絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#観光

2022.12.11sun

PR

登別・洞爺湖温泉の人気ホテルでサウナを満喫!観光名所のウポポイ(民族共生象徴空間)も【冬の北海道旅vol.2】

愛知・中部国際空港セントレアからは、新千歳着と函館着の直行便が2路線あり、名古屋からは約2時間と、思い立ったらスグ行ける“北海道旅行”。今なら旅行代金の40%が補助される「HOKKAIDO LOVE割」でお得に楽しめると聞きつけ、KELLY編集部が冬の北海道大満喫プランを考案してみました!

旅のメインテーマは、冬こそ行きたい“温泉”。活火山が多い北海道は、温泉地数が全国1位と、バラエティ豊かな温泉が各地にあります。今回は、新千歳空港から近い「登別温泉」「洞爺湖温泉」をメインに、サウナや観光名所を満喫できる2泊3日のプランをご紹介!

北海道観光PRキャラクター キュンちゃんの旅のひとコマとともに、冬の北海道の旅プランをお届けします♪

北海道の全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE割」が12/27まで延長に!

2022年10月11日~12月27日(12月28日チェックアウト分まで)の期間(※1)、北海道旅行代金の40%が補助(※2)され、平日は3000円、休日は1000円のクーポンがもらえるおトクなキャンペーン。詳しくは公式サイトをチェック!
公式サイト:https://hokkaidolove-wari.jp/
※1 除外日はなし
※2 補助額上限5000円、ただし交通付宿泊旅行商品のみ上限8000円。

【day1】アイヌ文化を五感で感じる「ウポポイ(民族共生象徴空間)」

「ウポポイ(民族共生象徴空間)」は、古くからアイヌ文化が根付く北海道白老町ポロト湖畔に、2020年7月に誕生したアイヌ文化復興・発展の拠点となるナショナルセンター。長い歴史と自然の中で培われてきたアイヌの伝統芸能、食、ものづくりなどに、園内のさまざまな体験を通じて「触れる」「感じる」「考える」ことができます。

「国立アイヌ民族博物館」は、先住民族アイヌの歴史と文化を主題とした日本最北の国立博物館。2階の「基本展示室」へ向かう途中にある「パノラミックロビー」は、ポロト湖畔の見晴らし抜群!常設の「6つのテーマ展示」は、「私たち」というアイヌの視点で「ことば・世界・くらし・歴史・しごと・交流」について紹介され、明確な順路はなく、好奇心のままに自由に見て回れるのがユニークです。ミュージアムショップもチェック。

ランチは「焚火ダイニング・カフェ ハルランナ」へ。食の原点となる焚火をコンセプトに、薪の香りに包まれた店内に食欲がそそられます。「ユㇰ(蝦夷鹿)の焚火ロースト」(税込2800円※スープ・パン付き。写真は2人分)や北海道ラム、白老牛、アイヌ文化由来のさまざまな食材を使った料理を堪能。

「国立民族共生公園」の「伝統的コタン」はチセ(家屋)群が再現され、アイヌの伝統的な生活空間を体感できるエリア。チセの中では、暮らしや伝承芸能の実演を交えて解説する「ウパㇱクマ」をはじめ、豊富な体験プログラムを楽しめます。

12月2日(金)〜2023年1月22日(日)15:30〜17:00は幻想的なイルミネーションに彩られ、アイヌ文化にゆかりのある動物たちが登場。

北海道観光PRキャラクター キュンちゃん

キュキュ~♪(「ウポポイ」PRキャラクターのトゥレッポん、スタッフのシホホロさん・ラッチさん・ヘチャカさんと一緒に記念撮影〜!アイヌ語の「イランカラㇷ゚テ」は、「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」に相当する挨拶なのです♪)

ウポポイ(民族共生象徴空間)

