絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2022.8.27sat

職人が丁寧に手作り。レトロ感あふれる「高山プリン亭」のなめらかプリンに注目【高山市】

東海にもプリンブームが到来し、各店それぞれの味が楽しめる今。『KELLY』編集部が、岐阜県内で販売されている、おすすめのご当地プリンをピックアップしました! 今回は「高山プリン亭」の「雪国いちごプリン」をご紹介♪

大正時代の建物を生かした、レトロな雰囲気

大正時代の建物をリノベーションしてできた「高山プリン亭」。建物内に元々あった囲炉裏を活かし、高山を訪れる人の憩いの場を作りました。観光の合間に気軽に立ち寄れば、ホッと一息つくことができます。

店内には、囲炉裏やアンティークの什器などを設え、大正レトロな雰囲気が漂います。ちょうど大正時代のように、西洋の文化が浸透して西洋化に向かう時期をイメージしているそう。古い町並みエリアで、少し周囲とは異なる雰囲気を醸し出しています。

原材料の少ないプリンだからこそ際立つ、素材の良さ

「高山プリン亭」のプリンは、原材料はできるだけシンプルに、厳選されたものを使用しています。ベースとなるのは、国産の卵・牛乳・生クリーム。入手困難といわれる、最高級のマダガスカル産バニラビーンズをたっぷり使っています。安心・安全でおいしいプリンを提供するため、食品添加物や保存料は一切使用していません。

「雪国いちごプリン」を、いざ実食!

「雪国いちごプリン」(450円)

まずは白と赤の2層に分かれたビジュアルが素晴らしい!ずっと眺めていたいかわいさですね

なめらかな口どけのプリンの上に、しっかりと果肉の存在を感じられるサイズにカットされたイチゴが! 程よい食感とみずみずしさが絶妙なバランスでした。甘いジュレがプリンと絡み合います。下半分はコクとなめらかさが際立つ真っ白なプリン。くどくなく、さっぱりとした甘みで、食後にもぺろりと食べてしまえるような逸品でした。

その他にも、飛騨の老舗コーヒー専門店「緑の館 高山店」のコーヒーを使用した「雪国珈琲プリン」や、季節のフルーツをふんだんに使用した限定プリンなど、多彩なラインナップ! 

どのプリンもお店で手作りをしており、とても柔らかいため、お取り寄せは不可となっています。高山に訪れた際には、「高山プリン亭」を食べながら飛騨高山散策を楽しんでみてください♪

高山プリン亭

問い合わせ
 0577‐70‐8490
場所
 岐阜県高山市上三之町95
営業時間
 10:00~16:00
定休日
 不定休
通販
 なし
予約
 可
支払い方法
 カード・電子マネー可
公式サイト
 https://takayama-pudding.com/
Instagram
 @takayama.puddingtei

※掲載内容は2022年8月時点の情報です

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

職人が丁寧に手作り。レトロ感あふれる「高山プリン亭」のなめらかプリンに注目【高山市】

WRITER

Kanon Imai

Kanon Imai

岐阜県・多治見市出身。グルメ・美容・スポーツ・カルチャーと欲張りな新人。趣味は読書とジョギングで、一人前の編集者になるために勉強中!地元の多治見市が大好きで毎週末帰省している。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Kanon Imai
  4. 職人が丁寧に手作り。レトロ感あふれる「高山プリン亭」のなめらかプリンに注目【高山市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。