絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

小関裕太さん、松井愛莉さんが来店!「ロエベ 名古屋」がミッドランドスクエアにリニューアルオープン
#ファッション

2023.4.10mon

小関裕太さん、松井愛莉さんが来店!「ロエベ 名古屋」がミッドランドスクエアにリニューアルオープン

2023年3月31日(金)、ミッドランドスクエア1階にリニューアルオープンした「ロエベ 名古屋」。オープンを祝して、俳優の小関裕太さん、俳優・モデルの松井愛莉さんがゲストとして来店しました。

美しいピンクのファサードが目を引く外観

ハンドメイドのセラミックタイルを配した、美しいピンクのファサードが目印

店舗デザインコンセプトは、クリエイティブ ディレクターであるジョナサン・アンダーソン監修の“カサ(家)”。表参道や銀座、ロンドンをはじめ、最近ではバルセロナやドバイの新店舗にも反映されています。

アートピースと家具を配した、“家”のような空間

“カサ(家)”にお客様を招くような、ゆったりとした空間が広がる店内。約125㎡の売場に、ウィメンズ・メンズのバッグや革小物、アクセサリー類が展開され、店内を華やかに彩ります。

店内には、ジョナサンのキュレーションによって集められた、国際的なアーティストの絵画や彫刻、家具などの手工芸作品があちこちに散りばめられています。パブロ・ピカソのセラミック作品やアン・クレイヴンの絵画などのアートピースが〈ロエベ〉の世界観を表現。

また、オランダの巨匠・リートフェルトの名作「ユトレヒト アームチェア」や、テキスタイルデザイナーのジョン・アレンが手掛けたカーペットなど、“カサ(家)”を表現するインテリアにも注目です。

バッグや財布&小物を豊富にラインナップ

ウィメンズコーナーには、ウォレットやカードホルダー、バッグを豊富にラインナップ。手持ちのバッグをワンランク格上げしてくれるチャームも、多彩なデザインがそろいます。春夏シーズンのマストアイテム「バスケットバッグ」も見逃せません。

グレーのセラミックタイルを基調としたメンズコーナー。こちらもウィメンズ同様、ウォレットやカードホルダーを豊富にラインナップしています。

小関裕太さん、松井愛莉さんも来店

オープン前日には、俳優の小関裕太さん、俳優・モデルの松井愛莉さんがゲストとして来店し、リニューアルオープンをお祝い。新しくなった店舗でリラックスしながら商品を手に取り、ゆったりとした時間を過ごしました。

「ロエベ 名古屋」先行発売商品も登場!

「アマソナ16スクエア バッグ」(H14×W16×D8.5cm)35万6400円 ※ロエベ名古屋 先行発売品

さらに、オープンを記念して、「ロエベ 名古屋」先行発売アイテムも登場。「アマソナスクエア 16バッグ」より、新色のライトペールグリーンが先行で発売されます。


EDITOR
WAKANA

ゆったりとお買い物を楽しめる、広々とした“家”のような空間が魅力の「ロエベ 名古屋」。洗練されたアイテムの数々はもちろん、こだわり抜いたアートや家具のセレクトからも、ジョナサン・アンダーソンの芸術的な感性を随所に感じることができました。この春夏のファッションがさらに楽しくなるアイテムを見つけに、ぜひ足を運んでみてください

LOEWE(ロエベ) 名古屋

問い合わせ
052-587-7366
場所
ミッドランドスクエア1F
(愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1)
時間
11:00〜20:00
公式サイト
https://www.loewe.com/jap/ja/home

※掲載内容は2023年4月時点の情報です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

小関裕太さん、松井愛莉さんが来店!「ロエベ 名古屋」がミッドランドスクエアにリニューアルオープン

WRITER

Wakana Yamauchi

Wakana Yamauchi

兵庫県出身。京都の大学を卒業後、 編集者になるために名古屋へ。ゲーム、猫、ファッション、写真が好き。自宅をリノベーションして以来、インテリアにハマっている。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中村区
  4. 小関裕太さん、松井愛莉さんが来店!「ロエベ 名古屋」がミッドランドスクエアにリニューアルオープン

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。