絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

人気カステラ店がプロデュース!「NIKKI COFFEE SPACE」がオープン【三重・津市】
#カフェ

2023.5.16tue

人気カステラ店がプロデュース!「NIKKI COFFEE SPACE」がオープン【三重・津市】

真四角のキュートなカステラを展開する「DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)」は、知っている方も多いはず。

▼過去記事参照

Check!

三重「デ カルネロ カステ」のカステラが可愛すぎる!通販の購入方法やメニューをチェック

三重「デ カルネロ カステ」のカステラが可愛すぎる!通販の購入方法やメニューをチェック

わざわざお店に行って並ばなくても、かわいくておいしいお菓子がオンラインで簡単に手に入るこの時代。大切な人に贈るのも良し、自分で至福のカフェ時間を過ごすのも良し。そんな素敵なお取り寄せスイーツが満載の最新号『月刊KELLY』3月号「お取り寄せ」特集は、もうチェックしましたか? 今回は、お取り寄せ特集の中から、愛らしいカステラが話題の「デ カルネロ カステ(DE CARNERO CASTE)」をご紹介します! 三重「デ カルネロ カステ」のカステラが可愛すぎる!通販の購入方法やメニューをチェック 「デ カルネロ カステ(DE CARNERO CASTE)」のカステラの特長は、箱を開けた瞬間、思わず「わぁ!」と驚きの声をあげてしまうキュートなビジュアル。一口食べると、ふんわりとした食感と上品な甘さに、さらに笑顔がほころびます。 「羊のカスティーリャ」(プレーン、キューブ大8個、くまひつじ、21cm×9.5cm×H6.5cm、税込1836円) 「羊のカスティーリャ」は、三重県産の小麦粉「あやひかり」や四日市のハチミツなどを使った無添加の生地を焼き上げ、一つひとつ手作業で焼印を押し、箱詰め。 プレーンの他、「チョコ」「抹茶とあんこ」の3種類のフレーバーから選べ、キューブの大小、絵柄を自由にカスタマイズできます。 スパイスカステラ(4.8cm×14cm×H6.5cm、税込1080円) 7種類のスパイスに、カカオニブやラム酒が入った、風味豊かなカステラ。カステラと同じ柄が描かれたパッケージにも注目です。 オリジナルのボックスの他、贈答用化粧箱、誕生日用の包装も選択できます。 「三重本店」では、店頭受け取りも可能。大阪や東京にも支店を構えます。 心のこもった愛らしいお菓子が、何気ないお茶の時間を素敵なひとときに。ぜひ「デ カルネロ カステ」のカステラを味わってみてください。 デ カルネロ カステ(DE CARNERO CASTE) 問い合わせ 059-253-3333  住所 三重県津市長岡町3060-1 営業時間 11:00~18:00 定休日 無休 駐車場 15台 カード・電子マネー 可 アクセス 伊勢自動車道「津IC」より車で約5分 公式サイト https://decarnerocaste.net/ 注文方法 Webサイト、電話、店頭 ▼『月刊KELLY』3月号「お取り寄せ」特集の詳細はこちら 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2021.01.22月刊ケリー3月号は『おいしいお取り寄せ』特集https://kelly-net.jp/enjoytoday/2021012206001237971.html2020年大好評だった「神社とお寺と、おやつ」特集をグレードアップ!分散参拝を意識しながら、2021年の良いスタートを一緒に切りましょう。  ▼関連記事もチェック 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2021.01.26ツウが選ぶ、おすすめお取り寄せ3選!人気スイーツやご飯&パンのお供もhttps://kelly-net.jp/enjoytoday/2021012605504237934.html憧れのあの人は、普段どこのショップの、どの商品をお取り寄せしているんだろう?今回は、文筆家 甲斐みのりさんが選んだ、とっておきの品々をご紹介します。 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2021.01.27かわいい和菓子のお取り寄せ3選!岐阜の老舗のおすすめをチェックhttps://kelly-net.jp/enjoytoday/2021012705504437945.htmlお取り寄せ・通販で楽しめる、おいしい和菓子をご紹介!岐阜のローカルメディア「さかだちブックス」さんに、人気老舗店のおすすめ商品をピックアップしていただきました。

ですが、今年2月、デ カルネロ カステがプロデュースしたカフェがオープンしたのはご存じでしょうか?その名も、「NIKKI COFFEE SPACE」!

これまでのお店の雰囲気と比べ、ちょっぴり大人っぽいルックスの商品や看板も、なんだか気になるポイント。その理由を聞いてみると、とても素敵な答えが返ってきました。

閑静な住宅街にある、複合ビルにオープン

「NIKKI COFFEE SPACE」があるのは、三重県津市内の住宅街。デ カルネロ カステの本店の横に並ぶ、白い複合ビルの一室に店を構えています。

かわいらしくもスタイリッシュな雰囲気の看板を目印に、お店に入ってみましょう。

白を基調にした店内は、ナチュラルでどこかモダンな雰囲気。店内中央の大きなテーブルの下には、展示スペースも広がっていて、不定期でイベントを開催しています。撮影時はアパレルブランドが出展し、オーダー会を開いていました。

右側は、カステラをモチーフにしたオブジェ

店内のあちこちに、アートボードやオブジェ、ドライフラワーが置かれているのも印象的。センス良く置かれたインテリアは、お部屋のコーディネートの参考にもなりそうです。ぜひ店内をぐるりと見回して、お気に入りを見つけてみてください。

