絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#インタビュー

2022.9.22thu

BMKが「中部電力MIRAI TOWER」で新記録樹立!トップを目指して新曲「TOP OF TOP」を披露

元気と勇気を発信し続ける名古屋発の5人組エンタメ集団・BMKが、第64回「日本レコード大賞」新人賞、日本レコード協会の定める「ゴールドディスク」の獲得を目指して、大阪・福岡・札幌・東京、そして地元名古屋のシンボルを制する「トップを目指せ!5大タワー祈願企画」を実施しました。

その最終地は、グループの活動拠点である名古屋の「中部電力MIRAI TOWER」。地上から90mの展望台まで、415段の外階段を一気に駆け上がる、MIRAI TOWER名物「スカイラン」にメンバー5人のリレー形式で挑戦しました。

メンバー一丸となって挑み、「スカイラン」過去タイムの歴代1位よりも10秒以上速い【1分30秒36】という新記録を樹立し、新曲「TOP OF TOP」と「だって今日まで恋煩い」をファンの前で披露しました。そのイベントの様子をレポートでお届けします!

トップを目指してMIRAI TOWERを駆け上がる!

今夏、BMK初の5大都市ツアー「BMK上昇気流ツアー」とともに「トップを目指せ! 5大タワー祈願企画」がスタート。9月12日(月)、最後のチャレンジとして、「中部電力MIRAI TOWER」で「スカイラン」に挑戦しました。

「スカイラン」は5人のリレー形式で行なわれ、トップバッターの佐藤匠さんから三隅一輝さん、米谷恭輔さん、中原聡太さんと続き、アンカーの松岡拳紀介さんがゴール目指して最後の猛ダッシュを見せ、【1分30秒36】と無事に目標達成!

佐藤さんは終始緊張していたようで、今回の記録が発表されると「良かった~!」と安堵の表情を浮かべていました。

達成公約のミニライブ開催! ビリケンさんも登場

見事に目標を達成した後、MIRAI TOWER1階広場に集まった約100人のファンの前でミニライブを披露。9月21日(水)にリリースするシングルの表題曲「だって今日まで恋煩い」を熱唱し、ファンの皆さんと一緒に喜びを分かち合いました!

MCでは、「トップを目指せ!5大タワー祈願企画」の指令を出した「通天閣」の“幸運の神様ビリケンさん”が登場。

ビリケンさん 「スカイラン」の新記録に成功した今の気持ちを教えて~!

松岡さん すごく緊張したけど、とにかくめちゃめちゃ楽しかったです!終わった後の達成感がすごかった。5人の気持ちが詰まってて、絆が深まった感じがする!

メンバー 今のコメントで良いところ全部持っていかれた~!

松岡さん 本来は1人でする競技を今回は5人でチャレンジして、僕はアンカーだったので、最後はまるで1人で駆け上がった感じの表情でゴールしました(笑)。

ビリケンさん 「中部電力MIRAI TOWER」は、BMKにとってどんな思い出があるの?

松岡さん 「ボイメン研究生」として活動していた時に、ここでたくさんライブをさせてもらいました。初お披露目だったり、オーディションをしたメンバーもいたり、思い出深い場所です。また、当時一緒に活動していたメンバーが先にデビューすることが発表された、悔しい思い出もあります。今日はBMKとしてメジャーデビュー後、ここに帰って来られて、成長した姿を皆さんに見せることができてすごくうれしいです。

佐藤さん 僕にとっては、芸能界がスタートした場所でもあります。特技披露でバレエのターンを披露したんですけど、永遠に回転してました(笑)。

米谷さん ビリケンさんに見せたら?

佐藤さん 「スカイラン」が終わった後に回る人います?!(と言いながら華麗に3回ターン)

米谷さん 楽しい思い出も、苦い思い出も色々あるね(笑)。

ビリケンさん BMKにとって特別な場所でライブをする姿を観れてウチもうれしいなぁー!改めて、BMKの今年の目標は何ですか?

米谷さん 日本レコード大賞の「新人賞」、シングル曲「だって今日まで恋煩い」の「ゴールドディスク」獲得を目標にしています!今年の夏は5大都市ツアーと、ツアーと連携した「トップを目指せ!5大タワー祈願企画」もさせていただいて、たくさんの方の愛情を感じました。また、タワー企画を祈願した新曲「TOP OF TOP」があるので、この勢いで全国のタワーを制覇したいです!各地の人や応援してくれている方を巻き込んで、一つ大きな企画を新たにスタートしていきたいですね。

ビリケンさん この5人ならいけると思うで~!

メンバー ありがとう!ビリケンさん、触っておきます!

5大都市ツアー・タワーイベントを終えたBMKに質問!

