絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#新商品

2022.12.14wed

PR

【抽選でサイン入りチェキが当たる】ボイメン飲みっぷりグランプリ投票受付中!アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生で乾杯♪「ボイメン☆大忘年会」

「泡が出てくるのが楽しい!」「缶ビールなのに、お店で樽生ビールを飲んでいる気分」と話題になった、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」。あまりの人気に、一時は店頭から姿を消してしまったほど。

2022年10月、そんな話題商品の新たなラインアップ「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生」が新発売されました。今回、アサヒビール中部エリア応援大使のBOYS AND MEN・田村侑久さんが「生ジョッキ缶大生」をPRするべく、「ボイメン☆大忘年会」を開催!

後輩グループのBMK・佐藤匠さん&米谷恭輔さんのお二人と、飲んでしゃべりまくる、楽しい時間をお届けします。

左:BMK・佐藤匠さん、中:BOYS AND MEN・田村侑久さん、右:BMK・米谷恭輔さん

さらに、忘年会では「一番おいしそうにビールを飲めるのは誰!? #ボイメン飲みっぷりグランプリ」を開催! 「思わずビールが飲みたくなった」メンバーへ投票して、抽選でサイン入りチェキが当たるチャンスもお見逃しなく♪

生ジョッキ缶大生で乾杯!「ボイメン☆大忘年会」開催

新発売の「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生」は、「大生」の名前の通り、485mlの大容量! 従来の340ml缶と比べると、この通り。お店の“大ジョッキ”のように、ゴクゴク飲める大きさです。


生ジョッキ缶できれいな泡を楽しむポイントは、きちんと冷蔵室で冷やしておくこと!飲みごろは4℃~8℃くらい。温度が低いと泡が少なめ、高いと泡が多めになるから、冷やしすぎにも注意ね。それじゃ、さっそく開けてみて!


「生ジョッキ缶」のフタは、缶詰みたいになってるんですね~。うわ、すごい、開けたら本当に泡がどんどん出てきた!! きめ細かいクリーミーな泡だから、お店の生ビールみたい!

従来の340mlと比べると、開けたときに泡立つ速度もアップ! 飲み口全体が泡で覆われるまでの時間が大幅に短縮されています。

思わずビールが飲みたくなる!#ボイメン飲みっぷりグランプリ

田村さん・佐藤さん・米谷さん それじゃ、さっそくいただきます!カンパ~イ!!


なんと言っても、この“生ビール感”! ビール好きとしては、これくらい大きさがあった方がゴクゴク飲めてうれしいですね。うまい!!


口当たりの良いクリーミーな泡と、炭酸ののど越しが最高。何これ、めちゃくちゃおいしいんですけど!!


フタが全開になっているから、飲み口が広くて飲みやすい!本当にお店のジョッキみたいに飲めますね。

抽選でサイン入りチェキが当たる!「#ボイメン飲みっぷりグランプリ」投票受付中!

概要
3人が「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生」を飲むリール動画を見て、一番飲みっぷりの良かったメンバーに投票しよう! 投票した方の中から抽選で、田村さん・佐藤さん・米谷さんそれぞれのサイン入りチェキを抽選で3名様にプレゼント!
応募期間
2023年1月9日(月・祝)23:59まで
応募フォームURL
https://forms.gle/sBs98kDaHfqq6FMz5
※応募は日本国内在住の20歳以上の方に限らせていただきます。

2022年を振り返る!ウラ話満載のはっちゃけトーク

2022年も残りあとわずか。「2022年を振り返る5つの質問」を三人にぶつけてみました!

――今年一年を一言で現すと、どんな一年でしたか?

田村さん 振り返っちゃダメよ。今年なんて~。

佐藤さん そんなことないっ!そんなことないですって!!(笑)

田村さん 2022年は、一言で言うと「変動」の一年でしたね。メンバーが二人抜けて、「また一からみんなで頑張ってこうぜ」っていう年になったんで、なかなか難しい年ではあったなあと思う。

佐藤さん&米谷さん (頷く二人)

田村さん っていうか最近お前らどうなの? なんか、煩わしてるのだけは知ってるけど。

佐藤さん 「煩わしてる」って、言い方!(笑)

米谷さん そうなんです、今年リリースした「だって今日まで恋煩い」ですね。今年は、BMKでグループとして活動することが多い一年だったんですけど、一言で言うと何だろう……。

田村さん 煩わした一年?

佐藤さん いや、まあそうなんですけど!(笑)

米谷さん 僕らは2年前にデビューしたんですけど、今年やっとお客さんを入れてフリーライブやリリースイベントができて、五大都市ツアーも回らせてもらって。デビューした時はちょうどコロナがピークだったので、やっと自分たちがやりたかった活動ができた一年になりました。

田村さん 「念願」の一年だったね。

佐藤さん ずっと向かい風だったので、念願の「追い風」でしたね。

――今年いちばん達成感を感じたことは?

米谷さん 僕らは「だって今日まで恋煩い」でのゴールドディスク獲得を目標に、1年を通してリリースイベントをやってきて、自分たちの名前が入ったゴールドディスクを獲得できたので、その時の達成感は今年一かなって思います!

佐藤さん 「目標達成しました」って発表も、劇場でライブをやっている時に速報をいただいて急遽発表したんですけど、お客さんの声にならない「ワアッ!」っていう驚きが僕たちにも伝わってきて、めちゃくちゃうれしかったですね。

田村さん それで言うとボイメンは、1年半ぶりに新曲を出せたことが良かったですね。レコーディングの日は、アサヒビールさんのキャラバンもあったな~。アサヒビールさんのお仕事の時は、心置きなく飲みたいから「絶対に後にスケジュールを入れないで」って言ってるんだけど、なーんか入れられてるんだよね(笑)。「一日をスーパードライで締める!」。これが俺の一番の幸せですから!

田村さん そうそう、「生ジョッキ缶」は、飲んでる途中で泡がもっと欲しいとき、缶を手で包んで温めたらまた泡が出てくるから覚えておくように!

佐藤さん&米谷さん ハイッ!

次のページ…
今年いちばん頑張ったこと、新たに学んだことは?

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

【抽選でサイン入りチェキが当たる】ボイメン飲みっぷりグランプリ投票受付中!アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生で乾杯♪「ボイメン☆大忘年会」

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 新商品
  4. 【抽選でサイン入りチェキが当たる】ボイメン飲みっぷりグランプリ投票受付中!アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生で乾杯♪「ボイメン☆大忘年会」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。