が地元の誇りであり続けたいですね」と、所長の河合哲也さん。

風情のある建物の銭湯「里山の湯」の近くには、気軽に楽しめる足湯スポット。ドライブや散策で疲れた足をここで癒して。11時~17時まで利用可能。

こちらは「SATOYAMA CAFE」。県産品にこだわる料理が食べられます。公園は午前9時から営業しているので、ここでモーニングを食べてから、園内散歩をゆっくりと楽しむことができます。

食事だけでなく、家具類も県産品にこだわりが。飛騨の木材を使ったテーブルやイスを使用しています。優しく温かい感触は、良質な木材ならでは!

お昼ご飯をしっかり食べたいなら、「国産ポーク肩ロースのステーキとマッシュポテトのランチ」(1300円)がおすすめ。ボリューミーでもあっさりと食べられるポークに、岐阜の本みりんとしょうゆをベースにしたソースがよく合います。美濃加茂の米・はつしものライスも、香りと甘みがあっておいしい!

SATOYAMA CAFÉ
090-3082-9233
8:00~17:00(LOは16:30)
不定休

公園内には、おやつなどのテイクアウトショップも様々。中でも立ち寄りたいのが、「美濃加茂製パン処 わかお」。高級感のある佇まいに、さらりとかかったのれんが目を引きます。

売り切れ次第終了の食パン(1本1080円)は、ほんのりと甘みがあるリッチな味わいが大人気。郡上の天然水を使い、発酵バターや生クリーム、ハチミツを練り込んだタイプで、この味を求めてやってくる人も多い。

バターの濃厚な風味と味わい、サクサクとした軽い食感のクロワッサンも人気! 噛むほどに甘みとうま味を感じられるおいしさ!

美濃加茂製パン処 わかお
0574-66-1710
10:00~17:00(売り切れ次第終了)
水曜定休

公園をぐんぐん奥へと進むと、ヤギや羊、ポニー、モルモットなど様々な動物たちと触れあえるスポットがあります。広大な敷地でくつろぐ動物たちを見ていると、ここが美濃加茂であることを忘れてしまいそう!

羊やヤギ、ポニーたちのえさやり体験(1個100円)。動物たちもとても穏やかなので、安心して触れ合うことができます。

もふもふのモルモットは、膝の上に乗せてあげるとおとなしく、子どもたちの人気者。他にも、引馬乗馬の体験もできます。

ヤギたちは大好きな高いところでひなたぼっこ。幸せそうな動物たちの表情に癒されます!

動物たちとのふれあいを楽しんだ後は、お隣にある「ほしつぶスタンド」へ。軽食やスイーツなどが食べられます。

ホットドッグ(600円~)は、名産品「明宝ハム」とコラボレーションしたソーセージを使用。外はカリッ、中はふんわりとしたバンズに挟んだ、ボリューミーな食べ応えです。自家製ブルベリーを使った甘酸っぱい「ほしつぶソーダ」(500円)と一緒に。

ほしつぶスタンド
10:00~16:00
不定休

ここからは公園内のみどころをご紹介。この「やまびこ学校」は、岐阜県大野郡宮村の小学校校舎を移築した建物です。

校舎内は、昭和のパビリオンになっています。テレビなどでしか見たことのなかった昭和の日常の風景が、細かい部分までリアルに再現されています。

街並みや商店も再現され、レトロ好きにはたまらない! インスタ映えも狙えるポイントがたくさんあります!!

