絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#スイーツ

2022.12.7wed

並んででも食べたい。昭和10年創業「松屋長春」の“幻の和菓子”とは【愛知・稲沢市】

「はだか祭り」で知られる国府宮神社がある愛知県・稲沢市にある老舗和菓子店「松屋長春」。松屋長春では、当日販売分はいつも早朝に売り切れ、ほぼ予約しないと手に入らない巷では有名な一品があります。

それが「羽二重餅」。羽二重餅は、そっと摘まむと簡単に指が沈み込むほど、柔らかく繊細なんです。その美味しさと入手困難なことから、一部の間では“幻の和菓子”と謡われているほど。

今回はそんな大人気の老舗和菓子店「松屋長春」を紹介します。

最高級のあんこと餅を使用

「羽二重餅」(280円)

「羽二重餅」は最高級の丹波春日大納言を使ったあんこと、滋賀県産の餅米100%の餅を丁寧に組み合わせています。
店主曰く、手に持ったときと口に入れたときの、あんこと餅の柔らかさのバランスが重要だそう。

国内の小豆生産量のうち、1%しか採れないといわれる希少な丹波春日大納言を使用。一般的に和菓子の重さは40から50gほどですが、「羽二重餅」は70gとずっしり重いのも特徴的です。

そのおいしさの秘訣

季節やイベントごとに替える焼き印は、なんと約50種類!「羽二重餅」の詳しい購入方法は、公式HPをチェックしてみてください。もうすぐ迎える90周年にはイベントも考えているそうですよ。

1935年に創業した「松屋長春」店主の西村さん。
「もう一つ、うちのいいところは従業員同士の和気あいあいとした雰囲気。それがお菓子にも伝わります」と、おいしさの秘訣を教えてくれました。

松屋長春 マツヤチョウシュン

問い合わせ
0587-32-0253
場所
愛知県稲沢市小沢3-13-21
営業時間
8:00~18:00
定休日
月曜(火曜不定休あり)
※祝日の場合は営業、翌日休み
駐車場
11台
支払方法
カード・電子マネー不可
公式サイト
https://www.matsuya-choushun.jp/
アクセス
名鉄「国府宮駅」より徒歩で約12分

※掲載内容は2022年12月時点の情報です
※価格は税込み表記です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

並んででも食べたい。昭和10年創業「松屋長春」の“幻の和菓子”とは【愛知・稲沢市】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. KELLY Editors
  4. 並んででも食べたい。昭和10年創業「松屋長春」の“幻の和菓子”とは【愛知・稲沢市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。