絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

グルメも絶景も!福井の日帰り観光モデルコース&おすすめスポット8選
#おでかけ

2023.5.5fri

グルメも絶景も!福井の日帰り観光モデルコース&おすすめスポット8選

おでかけモードが高まっている今だからこそ、その気分を満たしてくれる「見る」「遊ぶ」「食べる」「癒される」がたくさんつまった、楽しいプランをお届けします!

今回ご紹介するのは、福井県の若狭町と美浜町。ドライブが楽しいとっておきスポットです!ドライブといえば、美浜町から若狭町までを結ぶ約15kmの虹の架け橋「レインボーライン」。2022年10月から通行無料になった人気のドライブスポットを中心に、ときめく休日を!

日帰り観光モデルコース①三方五胡周辺で“ブルーの神秘”を感じる旅

10:00 福井県年縞博物館
↓車で約10分
12:00 ドライブイン よしだ
↓車で約7分
13:30 レインボーライン山頂公園
↓車で約10分
16:00 三宅彦右衛門酒造

福井県年縞博物館

湖底の堆積物が幾重にも縞模様のような層になった「年縞」は、いわば地球の履歴書。水月湖では、途中途切れずなんと7万年もの年縞の採取に成功し、「世界基準のものさし」として、研究者たちの注目の的になりました。「年縞」をステンドグラスのように展示しているのも素敵です。

オシャレな建物の「cafe縞」では、「年縞サンド」など話題を集めるメニューが!

福井県年縞博物館

問い合わせ
0770-45-0456
場所
福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1 縄文ロマンパーク内
営業時間
9:00~17:00(最終入館は16:30)
定休日
火曜定休(祝日の場合は開館、翌日休)
駐車場
あり
支払方法
カード不可・電子マネー可
公式サイト
varve-museum.pref.fukui.lg.jp
入館料
500円
アクセス
舞鶴若狭自動車道「三方五湖スマートIC」より車で約5分

ドライブイン よしだ

しょうゆベースの特製タレをかけて食べる「イカ丼」(1700円)

オーダー率約80%の「イカ丼」は、2代目が考案。現在は、3代目とともに、弾力のある甘いイカにとろろと特製ダレが絡むここだけの味として、ファンを掴んで離しません!駐車場には車が引っ切り無しで、休日には行列になることもしばしば。

「水月湖」のほとりにあり、店内からも湖面の美しさを眺められる。

ドライブイン よしだ

問い合わせ
0770-47-1438
場所
福井県三方上中郡若狭町海山70-3
営業時間
10:00~17:00(売切次第閉店)
定休日
不定休
駐車場
30台
支払方法
カード・電子マネー不可
Instagram
@drive_in_yoshida
平均予算
昼1700円
アクセス
舞鶴若狭自動車道「三方五湖スマートIC」より車で約10分
※今後、価格変更の可能性あり

レインボーライン山頂公園

【茶屋テラス】 天気が良ければ、京都・丹後半島までも望める! 和カフェ「五湖庵」で一服もおすすめ♪

【五湖テラス】 丸いソファは人気のため時間制限になることも!「映える」レインボー傘をレンタル(無料)してパチリ☆

【美浜テラス】 足湯で癒されながら、「クールジャパンアワード2019」に認定された絶景を!

【若狭テラス】 水月湖、三方湖、菅湖を望む、スケールの大きな眺めが魅力☆

【中央テラス】 カフェ「なないろ」を併設!越前岬から敦賀半島が一望!

三方湖、水月湖、菅湖、久々子湖、日向湖の5つの湖はそれぞれ水質や水深が異なるため、そのブルーも様々。梅丈岳の山頂にあるこの公園からは、それらすべてを望むことができる、360度絶景ビューの希少なスポットです。公園内にある5つのテラスは、足湯があったり、カフェ、ベッド型ソファがあるなど趣もいろいろなうえ、ハンモック広場やバラ園までも!

またここは、ロマンチックな「恋人の聖地」としても有名です。ちなみに山頂へ向かうケーブルカーの中にもロマンチックな仕掛けがあるのでお楽しみに♡晴れた爽快な景色も素晴らしいが、雨の日のより神秘的な景観もおすすめです。「天空庭園」と呼ぶのにふさわしい眺めをぜひ確かめてください!

カップルで一緒にこの鐘を鳴らすともっと幸せに♡

願いを書き込んだ“かわらけ(1枚100円)”を、絶景に向かって投げて願掛け!

天空庭園でもおいしいものを!

CAFE RAINBOW

「三ツ星若狭牛ステーキ」(2800円) きめ細かいサシが特徴のブランド牛を堪能して!

