絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#パン

2023.1.22sun

PR

サクサク&しっとり。クロワッサンベーカリー「ミカヅキ」で、魅惑のアレンジにくぎ付け!【豊田市】

昨春のオープン以来、クロワッサンの新たな魅力にハマるファンが急増中!
そんな評判を聞いて向かったのは、豊田市の住宅街にたたずむベーカリー「ミカヅキ」。キュートなルックスの中に、たっぷり詰まった生地へのこだわりと、思わず目移りしてしまいそうな魅惑のラインナップに迫ります。

秘密にしたくなる!? 住宅街の小さなベーカリー

ベーカリー「ミカヅキ」がオープンしたのは、2022年4月のこと。豊田市の静かな住宅街にありながら、愛知環状鉄道「新豊田駅」、名鉄「豊田市駅」よりいずれも徒歩10分以内と、公共交通機関でのアクセスも便利な立地です。
お店の目印は、軒先に掲げられたミカヅキのイラスト。よく見ると、ミカヅキ型のクロワッサンがモチーフになっているんです。

隠れ家のような扉を開けると、シックなグレーの壁に、職人の工房を思わせるランプが灯り、こだわりとセンスの光る空間が広がります。

中でも存在感を放つのが、ちょっぴりレトロで温かみのある木製ケース。ケースの中には、自慢の焼きたてパンがズラリと並びます。
購入する時は、ケースの扉を開き、自分でトレーに乗せていくシステム。あれこれ迷うのも楽しい時間です。パンがしっかりとケースに守られているので、衛生面でも安心ですね。

パンは1個200~300円台と、普段使いしやすい価格もうれしいポイント。午後になると売り切れも多いため、豊富な種類から選びたいなら開店直後がねらい目ですよ。

生地からこだわったクロワッサンが主役!

「ミカヅキ」の看板メニューはクロワッサン。ベーシックな三日月型はもちろんのこと、店内に並ぶさまざまな種類のパンがクロワッサン生地で作られているというから驚きです。

そんな個性派ベーカリーが誕生したきっかけは、女性パン職人である西郷さんの、クロワッサンにかける熱い想い。クロワッサンを愛するがゆえ、料理人からパン職人へ転向したという経歴の持ち主です。

クロワッサンの生地は「毎日でも食べたくなるおいしさ」をコンセプトに、粉とバターの配合にこだわり、3年間試作を重ねてようやく完成させたもの。外はサクサク香ばしく、中はふんわりしっとり。噛むほどに豊かなバターの香りが広がって、飽きのこないおいしさが自慢です。

こちらがパン職人の西郷さん。
店内には売り場の奥にパン工房が併設されており、オーブンでパンを焼き上げる様子をカウンター越しに見ることができます。一番人気のクロワッサンは一日に何度も焼き上げており、焼きたてが次々と店頭に並ぶライブ感も魅力。

豊富なアレンジは20種近く! 手土産にもぴったり

(手前中央から時計回りに)アップルパイ250円、アスパラ&ベーコン250円、ベリー350円、ぶどう350円、クロワッサン220円、クランベリー250円

ベースとなる生地がおいしいからこそ、さまざまな食材との相性も抜群です。果肉がゴロゴロ入ったアップルパイ、生地に具材を練り込んだキューブパン、季節のフルーツやおかずをトッピングしたものまで、クロワッサン生地を使ったラインナップは20種類近く

一見するとやや小ぶりなサイズにも感じますが、中にはクリームや食材がふんだんに詰め込まれており、食べ応えは十分。また、女性職人の感性が光る、美しいビジュアルも人気の理由です。

マロンあんこパイ250円

合わせてチェックしたいのが、クロワッサン生地を応用したパイ。マロンあんこ、あんチーズ、クリームシチューなど、小腹が減った時のおやつや軽食におすすめですよ。

会計後は、ナチュラルなクラフトボックスにセルフサービスでパンを詰めていきます。箱代は無料で、S・M・Lとサイズ別に用意があり、購入したパンの数や大きさに合うサイズの箱を受け取ります。上品に箱に並んだパンはちょっとした特別感があり、手土産にも喜ばれそう。

また、お店ではフードロス削減への取り組みとして、前日のパンを詰め合わせにしたボックス「FL500」を不定期で販売。4~5個(1000円相当)が入って500円と、とってもお得な内容です。自宅でリベイクすることで、焼きたてのおいしさが蘇りますよ。ちなみに、箱の中身は開けてみるまでのお楽しみ!

クロワッサンを愛する女性パン職人・西郷さんにインタビュー

――なぜクロワッサン専門店に?

西郷さん クロワッサンは小麦粉とバターで作るシンプルなパンですが、お店によって食感や味わい、形もいろいろ。だからこそ、お店の個性が出て面白いと感じました。

――パンづくりへのこだわりは?

西郷さん クロワッサン生地はもちろんのこと、料理人としての経験を生かし、季節の食材の組み合わせや手づくりのおいしさを大切にしています。

――どんな人にパンを食べてほしいですか?

西郷さん 店内に並ぶパンを見て「かわいい!」と喜んでもらえたり、「手土産でもらっておいしかったから」とまとめ買いしてくださったり。学生さんから年配の方まで、幅広い年代の方々にご利用いただいています。地元ではクチコミでお店の存在が広がりつつあり、今後さらにたくさんの方にパンを食べてもらえたらうれしいですね。

ライター
中西

クロワッサン専門店と聞いて、いわゆる三日月型を想像していましたが、その種類の豊富さにびっくり。思わずあれこれ食べ比べたくなっちゃいます。あなたもきっと、クロワッサンの概念が覆されるはず…!

ミカヅキ

問い合わせ
0565-42-7170
場所
愛知県豊田市月見町2-9-2
営業時間
10:00~18:00
定休日
日・月曜
駐車場
2台
支払い方法
カード・電子マネー不可
Instagram
@2022_mikaduki
アクセス
愛知環状鉄道「新豊田駅」より徒歩で約7分/名鉄「豊田市駅」より徒歩で約10分


撮影/竹内恵美 取材・文/中西沙織
※撮影時のみマスクを外しています。
※価格はすべて税込。
※掲載内容は2023年1月時点の情報です。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

サクサク&しっとり。クロワッサンベーカリー「ミカヅキ」で、魅惑のアレンジにくぎ付け!【豊田市】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. KELLY Editors
  4. サクサク&しっとり。クロワッサンベーカリー「ミカヅキ」で、魅惑のアレンジにくぎ付け!【豊田市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。