絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#中華

2022.12.27tue

老舗の餃子専門店「百老亭 大須店」が復活!名店復活ストーリー【名古屋】

創業は1953年。大須の小路の一角にのれんを掲げ、人情酒場として愛されていた餃子専門店の「百老亭」。店主の病気を理由に閉店するという話題に、常連ならずともうら寂しさを感じた人は少なくないはず。

そんな「百老亭」が約4年の歳月を経て、奇跡の復活を遂げました。

今回は、そんな餃子の名店「百老亭 大須店」の復活に迫ります。そこに秘められたストーリーとは――。

大好きな“お父さん”と共に、伝統の味と大須の賑わいを守る

「お待たせしました」と現在の店主・小林さん。再開を待ち望んでいた旧来の客のみならず新生「百老亭」のファンも拡散中。

復活の立役者は現在の店主・小林利起さん。前店主の鈴木さんとは親類縁者でもなく、親子ほど年齢が離れているが、週1回の頻度で杯を交わす飲み仲間だったのだとか。
2018年に店を閉めた後、鈴木さんの体調は回復したものの、「生きがいだった店を失い、気落ちした姿を見るのが辛かった」と小林さん。
「お父さん(鈴木さん)が元気になれば!」その一心で、「僕にやらせてくれませんか」と直談判しました。

復活にあたっては、クラウドファンディングやTwitterで支援を呼びかけ、開店資金を集めました。

「やる!」と決めたものの、料理に関しては冷凍餃子すら焼いたこともないほどの素人だった小林さんの様子を、「最初は包んだ餃子を見て、みんな大笑いしていたよ」と優しく振り返る鈴木さん。
「でも、本気度が異常じゃなかった。驚くほどの速さで見る見る上達していったよ」。今では日々の出来栄えも安定し、鈴木さんがお墨付きを与える腕前に。

変わらない、こだわり抜かれた伝統の「焼餃子」の味

「焼餃子(10個)」(550円)。夕飯時には持ち帰り用の「生餃子(10個)」(550円)を求める客も多い。

復活当初のメニューは、「焼餃子」のみで勝負。
毎日早朝から一個一個手包みする餃子。休日には2500個ほどの餃子が完売するという人気ぶり。一晩寝かせることであんと皮の一体感が生まれるのだとか。

餃子が浸るほどの水を入れ、強火でゆでた後、一度湯を切ってから焼き上げることで独特のもっちり感に!

「炊餃子(10個)」(550円)。今秋、復活を遂げてメニュー入りをしました。皮のもっちり感がさらに際立ち、なめらかな口当たり。

厨房に立つ小林さん。その傍らにはいつも鈴木さんの姿が。「もう利起の時代だから、写真には写らないよ」と愛弟子を支え、裏方に徹している。

「もともと料理好きだったわけでもないから、僕自身が“これやりたい!”という欲とか夢が全然ないんです。ただ、大好きな人と楽しく働けることが幸せ」
鈴木さんが守ってきた味と大須の賑わいを途切れさせない—。肩肘張らない自然体でありながらも、言葉の端々からそんな覚悟が感じられた。

店先に立つと、かつて鈴木産が守り抜いてきたのれんと、小林さんが息を吹き込んだ新しいのれんが重なる。
伝統の味を守りつつも、新しい時代が始まったことを感じさせる。

百老亭 大須店(ヒャクロウテイ オオステン)

問い合わせ
090-3967-4728
場所
名古屋市中区大須2-14-27
営業時間
17:00~21:00
(土・日曜は11:00~14:00、17:00~20:00)
定休日
火~木曜
駐車場
なし 
支払方法
カード不可・電子マネー可
Twitter
@100rotei
平均予算
昼夜1500円
アクセス
地下鉄「大須観音駅」より徒歩で約5分


※掲載内容は2022年11月時点の情報です
※価格は税込み表記です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。
公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

老舗の餃子専門店「百老亭 大須店」が復活!名店復活ストーリー【名古屋】

WRITER

Shizue Hanano

Shizue Hanano

    大学卒業後、編集会社に勤務し、レジャー情報に関する雑誌編集、ウェブサイトの立ち上げに従事。紙媒体の企画から執筆まで一貫して携われるステージを求めて北陸・金沢の出版社へ。30歳を機にUターンし、名古屋の編集プロダクションへ。新聞、全国誌、地元タウン誌、フリーペーパー、ウェブサイトなど多様なメディアでのディレクション、編集、 執筆を担当。2011年からフリーランスとして活動中。

    1. トップページ
    2. ENJOY TODAY
    3. Shizue Hanano
    4. 老舗の餃子専門店「百老亭 大須店」が復活!名店復活ストーリー【名古屋】

    KELLY’S
    RECOMMEND
    おすすめ記事

    RANKINGランキング

    PICK UP! 注目の記事

    SERIES 連載もの

    ABOUT日刊ケリーとは

    "GOOD LOCAL"な、
    東海のライフスタイルマガジン。

    雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。