――この場所は思い出の地ということで、ファンの皆さんへの想いやメッセージを教えてください。

佐藤さん 今、この会場にいらっしゃる方々の中には、研究生時代から応援に来てくれていた方もいます。さっき、当時の立ち位置に並んでみたんですけど、僕たちはそもそもステージ上に収まっていない、端っこにいたメンバーなんですよね(笑)。でもここまでずっとやってこられたのは、間違いなくファンの皆さんのおかげです。あの日からこのタワーも「中部電力MIRAI TOWER」という名前に変わって、僕たちもチーム名が変わって、新しくはなっているけれど、あの日から続いて今、活動できているんだなと実感しました。

松岡さん ちょっと恥ずかしいな(笑)。本当にこの場所も変わっていなくて懐かしいよね。帰ってこられてうれしいです。

米谷さん テーブルの位置とか、掃除用具の場所でさえ懐かしい記憶が蘇ります。

佐藤さん そういえば研究生として入ったばかりの頃、設営とかする時に大先輩の中原くんから「自分で仕事探して!」って言われたの(笑)。

中原さん 俺、そんなこと言ってたんだ(笑)。

米谷さん この場所で教えてもらった、自分たちで設営したり、ファンの皆さんが集まってくれたりという喜びはこれからも忘れずに頑張っていきたいです。

――5大都市を回って、各地の思い出や印象的なエピソードを教えてください。

米谷さん どの場所も思い出深いですが、BMKとして初めてツアーを回るということで、初日の大阪はメンバーの気合いや観に来てくれているファンの方々の熱がすごく高かったです。フライングして出たいくらい、みんながギラギラしてましたね!あと、「通天閣」の展望台の内装が一面、BMKコラボバージョンになっていたんです。ビリケンさんから5大タワー企画の指令をもらったのも「通天閣」だったので、思い出深いですね。

松岡さん あと「福岡タワー」はみんな印象的ですよね。イベント当日、集合5分前に僕は起きました。

三隅さん すごい自分の話してる(笑)。

松岡さん 間違えました(笑)。東京公演は360度のステージで、ダンスリーダーの(佐藤)匠が立ち位置を考えてくれて、ほぼ新曲くらいの感じで踊って新鮮でした。

佐藤さん 僕は地元の北海道で初めて凱旋公演をさせてもらいました。空気感が全然違いましたね。不思議とみんな僕に似ていました(笑)。全身で楽しさを噛みしめて、すぐ皆さん泣いちゃって泣き虫だったので、よしよししてあげました(笑)。

米谷さん 一番泣いていたよ。

中原さん 北海道はイベントとしては4年ぶり、ツアーでは初めてでした。4年間待っていてくださる方もいたので、皆さんに「ただいま」と言えたこともすごくうれしかったです!

三隅さん 中原くんは今しっかり話してますけど、各地に行ったら完全に観光の人でしたよ。このツアーが始まって、たくさん踊ったのに、唯一ぽっちゃりして帰ってきました(笑)。でもこうして5大都市を回れて幸せですね。

米谷さん ツアーファイナルの名古屋公演ではダブルアンコールをいただいて、新曲「TOP OF TOP」のMVを先駆けてお披露目しました。このMVはアニメーションになっていて、すごく爽やかでかっこいい感じになっているんですけど、このMVが流れた瞬間が一番反応良かったです(笑)。ファンの皆さんの黄色い歓声がうれしかったですね。

トップを誓う「TOP OF TOP」を披露

最後は「楽曲と共にBMKを全国に広めていきたいと思います!」と意気込みを語り、今回の5大タワー祈願企画のテーマソング「TOP OF TOP」を披露。BMKらしい元気いっぱいのパフォーマンスにファンの皆さんの拍手に包まれた、大盛り上がりのステージでした。

無事に5大都市ツアーと5大タワー企画を終えたBMKは、2022年9月21日(水)にニューシングル『だって今日まで恋煩い -シーズン2-』をリリースします。なんと、今年3月にリリースされた3rdシングルをリパッケージ、カップリングに最新楽曲を収録して生まれ変わった新装盤!G盤には今回の5大タワー祈願企画、そして目標達成を勝ち取る決心を歌った新曲「TOP OF TOP」が収録されています。

さらに10月5日(水)には、デジタルシングル『おばけ ばけばけ ばけがっちゃ! 』が配信されます。この曲は、「おはスタ」(テレビ東京系列/7時5分~)にて、10月5日から放送開始のTVアニメ「おばけずかん! 」の主題歌にも起用されることが決定しました。(※「おばけずかん!」は毎週水曜のみ放送)

▼TVアニメ「おばけずかん!」WEB番宣動画(おはスタ公式YouTubeチャンネル)

どんな逆風を受けても“上昇気流”に乗って、みんなに元気と勇気を発信し続ける、エンターテインメント集団・BMKの今後の活動にも大注目です!

『だって今日まで恋煩い -シーズン2-』
2022年9月21日(水)リリース

●G盤 (CD)1100円
〈収録曲〉
1.だって今日まで恋煩い
2.TOP OF TOP
3.だって今日まで恋煩い -instrumental-
4.TOP OF TOP -instrumental-

●O盤 (CD)1100円
〈収録曲〉
1.だって今日まで恋煩い
2.Disconnection
3.だって今日まで恋煩い -instrumental-
4.Disconnection -instrumental-

●L盤 (CD)1100円
〈収録曲〉
1.だって今日まで恋煩い
2.UTITE!
3.だって今日まで恋煩い -instrumental-
4.UNITE! -instrumental-

『おばけ ばけばけ ばけがっちゃ! 』
10月5日(水)配信

※掲載内容は2022年9月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

BMKが「中部電力MIRAI TOWER」で新記録樹立!トップを目指して新曲「TOP OF TOP」を披露

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. インタビュー
  4. BMKが「中部電力MIRAI TOWER」で新記録樹立!トップを目指して新曲「TOP OF TOP」を披露

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。