問い合わせ
0144-82-3914
場所
北海道白老郡白老町若草町2-3
時間
9:00〜17:00(最終入園は16:00)※時期により異なる
定休日
月曜(祝日の場合は開園、翌平日休)※3月20日は開園
料金
大人1200円、高校生600円、中学生以下無料
(団体割引あり)
駐車場
あり(有料)
カード・電子マネー
アクセス
「新千歳空港」より車で約40分
「白老IC」より車で約3分
Instagram
@ainumuseumpark
公式サイト
https://ainu-upopoy.jp

【day1】「望楼NOGUCHI登別」温泉かけ流しの展望風呂付きスイート

全室温泉かけ流し展望風呂完備の全室スイートルームと和洋折衷のおもてなしで、どこにもない温泉「登別モダン」の旅を叶えてくれる宿「望楼NOGUCHI登別」へ。全室展望風呂付きスイートのゲストルームは、洗練されたデザインと窓から望む登別温泉の自然が見事に調和。きらびやかな装飾や余計なものを排除し、「人がくつろぐこと」を最優先に設計された空間で、日常の延長線上にある心地よい非日常のひとときを過ごせます。

北海道の名湯・登別に新たな歴史を。「大人の隠れ宿」をコンセプトにした全館を貫くデザインは、洗練された様式の中に落ち着いた和の趣が感じられます。

湯量と泉質の多さから「温泉のデパート」とも称され、全国的に知られる登別温泉。その象徴ともいえる乳白色の硫黄泉を心ゆくまで。全室にしつらえられた展望風呂で名湯を独り占めする贅沢はもちろん、日本庭園を眺められる大浴場や緑深い山々に囲まれた露天風呂もあり、心身ともにゆったり満たされます。また、大浴場にはドライサウナを完備。

夕食は和食とフレンチを融合し、 食材の魅力を最大限に引き出す和洋会席です。北海道のブランド牛や新鮮な魚介類、最高級のお米「ゆめぴりか」など、四季折々の旬の食材すべてにこだわり抜いた料理に舌鼓。

経営者・野口秀夫氏が選書した「のぐち文庫」で未知の本と出合い、バーやラウンジ、客室の好きな場所で、時間を忘れて読書タイムも。大人だけに許された上質でスローな滞在は、旅の醍醐味です。

望楼NOGUCHI登別

問い合わせ
0570-026570(10:00~18:00)
場所
北海道登別市登別温泉町200-1
時間
IN14:00/OUT12:00
料金
大人1泊3万8250円~
(2名1室利用時の1名分あたり、夕朝食付)
※13歳未満は宿泊不可
駐車場
あり
カード・電子マネー
アクセス
「新千歳空港」より車で約1時間
「登別東IC」より車で約15分
Instagram
@bourounoboribetsu
公式サイト
https://www.bourou.com

【day2】登別といえば外せない観光名所「登別地獄谷」は迫力満点!

日和山の噴火活動によってできた直径約450m、面積約11haの爆裂火口跡は人呼んで「登別地獄谷」。谷に沿って数多くの湧出口や噴気孔があり、泡を立てて煮えたぎる風景が「鬼の棲む地獄」の由来となりました。蒸気と硫黄臭が立ち込めるパワフルな温泉の源泉を、全身で感じられます。

登別地獄谷

問い合わせ
0143-84-3311(登別国際観光コンベンション協会)
場所
北海道登別市登別温泉町
時間・料金
入場自由
駐車場
あり(有料※8:00〜17:00頃)
アクセス
「新千歳空港」より車で約1時間
「登別東IC」より車で約10分
Instagram
@noboribetsu_onsen
公式サイト
https://noboribetsu-spa.jp

【day2】老舗レストラン「望羊蹄」で日本一有名な「ポークチャップ」を

昭和21年創業から75年以上、洞爺湖温泉街で地元民・観光客に愛され続けているクラシックな洋食店「望羊蹄(ぼうようてい)」。名物「ポークチャップ」(200g・税込1450円)は、鶏ガラと野菜、リンゴを1週間ほど煮込んだ特製デミグラスソースが、ジューシーな豚肉とベストマッチな逸品です。ハンバーグやオムライス、カキフライ、スパゲティなど、どのメニューも親しみやすい優しい味わい。

