絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#宿泊

2022.8.26fri

PR

中部国際空港 セントレアからスカイマークで行く「沖縄の隠れスポット・瀬底島」1泊2日旅【めんそーれ・1日目】

みなさん、今年の夏は満喫されましたか?「もう一カ所どこかへ旅行に行きたい!」という人や、「結局どこにも出かけられなかった…」なんて方にぜひおすすめしたいのが、沖縄・瀬底島

瀬底島は、那覇から車で1時間半ほどの場所に位置している、アクセスの良い島なんです。しかもフライト時間を工夫すれば、1泊2日でも十分に沖縄・瀬底島を楽しむことができます!

編集部がセントレアから瀬底島への1泊2日旅をしてきたので、ぜひ旅の計画の参考にしてくださいね。

【8:30 中部国際空港 セントレア】いざ沖縄へ出発!

充実した1泊2日旅を過ごすために、重要なのがフライトスケジュールです。中部国際空港 セントレアから那覇空港までのフライト時間は、約2時間10分。往路と復路でそれぞれ3便ずつ運航しています。また、6:05セントレア発の往路早朝便と20:10那覇空港発の復路深夜便があり、日帰りでも滞在でも十分に沖縄旅行を楽しむことができます。

今回は「スカイマーク」の飛行機を利用しました。実は、スカイマークの飛行機は「いま得」「たす得」2つの割引運賃が設定されており運賃がとってもお得。特に「たす得」なら、搭乗日前日まで予約変更可能で、安心して旅行をすることができておすすめなんです。(価格は予約時期によって異なる。詳細はHPを要確認。)

セントレアに着いたら、まずはスカイマークのチェックインカウンターで登場手続き。スカイマークのカウンターは、手作りにこだわった装飾が多く、温かみのある雰囲気が特徴です。

自動チェックイン機には、スカイマークのCAさんになった金シャチが。首元のスカーフは、布で作られています。芸が細かい!

お預け手荷物をイメージした、ミニチュアの手荷物と金シャチの置物まで。利用者を楽しませる飾りがたくさんあって、出発前からテンションが上がります♪

搭乗手続きを終えたら、すぐ横にある手荷物カウンターへ。スカイマークでは、一人20kgまでの手荷物を無料で預けることができるので、荷物が多くなってしまった時も安心です。
※無料で預けられる荷物は、大きさ:50cm×60cm×120cm以内(荷物1つ当たり)、重量:20kg以内(一人当たり)、個数:制限なし。

その後は保安検査場、ゲートへ。無事に飛行機へ乗り込み、8:30に飛行機が出発。いざ那覇空港へ!

【10:50 那覇空港】快適な空の旅を終えて到着!

あっという間に那覇空港到着!セントレアから那覇空港まで、こんなに早いとは驚きです。
さっそくお出迎えしてくれたのは、「めんそーれ」の看板やシーサーたち。

搭乗チケットにあるQRコードから「搭乗後アンケート」へアクセスして回答すると、毎月抽選1111名様にアイスのプレゼントが! ぜひ気軽に回答してみてくださいね。

【11:30 鶏そば屋いしぐふー】地鶏のうま味を堪能するランチ

まずは、那覇空港から車で約20分のところにある「鶏そば屋いしぐふー」にてランチ。沖縄県内に「沖縄そばいしぐふー」の系列店が何店舗かありますが、店舗ごとにメニューが異なるのだとか。

「鶏そば屋いしぐふー」では、“100%地鶏の出汁”にこだわったそばが食べられます。人気No.1は「特選鶏そば」(900円)。塩コショウであっさりとしたむね肉と、しょうゆで味付けをしたもも肉が麺の上にのっていて、2種類のお肉を食べ比べできます。

やんばる地鶏の出汁が凝縮されていて、やさしい味わいながらもしっかりとコクがありました。麺は噛みごたえのある中太麺で、もちもち食感!お肉は2種類とも柔らかくて、永遠と食べていられそうでした…!

器は店のスタッフの方たちのお手製ということで、食器にも注目です。

途中、沖縄の万能調味料「コーレーグース」で味変。沖縄県産の唐辛子を泡盛に漬け込んだ、ピリッと辛い調味料で、やさしい出汁に辛さがプラスされてクセになります。

せっかくこの店に来たならば…と、皮から手作りしている「焼餃子」(4個270円)も食べました。まあるい形をした餃子は、一口でパクっと食べると、口の中は肉汁パラダイス!皮はもっちもち!

食事のお供に頼んだ「手作りジンジャー」は、“ジンジャー感”が強いにもかかわらず、料理を邪魔しないさっぱりとした風味でした。

店は戦後60年に建てられた建物で、当時は位が高い人が住んでいたようです。また、この店の一帯は、元々住宅街だったため、隣接する他の店も同じような建物の形をしています。

鶏そば屋いしぐふー

問い合わせ
098-879-7517
場所
沖縄県浦添市港川2-13-6 カンサスストリート40
営業時間
10:00~17:00
定休日
月曜定休
支払方法
カード不可・電子マネー可
公式サイト
https://www.ishigufu.jp/

次のページ…
穴場映えスポットの「アンチ浜」で休憩

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

中部国際空港 セントレアからスカイマークで行く「沖縄の隠れスポット・瀬底島」1泊2日旅【めんそーれ・1日目】

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Satomi Hirata
  4. 中部国際空港 セントレアからスカイマークで行く「沖縄の隠れスポット・瀬底島」1泊2日旅【めんそーれ・1日目】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。