絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#インタビュー

2022.8.30tue

「チグハグ」でお馴染み“スパフル”こと「THE SUPER FRUIT」CDデビュー記念インタビュー!

YouTubeでMV公開から1カ月も経たないうちに再生回数150万回越え、またTikTokやTwitterなどSNSを連日賑わせている「チグハグ」。

デビュー前から「#スパフルしか勝たん」と多くの人の心を掴んで離さない、大注目の「THE SUPER FRUIT」、愛称「スパフル」の小田惟真さん、星野晴海さん、田倉暉久さんの3名にインタビューしました!

8月31日(水)発売のデビューシングル「チグハグ」の注目ポイントやグループの目標、MV秘話など、たくさんお話していただきました。

THE SUPER FRUIT

プロフィール
つばさ男子プロダクション設立と共に誕生した新ボーイズグループ。メンバーは7人で、グループ名の由来は、メインディッシュや水のように必要不可欠なものでなくても、フルーツのように“あると嬉しい”特別な存在になれるようにという願いと、“新鮮さをいつまでも届ける”という意味が込められている。
2021年10月1日から3カ月間のプレ始動を経て、2022年8月31日(水)にデビューシングル「チグハグ」をリリース。

――デビューおめでとうございます!まずは自己紹介からお願いします。

小田さん アップルカラー・小田惟真、最年少の15歳。キャッチフレーズは“世界一人懐っこいアイドル”で、得意なことはライブ中の表情管理です! TikTok(@ ishin._.0110)も頑張ってアップしているので、見てくださいね。

星野さん レモンカラー・星野晴海、17歳です。キャッチフレーズは“星の数だけ思いをください! みんなにビタミンを届けます”! 愛知県出身なので、プロモーションでメンバーと一緒に名古屋に来れてうれしいです。

田倉さん オレンジカラー・田倉暉久、18歳です。最近、小学校4年生までやっていたサッカーをまた始めました。団体競技ですが、一人でサッカーしています。どっちかというと、サッカーボールに遊んでもらってます(笑)。これからはメンバーみんなでサッカーできたら良いなと思います。

アップルカラー・小田惟真さん

――念願のデビュー曲「チグハグ」はキャッチーで中毒性のある楽曲ですね!曲のコンセプトを教えてください。

星野さん 「チグハグ」は、日常のチグハグについて語っている曲です。生活をしていると、自分の意見よりも周りの意見に合わせなきゃいけないような場面がありますよね。
周りと意見が違ったり、自分と人が何かが違うことって一見マイナスなことに見えるんですけど、そういう“チグハグ”があるのは、それぞれの人が持っている性質だったり、個性があるからこそで、それぞれの人が持ってていいものだし、“ありのままでいいんだよ”っていうメッセージが込められています。
今の多様性を尊重する社会に合った曲ですし、誰が聴いても共感できる、励まされるような、寄り添ってくれる曲です。

レモンカラー・星野晴海さん

――歌詞、曲調、ダンス…「チグハグ」の好きなところはどこですか?

小田さん スパフルの7人全員個性がバラバラでも、“みんな違ってみんな良い”という意味が感じられるので、「チグハグ」の歌詞がとても好きです!
あとは、中毒性があるリズムに合ったダンスですね。キャッチーで、いろんな人が踊りやすいと思います。振りは全部がポイントなんですけど、デビュー前に全国各地で「チグハグ」を披露した時に、ステージごとに振り付けを変えていて、特にそこが見どころです!後半の「まる さんかく しかく」の部分なんですが、ファンの皆さんも気づいてくれていたらうれしいです。

星野さん MV撮影で、丸とか三角とか四角とか様々なチグハグした形のセットに囲まれながら撮ったんです。セットはすごいカラフルで、それぞれ個性があって、そのセット自体が歌詞のモチーフに合っていて、お気に入りです!
歌詞とリンクしたかわいいセットにも注目してほしいですね。

田倉さん 「まるで真逆の僕と君でもパズルのピースみたいに当てはめてみたらさ」という歌詞が好きです。
僕たちスパフルは一人ひとり、みんなが違う良い個性をもっているんです。グループを組んだ最初は、不安になることもあったんですけど、今ではみんなとっても仲良くなっているので、「自分とこの人は違うんじゃないか?」とか「この人はこんな人だから自分とはもしかしたら合わないんじゃないか?」って思っても、話してみたら、実は気が合って、親友ぐらいになれたりすることってあるんですよね。先入観をなくすというか、一歩踏み出してみたら、こんなにも仲良くできるんだ!みたいな。
今はスマホとかで連絡を取るのが主流なので、直接自分から話しかけて仲が深まるというのは難しくなってきている時代なのかなって思うんですけど、「チグハグ」の歌詞を読んで、勇気を出せば良いことも生まれるんだよっていう解釈をしました

オレンジカラー・田倉暉久さん

――「チグハグ」のMVで“ここ見て!”ポイントはどこですか?

小田さん 「化学反応みたいにとんでもない奇跡が生まれるかも」っていう歌詞のところで、全員が自分のメンバーカラ―の試験管を持って中身をビーカーに移すっていうCGでできたシーンですね。理由は、メンバー内で楽しく撮影できたし、映像もめちゃくちゃキレイに映っているからです。
あと、その撮影をした時の思い出があって、メンバーカラーがピンク色のちょっと天然な松本勇輝くんっていう子が、本番前に練習で中身を入れないでやってみようとした時に、あんなに言われてたのに間違えて入れちゃうっていう(笑)。その時、松本くんが「あっ! どうしよう…!(汗)」っていうリアクションで、メンバーみんなで爆笑して楽しく撮影しました!

星野さん MVで、メンバー同士でハグし合うシーンがあるんですよ。例えば僕と小田がハグしたり、小田が緑色の堀内とハグしたり、それぞれ違うメンバーとハグするんですけど、そこを見てほしいです!歌詞で言うと、「ちぐはぐはぐ ちぐはぐはぐハグして そしたら解り合えるのさ」っていうところですね。
さっき田倉くんが言ったように、気軽に連絡が取れたり、リモートで何かができたりとか、そういう時代だからこそ、人の肌と肌で触れあって、しっかりわかり合うっていう。人の原点というか、そういうことを大事にしようよ!みたいなメッセージもあると思っています。
意味がこもったハグシーンなので、とっても注目してほしいです!かわいらしく仕上がってると思います。

田倉さん メンバーみんなが持っているそれぞれの図形をくっつけるシーンですね。自分でMVを見てて「ここかわいいな!」って思ったポイントなんですよ。このMVはリップシンクだったり、激しく踊ったりするのが多いんですけど、そこで急に場面が切り変わって、みんなが図形をくっつけ合う世界観がきて、「あら、かわいい」ってなります(笑)。
僕はずっと印象に残ってて、そのシーンが頭の中でずっと再生されるんですよね。そのシーンをメンバー一人ずつじっくり見てもらえたらうれしいです。

次のページ…
つば男ファミリー「世が世なら!!!」の好きなところや
ファンの皆さんへメッセージ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

「チグハグ」でお馴染み“スパフル”こと「THE SUPER FRUIT」CDデビュー記念インタビュー!

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Satomi Hirata
  4. 「チグハグ」でお馴染み“スパフル”こと「THE SUPER FRUIT」CDデビュー記念インタビュー!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。