絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ランチ

2022.11.8tue

矢場町で本格鴨料理をつまみにお酒が楽しめる「鴨そばとワイン6」がオープン!【名古屋】

2022年9月5日(月)、矢場町にオープンした「鴨そばとワイン6(ロク)」。新鮮な鴨肉を贅沢に使用した様々な料理と、こだわりのナチュールワインをはじめとするお酒とのマリアージュを楽しむことができます。店名を見たときに浮かぶ「なぜ鴨とワイン?」の疑問をひも解くヒントや、気になる鴨料理の数々をご紹介していきます。

おしゃれな雰囲気を醸す、立ち飲みカウンターとテーブル席

地下鉄「矢場町駅」より徒歩で約5分の場所にオープンした「鴨そばとワイン6」。白色の暖簾に、鴨のイラストが描かれた提灯が目印の、スタイリッシュな和モダンスタンドです。

こちらは、仕事帰りにふらっと立ち寄れる、立ち飲みスタイルのカウンター。店内には、大型のテレビも備え付けられているため、スポーツ観戦にももってこい。来たるサッカー日本代表戦に向けてイベントも開催予定です。

店内は、グレーを基調としたスタイリッシュな印象の中にも、木材や植物があり、落ち着ける空間。立ち飲みだけでなく、店内でゆっくり過ごしてほしいと、テーブル席も豊富に用意しています。夜はテーブルにキャンドルが灯され、大人でシックな雰囲気になり、デートにもピッタリです。

自慢の鴨肉を使用したお得なランチメニュー

「鴨そば」(1000円)※なくなり次第終了

低温調理した鴨肉と柚子の風味、そして温かいそばつゆに鴨の脂が溶け込み優しい甘みが口いっぱいに広がります。こちらのお店で使用している鴨肉は、さっぱりとした味わいでクセも少ないため、ジビエが苦手という人でも食べやすいのが特徴です。

ワインやその他のお酒とも合うように、独自にブレンドしたというオリジナルの鴨だしを使用。寒い季節には体の芯から温めてくれます。

「鴨たたき丼」(1080円)※限定10食

店主自慢のボリュームたっぷり「鴨たたき丼」。 夜の人気メニュー「鴨のたたき」を贅沢にご飯の上にオン。たれは自家製の甘だれにピリッと黒胡椒がきいています。

さらにランチには「日替わりおでん」の無料サービス付き!(なくなり次第終了)寒くなるこれからの季節にうれしいですね。

鴨料理をつまみにお酒を楽しむ、上質なディナーメニュー

左「6のハウスワイン ワビサビシリーズ」

こちらのお店のハウスワインは、全てナチュールワイン。優しい飲み口が特徴で、ブドウ本来の豊かな香りを楽しめます。

「鴨のローストバルサミコソース」(1580円)

じっくりと低温で火を入れてローストした鴨を、酸味のあるバルサミコソースやお塩でいただきます。味付けがシンプルだからこそ、凝縮された鴨肉のうま味が、口いっぱいに広がります。

「おでん」(4種盛り580円、8種盛り980円)

“そばの出汁”でじっくりと煮込まれた自慢のおでんは、定番の大根、玉子、こんにゃく、厚揚げ、ちくわに加え、丸ごと玉ねぎ、牛すじ、鴨手羽といった同店ならではの具材も用意。単品での注文も可能なので好きな具材を、日本酒やひやおろしと一緒に楽しむのも◎。

オーナーさんにインタビュー

――なぜ「鴨そば」と「ワイン」?

以前、この場所には立ち食いそば屋があり、ランチの時間帯をメインにサラリーマンの方で賑わっていました。今回、お店を新しくオープンするのを機に、次は夜も活気にあふれるお店にしたいと思い、そばにプラスしてお酒を提供するバル業態にシフトすることにしました。「そば」と「お酒」、この二つの共通点を考えたときに、「鴨」はそばにもお酒にも合うと閃き、鴨肉を使用した料理をメインに提供することを決めました。

――立ち飲みスタイルを取り入れたのはなぜですか?

気軽に立ち寄れるバルとしての雰囲気を出したかったからです。お酒の種類も豊富に取りそろえていますし、テレビもあるのでスポーツ観戦やちょい飲み利用もしてもらえたらと思います。

――今後、どのようなお店にしたいですか?

昼はランチ、夜はバルとして、幅広いニーズに対応できるお店になっていると思うので、老若男女問わず利用していただけるとうれしいです。会社帰りにも気軽に立ち寄れる立ち飲みカウンターの他に、ゆっくりと過ごせるテーブル席を豊富に用意してたり、内装にもこだわっているので、ぜひデートや女子会の際にも足を運んでみてください。

EDITOR IMAI

ジビエが好きでよく食べるのですが、こちらのお店の鴨肉は、甘みもありつつ、さっぱりと食べやすくて感動!鴨肉は鶏肉よりもカロリーが低くヘルシーで鉄分も豊富といわれているので、女性にもうれしいですね。アクセスもしやすいので、ぜひこれからも通いたいです。

鴨そばとワイン6(ロク)

問い合わせ
 052-265ー6898
場所
 愛知県名古屋市中区栄4-12-22
営業時間
 11:30~15:00、18:30~翌2:00
(金曜は18:30~翌3:00、土曜は15:30~翌3:00、日曜・祝日は~翌1:00)
定休日
 火曜定休
駐車場
 なし
支払方法
 カード可・電子マネー不可
Instagram
@kamo_no6
アクセス
 地下鉄「栄駅」より徒歩で約5分


※価格はすべて税込。
※掲載内容は2022年10月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY1月号(2022年11月22日発売)東海グルメニュース総決算2022

特集の目次を見る

Please Share

矢場町で本格鴨料理をつまみにお酒が楽しめる「鴨そばとワイン6」がオープン!【名古屋】

WRITER

Kanon Imai

Kanon Imai

岐阜県・多治見市出身。グルメ・美容・スポーツ・カルチャーと欲張りな新人。趣味は読書とジョギングで、一人前の編集者になるために勉強中!地元の多治見市が大好きで毎週末帰省している。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Kanon Imai
  4. 矢場町で本格鴨料理をつまみにお酒が楽しめる「鴨そばとワイン6」がオープン!【名古屋】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。