歴史を感じられるレトロな雰囲気も素敵。昔からお店を支え続けているイタドリの天井、ランプ風の灯りの下、ホッと落ち着く時間を過ごせます。

キュキュン!キュキュ~♪(食後のデザートは別腹だよね!一番人気の「フルーツパフェ」(税込750円)には、季節のフルーツとバニラアイスがたっぷり。「ブレンドコーヒー」(税込530円)もずっと変わらないこだわりの味で、喫茶利用もOKです◎)

キュン☆(お腹が満たされたら、洞爺湖温泉街の散策へ。北海道屈指の巨大カルデラ湖・洞爺湖は、静寂の冬景色も魅力的。周辺には、いくつもの無料の手湯や足湯があります)

望羊蹄(ぼうようてい)

問い合わせ
0142-75-2311
場所
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉36-12
営業時間
11:00~16:00(LOは15:00)
17:00~20:30(LOは20:00)
定休日
不定休
駐車場
あり
カード・電子マネー
カード可・電子マネー不可
予算
昼2000円
アクセス
「新千歳空港」より車で約1時間半
「虻田洞爺湖IC」より車で約7分
Instagram
@boyotei_toyako
公式サイト
http://www.boyotei.com

【day3】洞爺湖温泉もサウナも最高!「ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」

10月にプレミアム棟「乃の風倶楽部館」がリニューアル。すべての客室が56㎡以上という広々とした空間で、優雅なワンランク上の滞在を楽しめます。「展望温泉風呂付エグゼクティブ・ツインルーム」は、絶景の洞爺湖を一望できるかけ流しの温泉付き。さらに贅沢を極めた「個室サウナ&展望温泉風呂付プレミアム・スパスイートルーム(112㎡)」も誕生しました。

「スパリゾート館」最上階にある大浴場から屋上へ上がると、そこはまさに天空の露天風呂。洞爺湖や羊蹄山の雄姿、夜空に瞬く星空…と、刻々と変わる開放感抜群の大パノラマが目の前に。「ザ・銭湯 昭和乃湯」のレトロな雰囲気を再現した遊び心あふれる温泉にもワクワクします。

ドライサウナでは自分でサウナストーンに水をかけ、熱い蒸気を発生させる「セルフロウリュ」も体験できます。ミストサウナも完備し、ここならではのサ活で整う快感をぜひ。

新しく生まれ変わったレイクビューブッフェレストランは、洞爺湖と羊蹄山が織りなす美しい光景もごちそうの一つです。和食、洋食、中華それぞれのシェフが腕を振るい、食後のスイーツまで大満足。

ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート

問い合わせ
0570-026571(10:00~18:00)
場所
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29-1
時間
IN15:00/OUT11:00
料金
大人1泊2万4500円~
(2名1室利用時の1名分あたり、夕朝食ブッフェ付)
駐車場
60台
カード・電子マネー
カード可・電子マネー一部可
アクセス
「新千歳空港」より車で約1時間半
「虻田洞爺湖IC」より車で約10分
Instagram
@nonokazeresort_official
公式サイト
https://nonokaze-resort.com

「HOKKAIDO LOVE! LINE公式アカウント」お友だち募集中!
https://visit-hokkaido.jp/line/

※掲載内容は2022年12月時点の情報です
取材・文/村瀬実希(MAISONETTE Inc.)
撮影/北川友美

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

登別・洞爺湖温泉の人気ホテルでサウナを満喫!観光名所のウポポイ(民族共生象徴空間)も【冬の北海道旅vol.2】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. PICK UP!
  3. 観光
  4. 登別・洞爺湖温泉の人気ホテルでサウナを満喫!観光名所のウポポイ(民族共生象徴空間)も【冬の北海道旅vol.2】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。