絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

いちご×桜を贅沢に感じられる、具だくさんの和モンブラン

「桜あんクリームと苺の和モンブラン 〜梅酒ムースと緑茶のマリアージュ〜」(単品1200円 ドリンクセット1550円)

季節のケーキは、春の香りが漂うモンブラン。桜の葉入り桜あんを合わせた上質なクリームは、優しい甘さで口当たりがとてもなめらか。中身は、甘酸っぱいドライフランボワーズ桜あんクリーム、サクッと食感の抹茶メレンゲ、もちもちのよもぎ白玉、ほのかに香る梅酒ムース、濃厚な苺のコンポート、ほろ苦い緑茶スポンジと、盛りだくさん。次々と出てくる具材にワクワクしっぱなしです!

店主の伊藤さんにインタビュー

店主 伊藤さん

――お店を始めたきっかけは?

元々は、40年前にマスターの父親が始めた、イタリアン料理店です。私は専門学校を卒業し、様々なケーキ屋で経験を積んだのち、「Pomodoro」でパティシエとして働くことになりました。

店主の伊藤さんが作る焼き菓子たち♡

――1カ月ごとに変わるパフェは、どのように考案しているのですか?

旬の食材を使うことを軸に考えています。お食事仕立てのパフェを作ったきっかけは、1月に旬のフルーツがあまりなかったことでした。そこから、マスターが作るイタリアン料理をパフェにも生かせないかな? という発想へ繋がりました。

――パフェの中身は、どのように決めているのですか?

まずは、食材同士の相性を、頭の中で想像します。そして実際に組み合わせてみて、試食して、また組み合わせて、の繰り返しです。最初から全て上手くマッチするわけではないので、試行錯誤しています。あとは、器の形に合わせて、食材が一番美しく見える形を追求しています。

左からスタッフの黒木さん、マスターと店主の伊藤さん親子、スタッフの小池さん。

――スタッフのみなさんの人柄が、あたたかくて素敵ですね。

「Pomodoro」のスタッフは、みんな気さくで親しみやすいのも自慢です。これからも、「最後の一口まで美味しく召し上がっていただけるもの」をコンセプトに、新メニューを考案し続けていくので、楽しみにしていてください!


EDITOR
KATO

パフェもケーキも、一口食べるごとにワクワクが増していき、あっという間に完食してしまいました♪ 次の新作メニューのお知らせも、Instagramでチェックしようと思います♡

Pomodoro(ポモドーロ)

問い合わせ
0566-74-5021
場所
愛知県安城市朝日町19-6
営業時間
月~水・土・日曜は、11:00〜14:30 (テイクアウトは、〜16:00)
カフェ営業は、隔週の水・土曜 11:00〜15:00
定休日
木・金曜
駐車場
9台
支払方法
カード・電子マネー不可
Instagram
@pomodoro_1982
アクセス
JR「安城駅」より徒歩で約10分

※価格は税込み表記です
※掲載内容は2023年3月時点の情報です

LINEお友だち登録

Please Share

愛知のおしゃれな郊外カフェ巡り vol.1|安城「ポモドーロ」

WRITER

Momoka Kato

Momoka Kato

愛知県出身。編集部3年目を迎えるデザイナーで、編集は勉強中!食べること、ものづくり、犬が好き。週末に、愛犬とお散歩するのが日課。大好きな地元の魅力をお届け。

  1. トップページ
  2. GOURMET
  3. Momoka Kato
  4. 愛知のおしゃれな郊外カフェ巡り vol.1|安城「ポモドーロ」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。