こちらは、岐阜県の旧朝日村役場。木造でエントランスのデザインがモダンな建物で、当時からおしゃれな存在だったことがうかがえます。現在は無料で見学できる資料館に。

1階は、受付の窓口や事務室の雰囲気をそのままに、タイプライターや金庫、電話機なども置かれていて、まるで当時そのまま! 一室には戦前からの新聞が陳列されているのも興味深い。

2階は、村の会議室。重要なことはここで決められていたと思うと、なんだか心が引き締まります。

「道の駅」などで販売する岐阜県産の野菜や名物料理を、旅の思い出にして。

旅に出たら、やっぱりその土地の名産のものが欲しくなる! おんさい館(道の駅みのかも)には、岐阜の特産品がずらり。加工食品からお菓子、ドリンクなどオールジャンルのものが揃います。

岐阜の飛騨地方の名産、かぶや山菜の漬物も種類豊富! 保存がきくので、お土産にぴったり。

きれいな水と空気で仕込まれる郡上味噌は、大豆の風味が生きたおいしさ。優しくまろやかな味わいです。

美濃加茂の山之上と言えば、梨の名産地。ジューシーな梨を使ったお菓子は定番の人気商品。

公園内にあるこの箱は、ミツバチの巣。ここで採取したハチミツを…

おんさい館で販売。里山の恵みをそのままおいしいはちみつにして販売しています。「里山のはちみつ(百花みつ)」(1600円・280g)。

おんさい館
0574-23-0066
9:00~16:00(土日曜・祝は~17:00)
無休(12~2月は水曜定休)

おんさい館の隣は、近隣の農家から直接野菜が持ち込まれる「青空市場」。とれたて新鮮な野菜や果物が並びます。秋は梨や柿、春はたけのこなど、旬の食材は早めに購入しておかないと売り切れてしまうほどの人気ぶりです。

青空市場
0574-27-2217
9:00~17:00
無休(12~2月は水曜定休)

ぎふ清流里山公園 

岐阜県美濃加茂市山之上町2292-1
0574-23-0066
9:00~18:00 (11~2月は~17:00)
無休(12~2月は水曜定休)
(シダックスグループ受託運営)

レジャー気分を盛り上げる、おしゃれBBQで夜ごはん。ホテルとの連携したプランがおすすめ!

「フェアフィールド・バイ・マリオット」は、レストランを持たない宿泊施設。夕食は近隣の飲食店を利用するのが基本ですが、この「清流里山公園」のホテルでは、開放的な空間でBBQが楽しめるプランを用意。ホテルから車で約15分のところにある「リバー ポート パーク 美濃加茂」がその会場。2018年にオープンしたこちらは、レジャーとフィットネスをテーマに、川や森を楽しむためのコンテンツが豊富なアウトドアスポットです。BBQはおしゃれなデッキを利用できます。

もちろん手ぶらでOK! 食材や食器、器具はすべて現地で調達可能です。気軽で身軽なおしゃれBBQは、盛り上がること間違いなし!

写真は、ステーキ肉やソーセージ中心のオーストラリアBBQ。他にも照り焼きやしょうゆ味がベースのジャパニーズ、シーフード、岐阜食材にこだわった「岐阜ブランドBBQ」などがあります。「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園」と連携したBBQプランは、1泊2名1室2万2770円~。

リバー ポート パーク 美濃加茂
岐阜県美濃加茂市御門町2-6-6
0574-49-6717
9:00~17:00
火曜定休

名古屋からすぐ行くことができる「岐阜・美濃加茂」ですが、宿泊するからこそ発見できるお楽しみがたくさん! 近隣の街のおもしろさを知り、新しい過ごし方を発見できるのが、この「トリップベーススタイル」の旅。その醍醐味をぜひ体験して。
次回(10月中旬アップ予定)は、岐阜・荘川をご紹介。お楽しみに!

※掲載されている情報は、2022年7月時点のものであり、変更となる場合があります。
※新型コロナウィルスの感染防止に配慮した撮影を行っております。撮影時以外はマスクを着用し、消毒・換気も行っております。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

「TRIP BASE STYLE」で新しい旅に出よう! Vol.11 里山の景観をめぐり、遊ぶ&食べる!「岐阜・美濃加茂」

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 美濃加茂
  4. 「TRIP BASE STYLE」で新しい旅に出よう! Vol.11 里山の景観をめぐり、遊ぶ&食べる!「岐阜・美濃加茂」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。