絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

本格派コーヒーを飲みながら、ひとり時間が楽しめるカフェ「コクウ珈琲」【岐阜・美濃加茂市】
#カフェ

2023.5.27sat

本格派コーヒーを飲みながら、ひとり時間が楽しめるカフェ「コクウ珈琲」【岐阜・美濃加茂市】

今回は、雑誌『KELLY』7月号「推しカフェ」特集から、あべみっつさんの一押しカフェ、岐阜・美濃加茂市にある「コクウ珈琲」をピックアップ!

「おいしいコーヒーを片手に、ひとり時間を楽しむならここ!」とあべみっつさん。店主のセンスを感じる心地良い空間で、ゆっくり過ごすのにぴったりなカフェです。

ロケーション重視の人にぜひ行ってもらいたいカフェ「コクウ珈琲」の推しポイントを、詳しくご紹介していきます!

recommender
あべみっつさん

【PROFILE】飲食店プロデューサー。名古屋と岐阜を中心に、コーヒーショップやカフェの開業サポート、商品企画、業務用コーヒー機器と食器の卸売などを手がける。@abe_nagoya_mnkm

昭和元年に建てられた元郵便局の建物で、外観正面は当時の面影が残っています

歴史ある建物が残る中山道の宿場町。背後に木曽川が悠々と流れ、近くには、山々が見えます。そんな美しい風景と元郵便局の建物に惹かれ、店主はここに珈琲店を開きました。

好きなアート作品が映えるようホワイトキューブを目指した店内は、余分なものがなく心地良い空間となっています。ゆったりくつろげるよう低く作ったテーブルと椅子は、隣にショールームを構えるWOHLHÜTTE/にオーダーしたもの。

「この静かな空間でコーヒーを飲みながら、ぼーっとするのが至福の時間です」とあべみっつさん。コーヒーは、透明感のあるすっきりとした味わいで、豆による味の違いを楽しんでほしいと、コーヒーは2杯目から半額で提供しています。

後味のクリーンさを実現する「松屋式ドリップ法」と焙煎方法は、西尾市のフレーバーコーヒーで学ばれたそう。焙煎から抽出まで様々な工夫があるのだろうが、店主はあえて多くは語りません…。

カウンターでは常時11種類の豆を販売!パッケージは、銅版画家の奥さんがデザインされています

ぜひ足を運び、その味わいを体感してみては?

コクウ珈琲

問い合わせ
0574-49-9840
場所
岐阜県美濃加茂市太田本町1-7-1
時間
11:00〜19:00(LOは18:30)
定休日
木曜、第2・4水曜
駐車場
3台
支払方法
カード可・電子マネー不可
平均予算
昼1000円
公式サイト
cocu-coffee.com
アクセス
JR「美濃太田駅」より徒歩で約10分

※価格は税込み表記です
※掲載内容は2023年5月時点の情報です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

本格派コーヒーを飲みながら、ひとり時間が楽しめるカフェ「コクウ珈琲」【岐阜・美濃加茂市】

WRITER

Masahiro Sugiyama

Masahiro Sugiyama

金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。2016年秋から、地元・愛知へUターン。月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。』(ともに主婦の友社)など。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 美濃加茂
  4. 本格派コーヒーを飲みながら、ひとり時間が楽しめるカフェ「コクウ珈琲」【岐阜・美濃加茂市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。