絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#観光

2022.10.18tue

日間賀島を楽しみ尽くすおすすめ観光プラン。たこめしや海鮮、恋人ブランコなどのグルメ&絶景を満喫♪

海の幸をお目当てに全国から観光客が訪れる、近場のオアシス・日間賀島。たこやふぐなどの海鮮グルメも豊富で、夏は海水浴やイルカと触れ合える「ドルフィンビーチ」も楽しめるなど、観光地として人気の島です。

師崎港からフェリーに乗って15分ほどとアクセスも良く、西港前にあるレンタサイクルを使えば、日帰りで気軽に島旅を満喫できます。今回は、日間賀島のおすすめ観光ルートをご紹介!“多幸と福の島”で、ときめく非日常体験を。

日間賀島への行き方

アクセス
名古屋高速「大高IC」→知多半島道路「豊丘IC」を降りて「師崎港」まで車で約10分。渡船で「日間賀島東港」まで約10分、「日間賀島西港」まで約15分。
乗船料
片道 大人710円、小人360円

【宿・食事処】乙姫

色つやが良く、身が締まったタコを炊き上げた「たこめし」(1000円)。

ドラマにも登場した島グルメ!
師崎港を出て西港に着いたら、歩いてすぐの宿・食事処「乙姫」へ。お昼ご飯は、島の名物・たこめしに決まり!館内の「お食事処桂三」には、「まるで水族館!?」というくらい、水槽にはたくさんの魚介類が! 島名物のタコをはじめ、伊勢海老・カニ・鯛・アワビなどの海の幸をぜひ。

西港すぐのアクセスで、すぐに食べたい時にも立ち寄りやすいのが魅力!

乙姫

問い合わせ
0569-68-2107
場所
愛知県知多郡南知多町日間賀島西浜12
営業時間
11:30~14:30(LOは14:00)
定休日
無休
駐車場
なし
支払方法
カード可・電子マネー不可
平均予算
昼1200円
公式サイト
http://otohime.net

【観光】恋人ブランコ

サンライズビーチの高台にある、大木にロープが結んであるブランコ。漕ぎ出すと海を一望でき、大海に飛び立つような爽快感を味わえます。2019年にデッキが整備されリニューアルしました。二人で乗ると幸せになれるとも言われています。

恋人ブランコ

問い合わせ
0569-68-2388(日間賀島観光協会)
場所
愛知県知多郡南知多町日間賀島北地72
営業時間
利用自由
公式サイト
https://www.himaka.net/sightseeing/m1

【カフェ】AZU Cafe

「ドーナツONアイス」(400円~)と「ブリュレドーナツ」(350円)

アレンジ多彩な手作りドーナツ♪
観光の途中の休憩にぴったりなのが、「和みの宿&カフェ 大成」の女将が不定期で開く「アズカフェ」。アイスやブリュレなどでアレンジした手作りドーナツを中心に、「炙りチーズケーキ」(S400円、M500円)などのスイーツを提供しています。島めぐりの一休みに、気軽に立ち寄ってみてください♪

AZU Cafe

問い合わせ
0569-68-2854
場所
愛知県知多郡南知多町日間賀島久渕道下51
営業時間
11:00~17:00(日によって変動)
定休日
不定休
駐車場
なし
支払方法
カード・電子マネー不可
平均予算
昼300円
公式サイト
http://taisei.lolipop.jp/cafe

【お宿】日間賀島 いすず館

心癒される、海を臨む和室。展望風呂付き客室も

海の幸&蛸壺風呂セラピー。
お宿はサンセットビーチに沈む夕日を独り占めできるリゾート旅館「日間賀島 いすず館」がおすすめ。美しい夕日を眺めながら露天風呂に使って、極上のリラックスタイムを。入浴と昼食がセットになった日帰りプランも。

「海幸スタンダードプラン」の一例。ゆでダコ、タコしゃぶ、タコ飯などと共に、冬はフグも楽しめます。

常滑焼の伝統工芸士が手掛けた「蛸壺風呂」で、旅の疲れを癒そう。

心洗われる、サンセットビーチの夕景。

日間賀島 いすず館

問い合わせ
0569-68-2040
場所
愛知県知多郡南知多町日間賀島新井浜15
営業時間
IN 15:00/OUT 10:00
定休日
無休
駐車場
なし
支払方法
カード・電子マネー可
料金
宿泊料/1泊2食付1万7000円~
(2名1室利用時の1名分料金)※日帰りプランは1名6500円~
公式サイト
https://www.isuzukan.com

島のあちこちのタコを見つけよう♪

東西の港にある、タコのモニュメント。東港は「がっしー」、西港は「にっしー」の愛称で親しまれている。

島のあちこちにある、タコのマークやマンホールを見つけるのも楽しい♪

西港にある、観光案内所や休憩スペースを備えた船の待合施設「ひまぽ」。

干しタコが風に吹かれている様子は、まるで泳いでいるよう。

全国でもここだけ!タコをモチーフにした、ユニークな駐屯所。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

日間賀島を楽しみ尽くすおすすめ観光プラン。たこめしや海鮮、恋人ブランコなどのグルメ&絶景を満喫♪

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 観光
  4. 日間賀島を楽しみ尽くすおすすめ観光プラン。たこめしや海鮮、恋人ブランコなどのグルメ&絶景を満喫♪

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。