絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#パン

2022.11.2wed

女性パン職人が手掛けるベーカリー「ブーランジェリー ル・クレア」が東区にオープン【名古屋】

2022年8月30日(火)、名古屋市・東区に「Boulangerie Le Créa(ブーランジェリー ル・クレア)」がオープンしました。自分のパン屋を持つのが夢だったという店長・津崎さんは、長期にわたって個人店や大手百貨店で修業した経験を持ち、なんと職人歴20年! そんな努力と情熱を感じるパン屋へさっそく取材に行ってきました。

誰もが入りやすい街のパン屋さんを目指して

地下鉄「ナゴヤドーム前矢田駅」から徒歩で約5分のところ、住宅街の一角に店を構える「ブーランジェリー ル・クレア」。店内の様子が伺える大きな窓と、ストライプのファサードが目印です。店の前を通ると、芳醇なバターの良い香りがふわ~っと漂い、それにつられて無意識にその扉を開けてしまいます。

店内は、シックな黒い絨毯が敷かれていたり、植物があったりと、ラグジュアリーな雰囲気。しかし、入店した途端に聞こえてくる「いらっしゃいませ」という元気な声が、ずっと前からそこにあったような温かみを感じさせます。店内の出窓からは、パンの製造作業が見られるのも楽しい!

ピーク時には約50種類が並ぶ焼きたてパン

清潔感のあるショーケースには、当日の午前2時から仕込み始めるという、豊富なジャンルのパンがずらり。ピーク時には約50種類が並び、日によっては、津崎さんイチオシの自家製天然酵母パンや、季節の旬食材を使った期間限定パンも展開します。自家製酵母パンは、ハードな見た目とは対照的に、中はモチモチとした食感が特長! 売られているパンのラインナップは毎日変わるので、訪れるたびに新しい発見がありそう。

また、「パンを一番おいしい状態で食べてほしい」との想いから、積極的にお客さんとのコミュニケーションも欠かさず、食べ合わせや保存方法などの提案もしてくれます。

「クロワッサン」(270円)

素材からこだわって作られているすべてのパンは、食材同士を調合したときの相性や、新鮮さなどの研究を重ね、厳選し尽くしたものばかり。どれもスタッフ全員の愛情がこもった自信作です。

一番人気のクロワッサンは、卵を一切使わず、「アレルギーの方でも食べてもらえるように」との気づかいが。巷では“幻のバター”と言われる、さっぱりした味が特徴のカルピスバターを折り込み、生地には発酵バターを使用。ダブルのバターが出すコクと、サクモチ食感に圧倒されてしまいます。

左:「ゴルゴンゾーラと蜂蜜ベーコン」(388円)、右:「メロンパン」(183円)

芳醇な香りをまとった鳥取県「大山ハム」のベーコンを、長時間発酵させた生地で包んだ「ゴルゴンゾーラ蜂蜜ベーコン」も卵不使用。小麦本来の優しい甘さが口いっぱいに広がります。赤ワインと合わせて味わう、最近話題の“パン飲み”はいかがですか?

「ごまフランスあんバター」(270円)

生地にゴマが練り込まれ、ころんとした見た目もかわいいこちらは、北海道産の粒あんと、有塩バターがサンドされています。塩味と甘さのマリアージュがたまらない!

パン以外にも、自家製の焼き菓子やシロップなども販売しています。中でもおすすめは、原材料にこだわった濃厚なクレームブリュレ。冷凍で提供してくれて、溶かして食べるのはもちろん、凍ったままアイスとして食べるのも◎。

オリジナルのエコバッグ。Mサイズはメロンパン10個分、Lサイズは食パンが3斤入る大きさ

「ル・クレア」限定商品のオリジナルのエコバッグは、MサイズとLサイズの2種類の大きさで展開しています。マチがあって、パンを入れたときに型崩れしないようにと考えられています。さらに、このバッグを持っていくと、お店で発行しているスタンプカードに追加で1ポイントを押してくれるのもうれしい!

店長・津崎さんにインタビュー

――パンの開発はどうやってしているんですか?

津崎さん 店名の「Le Crea(ル クレア)」はフランス語で“創り出す”という意味。その文字通り、アイデアいっぱいのパンを日々開発しています。海外へ行っていた時に出合ったものにインスピレーションを受けたり、ふとした瞬間に頭から湧いてきたり…。お客さんが「こんなの食べたいな」と言ってくれたものも、時間があればすぐ作りますよ。スタッフのみんなと協力してさらにいいものを作っていきたいです。

――YouTubeアカウントがあるとのことですが、反響は?

津崎さん このパン屋をオープンする前に開設したんですよ。今は更新する余裕がないですが…。コロナ禍もあって、みんなに自宅でパンを作ってほしくて。パンづくりは簡単です。どんなこともそうですが、「やりたい!」と思う気持ちがあればすぐ作れますし、愛情があればなんでもおいしいですよ。

――今後はどんなお店にしていきたいですか?

津崎さん 地域の皆さんに愛される“街のパン屋”さんとして浸透していきたいです。みんなが喜んでくれる顔を見るのが大好きです。今までは自分のやりたいことをやってきたので、これからはお客さんにいろいろパンについて教えてあげて、喜んでもらいたいです。人生一生勉強、一生前進。これからもいろいろなことに挑戦して、経験を積んでいきます!

星川

パンづくりに対する情熱をたっぷり感じました。取材中も、質問があればお客さんにパンの食べ方や、おすすめ商品を提案している様子もすごく素敵で、一瞬で津崎さんのファンになってしまいました。20年間パンと向かい合ってきたからこそ生み出せるこだわりパンを買いに、ぜひ足を運んでみてください。

Boulangerie Le Créa(ブーランジェリー ル クレア)

問い合わせ
052-722-5588
住所
愛知県名古屋市東区大幸1-4-27
営業時間
7:00~18:00
定休日
月・火曜
駐車場
1台
支払方法
カード・電子マネー可
Instagram
 @le.crea_boulangerie
アクセス
地下鉄「名古屋ドーム前矢田駅」より徒歩で約4分

撮影/小島隆史
※価格はすべて税込。
※掲載内容は2022年10月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

女性パン職人が手掛けるベーカリー「ブーランジェリー ル・クレア」が東区にオープン【名古屋】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. KELLY Editors
  4. 女性パン職人が手掛けるベーカリー「ブーランジェリー ル・クレア」が東区にオープン【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。