絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#ドラマ

2023.1.14sat

話題の土ドラ『三千円の使いかた』主演・葵わかなさんインタビュー!

東海テレビ・フジテレビ系全国ネットで、土ドラ『三千円の使いかた』が2023年1月7日(土)よりスタートしました。

原作である原田ひ香さんの小説『三千円の使いかた』は、「読めばお金が貯まる!」と話題になり、累計76万3千部を突破しているベストセラー。

本作は、姉妹、母、祖母という御厨(みくりや)家の3世代の女性たちが、それぞれ直面する人生の悩みに正面から向き合い、コツコツ節約をして貯金をし、その夢をかなえるために奮闘する、ホーム“マネー”ドラマになっています。

今回、御厨家の次女・美帆を演じる、主演の葵わかなさんにインタビューしました!

土ドラ『三千円の使いかた』

ストーリー
「人はね、三千円の使いかたで人生が決まるの」。御厨美帆(葵わかな)が子どもの頃から祖母・琴子(中尾ミエ)から言われた言葉。24歳になり、憧れの一人暮らしをはじめた美帆は、そんなことなど忘れて人生を謳歌していた。
IT企業に勤めて同世代の中では給料もよく、自慢の彼氏と幸せに暮らす毎日…しかし順風満帆に見えた美帆の人生に、自分自身の生活を見直す機転が訪れる。さらに美帆の姉・真帆(山崎紘奈)や母の智子(森尾由美)ら御厨家の面々にも、それぞれの人生について深く考える出来事が…。

自分と同じ24歳の“今ドキ女子”の役に共感!

――台本を読んだ印象を教えてください。

葵さん とても共感できる部分が多いなと感じました。まず、演じる美帆が私と同い年の24歳ということもあって、美帆が人生をどう捉えているかという点や、何も考えていないところから少しずつ将来を見出す点など、24歳の“あるある”だと思いますし、美帆に共感するところが多いですね。
美帆以外の登場人物のおばあちゃんやお母さん、お姉ちゃん、お父さんなど、「この人の考え方もわかるし、この人のこの考え方もわかる!」と、それぞれに共感できる部分があります。なので、どの台本を読んでいてもすごい面白いです。

――葵さんにとって土ドラは初出演ですが、オファーを受けた時の気持ちは?

葵さん 土ドラは、攻めた枠というか、新しいことを常にしている枠という印象だったので、そのドラマに出演できるのは、自分にとっても新たな挑戦が待っているような気がして、とてもワクワクしました! お金の使いかたに関するドラマはなかなかないですし、今回のような今ドキ女子の役柄をいただくことはあまりなかったんですが、脚本を読んで、「この脚本を信じて素直に演じれば、すごく面白い作品になるんじゃないか」と確信しました。

撮影現場の様子、祖母役・中尾ミエさんとのエピソード

第2話のワンシーン。主人公・御厨美帆役の葵わかなさん(右)と、祖母・琴子役の中尾ミエさん(左)。

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

葵さん 私は御厨家が大好きです! 皆さん、明るくて元気で、優しい方たちばかりです。実家のシーンを撮っている時は、待ち時間も家族団らんみたいな空気で、世間話や、台本を読んで「このキャラクターのここわかる!」とか「お父さんのこの感じないよね」とか(笑)、いろいろ話をして盛り上がっています。その空気感が温かくて、好きですね。

――祖母役の中尾ミエさんとの印象的なエピソードはありますか?

葵さん いっぱいあります! 実家のロケ先が住宅地なので、何かお店がありそうな雰囲気はあまりないのですが、ミエさんはロケ地周辺を探検されていて、「このお店に行ったらこれがおいしかった」とか「あそこで野菜売ってたわよ」とか、いろいろ教えてくれるんです。実際にお店へ行ってみたら、お店の人から「ミエさんによろしくお伝えください」と言われて、「ミエさんすごい!」と思いましたね。
この前ロケしていた時、撮影の中空きがあって、ミエさんが足繁く通っている中華料理屋さんへ、ミエさん、お姉ちゃん役の山崎紘奈さん、お父さん役の利重剛さんとお茶しに行きました。

――中尾さんの“街への馴染み力”がすごいですね!

葵さん 「この辺りのことなら詳しいから聞いて!」と言っています。少しの休憩でも外に出かけるアクティブさ、いろいろな方と関われる明るさがとても素敵な方です。

葵さんがつい買ってしまうもの、節約してしまうもの

第2話のワンシーン。御厨美帆役の葵わかなさん。

――お金がテーマのドラマということで、葵さんがついつい買ってしまうもの、節約してしまうものは何でしょうか?

