絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2022.9.22thu

お芋スイーツが味わえるカフェ「OIMO STAND ROOTS」が春日井にオープン! 【愛知】

「カフェは私にとって絶対必要な場所です。自分のカフェを持つことが夢でした。」と語ってくれたのは、店主の中根さん。約3年の準備期間の末、今年ついに愛知・春日井で8月にサツマイモ専門店をオープンしました。サツマイモ専門店を開店するに至ったきっかけやサツマイモスイーツへのこだわりなど、お店の“ルーツ”に迫ります。

無垢なデザインで素材の原点を感じる店内

インダストリアルでシンプルな雰囲気の店内。躯体表しの壁には、施工のときに書かれたであろう文字まで伺えます。店主の趣味で集めているというフランスのヴィンテージ広告も。

店内で使われているオリジナルの食器は購入も可能。土や原材料のこだわりはもちろんのこと、環境に配慮した製造方法で作られています。店内で飲食をするときに、実際に手に取って肌ざわりや使い勝手を確かめることができるのも◎。

店内で食べられるホクホクなお芋スイーツはいかが?

サツマイモ専門店ならではのこだわりがあふれているスイーツの数々。季節によって芋の熟成具合も異なるため、その時その時によって作り方を少しずつ変えているとのこと。何度も裏ごしをして間暇をかけて作る焼き芋ペーストは、なめらかで愛情たっぷりです。

「クレームグラースモンブラン」※イートインのみ(700円)

グラスの中に入ったモンブラン。割ってみると中からソフトクリームが現れる、ひんやりスイーツです。モンブランという山の頂上にそびえ立つのは、程よい塩味が効いたサツマイモチップス。素材の味を生かしたサツマイモ本来の甘味を感じられます。冷やし焼き芋と金粉の飾りもついて上品な一品。

メインセット「抹茶とモンブラン」※イートインのみ(1200円)

抹茶とお芋のコラボレーションは、ありそうでなかったセット。西尾抹茶を使用した、まろやかで深みのある味わいが特長です。ホットは自分で抹茶を点てるスタイル。「点てるときのコツは、M字を描きながら素早く茶筅を動かすと泡がたくさんできますよ」と中根さんが教えてくれました。自分で体験できるのもカフェに来る楽しみのひとつになりますね。

「おいものモンブラン」単品(550円)

焼き芋から作られたモンブランは、素材の甘さとなめらかな舌触りの優しい味わい。中のクリームもさっぱり食べられるように、マスカルポーネチーズと生クリームをミックスしているそう。

テイクアウト商品も充実

「冷やし芋 紅はるか」(600円)

しっとり、ねっとりとした食感と甘い味わいが特長の“紅はるか”を使った冷やし芋。焼き芋を一晩凍らせ、解凍することによって、蜜も出て甘味が増すそうです。

そのほかにも、サツマイモチップスや店内で出している「紅はるかのバスクチーズケーキ」(500円)や「紅はるかブリュレ」(500円)などもテイクアウト可能です。ちょっとしたご褒美やお土産にも喜ばれること間違えなし。

地球の未来を守りたい願う想いはカフェにも

地球の環境を守る取り組みや、自然へのリスペクトは、中根さんにとっておいしいサツマイモスイーツを作る上でかかせません。環境汚染に配慮して栽培している愛知と岐阜の農家からサツマイモを仕入れていています。きれいな土壌で育った芋は、農薬や除草剤を使っておらず、安心して口に入れられるものを選んでスイーツにしています。また、食器類やお店のインテリアにも環境配慮の心がけが。店内に飾られている小さな植木鉢は、沖縄の海に流れ着いた軽石を使って作られたもので、沖縄の美しい海を守りたいと店主らが撤去作業をしたそうです。今後は、売り上げの一部は「日本自然保護協会」へ寄贈していくとのことで環境保護にも余念なし。「食材や店内のもの選びは、せっかくなら環境にいいものを使いたい」という店主の想いが詰まっています。

店主の中根さんにインタビュー

ーーサツマイモ専門店をオープンしたきっかけは?
中根さん 長年、カフェを出すことが夢でした。悔いのない人生が送れるように、「チャレンジしてみたい」思ったのがきっかけです。お芋はシンプルな食材なのに、いろんな人を喜ばせることができるのではと考えています。お芋を食べている人の表情って、みんな幸せそうな顔をしているなと思います。お芋の魅力をもっと発信して、より多くのお客さんに喜んでもらいたいです。

ーー春日井にお店を出そうと思ったきっかけはなんだったのですか。
中根さん 岐阜出身ですが、毎日通っています。2年間探し続けたのですが、初めは全然うまくいかなかったんです。でも、この場所が空いてからはトントン拍子に決まっていったので、ご縁があったんだなと思います。地域の方もいい方ばかりで、いつも「身体に気を付けてね! 」「頑張ってね」といった励ましの言葉をもらっています。

ーーこれからはどんなおみせにしていきたいですか。
中根さん 今はまだ未熟ですが、これからもっと経験を積んでいきたいです。そして、みんなに愛されるようなお店になればなと願っています。

環境保護にも力を入れているサツマイモ専門店。大地の恵みを受けた、とろーりとした芋を使ったスイーツに心が癒されます♪ 温かい雰囲気漂う春日井に建つカフェに安らぎを求めて、ぜひ足を運んでみてください。

星川

ずっしりとした芋のビジュアルとは反対に、スイーツになると顔を変えて、上品な甘さのモンブランでした。冷やし芋も素材そのものから蜜が出ていてびっくり! また、環境のことにも目を向けているのが印象的で、カフェを通していろいろな人がもっと環境について考えるきっかけになればいいなと思いました。

OIMO STAND ROOTS(オイモスタンド ルーツ)

お問い合わせ
 0568-37-2716
場所
 愛知県春日井市角崎町8-4 メゾンイッセイ勝川1F
営業時間
 10:00~19:00
定休日
 月・火曜
駐車場
 なし
カード・電子マネー
 可
Instagram
 @roots__cafe

※掲載内容は2022年9月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

お芋スイーツが味わえるカフェ「OIMO STAND ROOTS」が春日井にオープン! 【愛知】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 春日井
  4. お芋スイーツが味わえるカフェ「OIMO STAND ROOTS」が春日井にオープン! 【愛知】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。