絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#暮らし

2023.1.10tue

名古屋超特化型の本屋「NAgoya BOOK CENTER」が名古屋駅西にオープン!

2022年12月12日(月)、“名古屋超特化型の本屋”「NAgoya BOOK CENTER(ナゴヤブックセンター)」が名古屋駅西にあるホリエビル内にオープンしました。ホリエビルのオーナー・堀江さんと日本出版販売株式会社のエリアマーケティング課の高橋さん、沖野さんが構想を重ねて実現した新刊書店。名古屋出身の人も気づいていないような地元の情報や、名古屋にゆかりのある著者の書籍のみを取り扱い、地元の情報を集めた書店です。そんな名古屋の情報がぎゅっと集約された書店のこだわりや想いを、編集部が伺ってきました!

温かさが残る書店で地元のゆかりのある本との出合い

約築50年のビルをリノベーションしてつくられたビルは、レトロな雰囲気の中に温かみが感じられつい入りたくなるような佇まい。こちらのホリエビル1階にある「喫茶リバー」の手前に開店。店内に入ると、色鮮やかな書籍がお出迎えしてくれます。こちらでは、名古屋の著者のデビュー作を中心とした「NAgoya BOOK CENTER」にしかないコアな本が厳選されていることに注目です!

名古屋にまつわる書籍が並ぶ4つのコーナー

「NAgoya BOOK CENTER」には、名古屋にまつわる書籍が置かれた4つのコーナーが存在。「なごやだらけ」は、名古屋ネタ・情報・歴史など、名古屋の文化が特集されている書籍を扱うコーナー。地元の人でも知らないような名古屋の文化を深く知ることができます。

「なごやばなし」は、名古屋を舞台にした小説・マンガ・絵本などの書籍が置かれたコーナー。ここで見つけた書籍を通して、名古屋の思い入れのある場所へ聖地巡礼が楽しめるかも!

「なごやうまれ」は、名古屋(愛知県)出身またはゆかりのある著者が執筆した書籍のみを扱うコーナー。名古屋出身の有名な著者の書籍が置かれており、「この本の著者も名古屋出身なんだ!」と、新たな発見ができるはず。

「なごやめぐり」は、名古屋を中心としたガイドブックや観光関連書籍などが置かれたコーナー。名古屋観光の最初に立ち寄れば、隠れ家カフェやニッチなお出かけスポット情報を見つけられますね。

ブックカバーが切符のオリジナルデザインになっている書籍は、書店の企画の一つ「本からはじまる名古屋旅。」。本選びに迷った時、中身を見ずに好きな数字で本をセレクトできるシステムで、迷った時はサイコロを振って決めてもOK。背表紙に中身のヒントが書かれているので、チェックしながら選んでみてはいかがでしょうか。いつも自分では選ばない新たな本との出合いがあるかも!企画は不定期で新しく変わっていくとのことで、訪れた時はぜひチェックしてみてほしいです。

店内には、レンタル本棚「國際BOOKマーケット」を併設。名古屋以外のジャンルの本や、オリジナルグッズの販売などに使用できる本棚を貸し出しています。

東海エリア在住、または出身の方を中心に貸し出し予定ですが、名古屋以外の人でも本やグッズの販売が可能!「國際BOOKマーケット」を通して、“新しい交流が生まれる”かも。

左から「ブックマーク」(1650円)「ブックエンド」(4400円)「ブックエンドキーホルダー」(1980円)。※商品写真は試作段階のものです。価格は予定であり変更となる場合があります。

店名のロゴを入れた金属性のスタイリッシュなオリジナルグッズも販売予定!しっかりとした作りでシンプル。人を選ばず、誰でも使いやすいデザインが◎。今後はアパレルなどの新商品も続々登場予定で、これからも目が離せません。

“名古屋の魅力を発掘してもらいたい”オーナー・堀江さんと日本出版・高橋さん&沖野さんにインタビュー!

(左)「日本出版販売株式会社」エリアマーケティング課・沖野さん(中央)高橋さん(右)「NAgoya BOOK CENTER」オーナー・堀江さん

――なぜ名古屋特化型の書店にしたのですか?

堀江さん 私は名古屋駅西で生まれ育ち、自分が今まで見てきた街の風景や雰囲気を少しでも将来に残したいと考えました。名古屋のカルチャーや知識を求める人たちに集まってもらえるような“ちょっと変わった本屋”にしたいという思いから「NAgoya BOOK CENTER」をつくりました。名古屋を訪れた人たちが名古屋を知るための1歩ととして最初に足を運んでいただける場所を目指しています。

――レンタル本棚「國際BOOKマーケット」が生まれたきっかけは?

堀江さん 本屋さんが小さな本棚をレンタルするシステムが流行っていて、当店でも新たな交流が生まれる場所になるのではないかと思ったことがきっかけです。

名古屋駅西は、戦後多くのマーケットや闇市のあった場所。その当時のマーケットをアレンジして、レンタル本棚「國際BOOKマーケット」と名付けました。ジャンルの境界を越えた品ぞろいで、当時のエネルギッシュで雑多な雰囲気にしていきたいですね。

――今後書店をどのようにしていきたいですか?

堀江さん 現在は580冊ほどの書籍を置いていますが、今後900~1000冊まで増やすことを目標にしています。これから出版される名古屋関係の本や選書リストにはまだ載っていない本など、種類を充実させたいですね。また、観光で名古屋に来られた方が最初に情報を仕入れる場所になれるように、なるべく敷居を低くしたフラットな書店を目指していきます。

高橋さん 「NAgoya BOOK CENTER」を、名古屋を盛り上げる拠点にしたいです!日本出版販売株式会社は取り次ぎがメインの会社ですが、2022年の4月から 新しくエリアマーケティング課が設立されました。私たちも名古屋のエリアを盛り上げられるよう、名古屋に来た人だけでなく名古屋出身の方にも名古屋の魅力をより感じてもらいたいです。

沖野さん 「國際BOOKマーケット」のような場所をもっと作りたいですね。紙の本が売れない時代ですが、紙の本が好きな方はたくさんいらっしゃると思っています。「國際BOOKマーケット」のレンタル本棚では、紙の本が好きな方がきっと使ってくださると思うので、そういう方々と繋がれるような場所にしていきたいです!

EDITOR
NAKANE

書店に並んだ本を見たときは「あの有名な著者や漫画家も名古屋出身だったんだ」と驚きの連続……!レトロな外観とゆったりとした時間が流れる店内は、居心地も抜群◎。名古屋を訪れたら最初につい立ち寄りたくなるような空間でした。

NAgoya BOOK CENTER

問い合わせ
https://lin.ee/UNgWUip
場所
愛知県名古屋市中村区椿町12-12 ホリエビル1F
営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜日・祝日
駐車場
なし
アクセス
JR「名古屋駅」新幹線口より徒歩約5分
支払方法
カード可
公式サイト
https://nagoya.horiebldg.jp/blog/2022/10/28/003156


Photo/竹内恵美


※価格はすべて税込
※掲載内容は2022年12月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

名古屋超特化型の本屋「NAgoya BOOK CENTER」が名古屋駅西にオープン!

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 暮らし
  4. 名古屋超特化型の本屋「NAgoya BOOK CENTER」が名古屋駅西にオープン!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。