葵さん 普段、家で料理をすることが多くて、料理自体も好きなので、ついつい調味料を買ってしまいますね。例えば、オリーブオイルがなくなったら、おいしいオリーブオイルを調べて、少し高くても買っちゃいますね。塩や出汁とかも、新しいものを試したくなって、買っています。
わりと我慢するのは、洋服や靴ですね。本当に使うのか?と考えてから買うようにしています。

――葵さんの得意料理やよく作るメニューを教えてください。

葵さん 私的に得意だなと思うのは、麻婆豆腐です。料理が好きとお話すると「何が得意ですか?」とよく聞かれるので、これから何を得意料理としていこうかと考えたんですよ(笑)。一昨日くらいの話なのですが、ポトフがとってもおいしく作れたんです! これからはポトフを得意料理だと言っていこうと思います!!

――おいしく作れたポイントは?

葵さん 野菜を四角く、細かく、切るんです。それを塩で炒めてから、水を入れて30分以上、煮込むんです。自分の料理じゃないと思うくらい、おいしくてびっくりしました!

――洋服や靴は、以前からよく考えて購入されているんですか?

葵さん コロナ禍で家にいる機会が増えて、家を見つめ直す時間ができてからですね。コロナ前は、仕事の関係で、年間で半分くらい家にいたら良い方という生活だったので、家に対してあまり興味がなかったんです。家に住んでいる実感が湧く期間ができたことで、断捨離をしてみたり、自分にとって本当に何が必要かと考えたりしました。

自分のために“三千円”を使うなら? ドラマの見どころをチェック!

土ドラ『三千円の使いかた』で主演を務める、葵わかなさん。

――今作で「人はね、三千円の使いかたで人生が決まるの」という祖母の言葉がありますが、葵さんご自身は、人生は何で決まると思いますか?

葵さん お仕事でこれに挑戦したいなど、何かを決断しなければならない瞬間がちょっとずつ出てきたと思っていて、そういう時は、やる方を選ぶようにしています。その決断の瞬間に、「私の人生、ここから何年かが決まったな」と考えますね。“悩んだ時はやってみる”という思いがあって、振り返ってみると、そうやって人生を決めていっている気がします。

――美帆のような今ドキ女子は、これまであまり演じてこなかったと仰っていたので、今回の美帆役も一つの決断・挑戦になるのでしょうか。

葵さん たしかにそうですね。演じてみると、共感できる部分があってとても楽しいです! 「わかる~!」と思いながら演じています。

――葵さんが自分のために“三千円”を使うなら、何を買って、何をしますか?

葵さん 趣味がご飯を食べたり、料理を食べたりすることなので、ちょっと良いお酒と、おつまみの材料を買って、家でお酒を飲みながら料理したいですね。

――2023年の目標は何でしょうか?

葵さん “健康でいること”ですね。自分が仕事をする上で、幸せな生活を送る上で、健康がかなり重要視される世の中だと思います。

――最後に、ドラマの見どころを教えてください。

葵さん タイトルの通り、お金がテーマで、お金を通して登場人物たちの悩みや生き方、価値観が見えてくるお話になっているので、ドラマを観てくださるそれぞれの方に共感できる部分があると思います。皆さんがどのキャラクターにどう感情移入して観てくださるのか、とても楽しみです!
本当にこういう家族がどこかにいるんじゃないか、と感じてもらえるようなドラマになっているので、「自分は誰と同じかな?」という風に観ていただいても楽しいと思います!

『三千円の使いかた』第2話(1月14日放送)

あらすじ
「保護犬を飼うため一千万円を貯めて一軒家を購入する!」。
夢の実現のため、固定費を浮かせて貯金しようと実家に戻ってきた美帆(葵わかな)。一方、夫の死後、「一千万円の遺産をコツコツ増やしマッサージチェアを購入する!」という目標を達成した77歳の祖母・琴子(中尾ミエ)はその後、日々の生きがいもなく暮らしていた。そんなある日、智子(森尾由美)から、友人たちにおせち料理の作り方を教えてほしいと頼まれる。智子に懇願され渋々協力することになった琴子だったが、この出来事がきっかけで人生が思わぬ方向に転がることになる…。

土ドラ『三千円の使いかた』

放送時間
毎週土曜日23時40分~24時35分
チャンネル
東海テレビ・フジテレビ系
公式サイト
https://www.tokai-tv.com/3000yennotsukaikata/


※掲載内容は2023年1月時点の情報です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

話題の土ドラ『三千円の使いかた』主演・葵わかなさんインタビュー!

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Satomi Hirata
  4. 話題の土ドラ『三千円の使いかた』主演・葵わかなさんインタビュー!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。