やっぱり外せない、カステラを使ったスイーツたち

「プレーンカステラ」(330円・テイクアウトは324円)と「カフェラテ(HOT)」(660円・テイクアウトは648円)

デ カルネロ カステといえば、やっぱりカステラ。「NIKKI COFFEE SPACE」でも、カステラを使ったスイーツがそろいます。

定番の味を楽しみたいなら、「プレーンカステラ」がおすすめ。厚さ6cmほどもあり、小ぶりながら満足感があります。底の部分には大粒のザラメが入っていて、ジャリッとした食感。どこか、懐かしさも感じられるスイーツです。

表面には、イラストレーター・しまむらひかりさんがこの店のために描き下ろしたイラストで作った、オリジナルの焼き印が押されています。他の店舗では見られないデザインで、デ カルネロ カステのファンも必見です。

「フルーツパフェ」(770円)。撮影日は「柑橘とレモンカードのパフェ」が登場。

もっと甘いものを楽しみたい気分なら、カステラを使ったパフェはいかが?「フルーツパフェ」には、小さく切ったカステラや生クリーム、旬のフルーツがたっぷり。添えたラスクもアクセントになっていて、さまざまな食感が楽しめます。

フルーツパフェの内容は、不定期で変わります。時期を変えて訪れて、そのときどきの味を楽しむのもいいですね。

「シュガーあげぱん」(315円)は、並べてもすぐに売り切れてしまう人気メニュー

この他、優しい甘さの「シュガーあげぱん」や、ホットサンドをはじめとした食事系のメニューも用意。ブランチ、ランチ、おやつと、どの時間に訪れてもお腹を満たしてくれますよ。

エスプレッソマシンは、県内でも導入数が少ないイタリアの〈サンレモ〉のものを使用

スイーツに目が行きがちですが、コーヒーにも注目。オーストラリアで修業をしたバリスタが、イタリア製のエスプレッソマシンを使って丁寧に淹れてくれます。コーヒー豆も、季節に応じて変えているそう。

バリスタ・平山さんにインタビュー

――「NIKKI COFFEE SPACE」って、かわいい店名ですね。

実は私が名付けたもので、「日記」から取ったんですよ。この複合ビルはデ カルネロ カステが所有しているんですが、長いと20年ぐらい続いているテナントもあって。今のこの場所も、以前は別の飲食店だったんです。そういう歴史の積み重ねの上に新しくできる店なので、過去の記録をつづって今がある…といった意味合いを込めました。

――これまでの歴史を踏まえて新しい出発、といったところですね。「デ カルネロ カステ」と比べるとグッと大人っぽい雰囲気に感じますが、あえて路線を変えたのでしょうか?

どちらかと言うと、「偶然変わった」のほうが近いですね。以前は別の飲食店だったとお話しましたが、その店は内装やインテリアが比較的スタイリッシュにまとまっていたんです。それで今回、「NIKKI COFFEE SPACE」をオープンするときに当時の雰囲気を活かしてみようということになって、現在の形に落ち着きました。

――逆に、「デ カルネロ カステ」の良さを引き継いだところはどこでしょうか。

まずは、デザートにはカステラを使うことです。他のメニューにも言えることとしては、使う食材にこだわっているところですね。基本的に地元の食材を使っていて、そうでない場合も添加物の入っていないものを選んでいます。

――世代を問わず、安心して食べられるメニューばかりなんですね。最後に、今後の展望を教えてください。

この店から、もっといろんなコミュニティが生まれていったらうれしいですね。テーブルの下にある部屋はイベントスペースとして貸し出しています。三重にはたくさんのクリエイターさんがいらっしゃるので、そういった方々に展示に使っていただけたらなと。そして、展示を見に来たお客さんとクリエイターさんの交流が生まれて、また別のつながりが生まれて…そんな流れができたら良いなと思っています。

WRITER Shimokawa

とにかく、「丁寧さ」を感じるお店でした。カステラやカフェラテも一見シンプルですが、その分、素材の味や手間をかけて作っていることがよく伝わってきます。そして記事には載せきれなかったんですが、玄関から店内までの空間もとっても素敵なんです…!ぜひ実際にお店に行って、皆さんの目で確かめてみてください。

NIKKI COFFEE SPACE(ニッキ コーヒー スペース)

場所
三重県津市長岡町3060-2
営業時間
11:00~17:00(フードLOは14:00、その他メニューのLOは16:00、テイクアウトのコーヒーのLOは17:00)
定休日
日・月曜(不定休あり)
駐車場
9台
支払方法
カード・電子マネー可
Instagram
@nikki_coffee_space
アクセス
伊勢自動車道「津IC」より車で約5分

撮影/千葉亜津子

※掲載内容は2023年5月時点の情報です
※価格はすべて税込み表記です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

人気カステラ店がプロデュース!「NIKKI COFFEE SPACE」がオープン【三重・津市】

WRITER

Hiroko Shimokawa

Hiroko Shimokawa

岐阜県岐阜市出身。雑誌編集者、子ども向けイベント屋を経て、2021年9月に独立。現在はフリーランスのライター・編集者として、様々なWebメディア・雑誌等で活動中。マイブームは香水集めと日本画を描くこと。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Hiroko Shimokawa
  4. 人気カステラ店がプロデュース!「NIKKI COFFEE SPACE」がオープン【三重・津市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。