イタリア製の窯で焼き上げるピザ♪ 写真は「美浜トマトのマルゲリータ」

三方ガラス張りの展望レストランでは、福井ならではの食材を使った料理がラインナップ。石窯を使った本格的なピザや、郷土料理のへしこなど、どれも魅力的。

山頂カフェ なないろ

中央テラスにあるカフェでは、ご当地食材を挟んだフォカッチャのホットサンドも名物です。この眺めを楽しみながら「レインボーブルーティ」(400円)をどうぞ。

和風カフェ 五湖庵

名物の「焼きだんご」はみたらし、「味噌だれ」の他に、名産の梅にちなんで「梅たれ」味も(各400円)。焼きたての味わいは格別です。

レインボーライン山頂公園

問い合わせ
0770-45-2678
場所
福井県三方上中郡若狭町気山18-2-2
営業時間
9:00〜17:00(カフェは〜16:30、リフト・ケーブルカーの最終は上り16:30・下り16:50)※12/1〜2/28は9:00〜16:30 ※季節・天候により変更あり
定休日
無休(1〜2月は臨時休あり)
駐車場
あり
支払方法
カード可・電子マネー一部不可(QRコード決済可)
公式サイト
www.mikatagoko.com
入園料
1000円(リフト・ケーブルカー往復料金込)
アクセス
舞鶴若狭自動車道「若狭三方IC」より車で約20分

三宅彦右衛門酒造

季節限定の「浦底」など、地元でも入手困難なファン垂涎の日本酒たち。

「早瀬浦」は、スッキリかつ、ガツンとした辛口の日本酒で、多くの左党をトリコに。「宅彦右衛門酒造」は、1718年の創業以来、福井・嶺南の風土を生かした酒造りを貫いています。うまさの秘密の一つは、蔵内にあるミネラル豊富な井戸水が、発酵を促進する仕込み水となっていること。季節限定の商品も多いのでタイミングを逃さないで!

「早瀬浦 大吟醸 さかほまれ」(300ml・1430円)

三宅彦右衛門酒造

問い合わせ
0770-32-0303
場所
福井県三方郡美浜町早瀬21-7
営業時間
9:00~17:00
定休日
日曜不定休
駐車場
あり
支払方法
カード・電子マネー不可
アクセス
舞鶴若狭自動車道「若狭美浜IC」より車で約15分

日帰り観光モデルコース②里山周辺で“森林浴と歴史”を感じる旅

10:00 屏風ヶ滝
 ↓車で約10分
12:00 Café MIROKU
 ↓車で約40分
13:00 若狭鯖街道 熊川宿
 ↓車で約2分
14:00 Saba*Cafe

屏風ヶ滝

神秘的な美しさは三方五湖だけでなく、こちらでも体感!三方を岩に囲まれた落差20mの滝は、神聖で荘厳な雰囲気で訪れる者を楽しませてくれます。山の中だが、嶺南変電所の先にある登山口から遊歩道が整っているので、ビギナーの足でも30〜40分ほどで到着できるのも魅力。川の水音、鳥のさえずりなど辿り着く道程も、心が潤う景色の連続です。

屏風ヶ滝

場所
福井県美浜町新庄屏風ヶ滝
アクセス
舞鶴若狭自動車道「若狭美浜IC」より車で約25分

Café MIROKU

鹿肉をトマトと一緒にじっくり煮込んだ深みのある「スジトマトカレー」(1250円)

幼いころからジビエに親しみ、おいしい食べ方を知り尽くした店主が作る料理は、カフェでありながらレストランのよう。自信作のジビエをランチで気軽に味わえます。

耳川と緑に囲まれた、心地よい静けさが漂う。

森の中というロケーションの中、テラスに設けられたハンモックやブランコが、より一層「特別感」を演出します。

Café MIROKU(カフェ ミロク)

問い合わせ
0770-32-3369
場所
福井県三方郡美浜町新庄281-1-1
営業時間
10:00~17:00
定休日
火曜定休
駐車場
あり
支払方法
カード・電子マネー可
Instagram
@cafe_miroku
平均予算
昼1500円
アクセス
舞鶴若狭自動車道「若狭美浜IC」より車で約25分

若狭鯖街道 熊川宿

若狭の鯖を近江・京都へ運ぶ「鯖街道」の宿場町

1589年、小浜城の城主・浅野長政が、若狭街道(別名・鯖街道)の宿場町として整備したのが始まりで、江戸時代は鯖街道の中で一番栄えた宿場町だったそうです。現在は国の重要伝統的建造物群保存地区、日本遺産にも認定されています。当時の面影を大切に残しつつ、若者がオーナーとなったお店も登場するなど、より観光客を楽しませてくれる地に。

若狭鯖街道 熊川宿

アクセス
福井県三方上中郡若狭町熊川
公式サイト
kumagawa-juku.com

Saba*Cafe

食べ応えのある「サバサンド」は、ドリンク付きにすることもOK!

脂がのった厚みのあるサバを自家製パンで挟んだ「サバサンド」。地元産の獅子ゆず入りの調味料「柑なんば」のピリ辛ソースがアクセントになっています。そもそも「名産品のサバを、寿司以外でお客様を楽しませたい」という店主の思いから誕生したメニュー。店で使用する野菜は地元農家から仕入れるなど、地元愛も隠し味に。

天気のいい日はテラス席でまったりするのもおすすめです。

Saba*Cafe

問い合わせ
0770-62-9048
場所
福井県三方上中郡若狭町熊川12-16-2
営業時間
11:00~16:00(LO)
定休日
火・水曜定休(不定休あり)
駐車場
10台
支払方法
カード・電子マネー可
Instagram
@saba_cafe
平均予算
昼1200円
アクセス
舞鶴若狭自動車道「若狭上中IC」より車で約15分

※価格は税込み表記
※掲載内容は2023年2月時点の情報です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

グルメも絶景も!福井の日帰り観光モデルコース&おすすめスポット8選

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. おでかけ
  4. グルメも絶景も!福井の日帰り観光モデルコース&おすすめスポット8選

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。