絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#カフェ

2022.10.26wed

採れたてのフレッシュな“旬”を味わうフルーツタルト専門店「ソービー」が知多市にオープン!【愛知】

知多半島で初のワイナリーと自社農園を展開するブルーチップが、2022年10月5日(水)、新たにフルーツタルト専門店「ソービー」をオープン。オレゴン州・ポートランド北部に位置する、ソービーアイランドの農園文化にインスパイアされたお店の様子をさっそくご紹介します。

お店のコンセプトは、栽培から商品としてお客さんに食べてもらうまでの工程を自分たちの手で行う「seed totable(種からサービスまで)」。収穫時期になると、採れたての自社農園イチゴを使った“新鮮すぎる”フルーツタルトがいただけます。その他のフルーツは、農家ならではの鋭い目利き力で選び抜かれた地元産のものを中心に使用していて、鮮度抜群! 自宅でもお店でも、ワンランク上の贅沢なティータイムを演出してくれます。

オリジナルの“ソービーグリーン”が映える外観

外壁に塗られている鮮やかな緑は、“ソービーグリーン”と呼ばれ、この店のために調合したオリジナルカラー。アメリカのカレッジカラーに習って誕生したもので、この一角だけアメリカの風が吹き渡ります。

店に入り、奥へ進むとイートインスペースが完備されています。もともとはハンバーガー屋だった店舗をリノベーションした店内は、白とグリーンを基調とした落ち着きのある空間。まるで現地の田舎町のカフェにいるような気分にさせてくれます。インテリアはヴィンテージの家具を再利用していて、サステナブル文化が発展しているポートランドへの敬意も感じます。

さらにオーナーがポートランドで集めたキャップやバッグなど、さまざまな雑貨も飾られています。壁にかけられた素敵な風景写真の数々も、オーナー自身が撮影したものだそう。

ポートランドの風景を眺めながら、ティータイム♪

ショーケースの中には、お行儀よく整列したフルーツタルトが常時8種類並びます。すべてのタルトは、東京でアップルパイを販売する会社「グラニースミス」監修のもと、約2年間の試行錯誤の末に完成しました。タルトの土台となるベース部分には、すべてリッチな味わいのフィラデルフィア産のチーズを使用。フルーツならではのフレッシュなみずみずしさと、濃厚チーズは相性抜群です。季節ごとに変わる限定商品も登場します。

「ストロベリー」(750円)※現在は、アメリカ産。収穫時期により自社農園のイチゴを使用

こちらは、フレッシュなイチゴの酸味と、リッチなチーズベースのタルトのハーモニーを感じる定番のイチゴタルト。12月~翌5月の収穫時期になると、自社農園で栽培された新鮮なイチゴが楽しめるのも楽しみです。

左:「スティーブンスミスティー」(全4種類 550円)、右:「チェリーベリー」(650円)

ブルーベリーや、ラズベリー、イチゴをふんだんにあしらった「チェリーベリー」。タルトに合わせて飲みたいおすすめドリンクは、オレゴン州・ポートランド出身の創業者の手によって生まれた紅茶「スティーブンスミス・ティー」です。

「ミニタルト」 ※イートイン限定

宝石のようにキラキラ光る、小さくてキュートなタルトたちは、イートイン限定。その時期にショーケースに陳列されているタルトのミニバージョンが一気に堪能できます。

「マロン」(750円)「スイートポテト」(650円)

現在の期間限定商品は、ほっこりとした甘さが特徴の秋の味覚を使ったタルト。ほくほくのサツマイモを感じられるスイートポテトのタルトや、頂上に栗がのったマロンのタルトは、なめらかな舌触り。今だけしか食べられない逸品です。

オーナーの馬場さんにインタビュー

――自身の経験のなかで、オレゴン州・ソービーアイランドに学んだこととは?

馬場さん “カジュアルに生きる”ですね。例えば、自社でワインも作っているのですが、ワインって少しお高いイメージがしますよね。でも、カジュアルに楽しんでほしいんです。「ソービー」でもみんなカフェスペースで、フルーツタルトを囲みながら、みんなワイワイと会話を楽しんでほしいと思っています。そして、ライフスタイルの一環になってもらえることを願っています。

――なぜチーズがベースのフルーツタルトをつくろうと思ったのですか?

馬場さん タルトの土台となるベースのイメージは、アーモンドが一般的に考えられると思うのですが、あえてチーズを使用して作っていることで、リッチ感が出てるんです。それって、他にはない味わいですしね。そして良質なフルーツとの相性も抜群なんですよ。その贅沢感を楽しんでほしいです。

――今後は、どのようなお店にしていきたいですか?

馬場さん 名古屋市内にもたくさん「ソービー」のお店を出したいなと考えています。目標は、逆輸入! いつかポートランドにも出店したいですね。

星川

濃厚な味わいのチーズベースの上に、新鮮なフルーツをのせたタルトの数々…。他では食べられない特別な体験でした。隅々までポートランドを感じる店内は、まるで旅行に来ているかのような感覚で、とても胸が弾みました!

ソービー

問い合わせ
0562-57-7120
場所
愛知県知多市寺本新町1-117
営業時間
10:00~17:00
定休日
木曜
駐車場
あり
支払い方法
カード・電子マネー 不可
公式サイト
https://sauvie.biz/

撮影/小島隆史
※価格はすべて税込。
※掲載内容は2022年10月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

採れたてのフレッシュな“旬”を味わうフルーツタルト専門店「ソービー」が知多市にオープン!【愛知】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. KELLY Editors
  4. 採れたてのフレッシュな“旬”を味わうフルーツタルト専門店「ソービー」が知多市にオープン!【愛知】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。