絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

土岐でおすすめの温泉施設3選!日帰りから1泊まで“ととのう”休日を
#おでかけ

2023.5.28sun

土岐でおすすめの温泉施設3選!日帰りから1泊まで“ととのう”休日を

カラダ思いのスポットがあちこちにあると噂の「土岐市」。今回はそんな土岐市にあるおすすめの温泉施設をご紹介します。日ごろの自分にお疲れ様を込めて、まったりセルフメンテナンスはいかがでしょうか。

“焼き物のまち”を感じさせる天然温泉施設。
コスパ抜群の新・癒しの名所「とき温泉 KAMABA」

「1300年以上愛され続ける美濃焼のような湯屋に」がコンセプトの「とき温泉 KAMABA」。美濃焼のお皿が埋め込まれたエントランスの壁、館内のあちこちにディスプレイされている焼き物、美しいタイルが配された岩盤浴など、ミュージアム感のある造りが印象的です。

地下1500mから湧き出ている天然温泉が楽しめる湯処には、10種類の露天風呂、内湯の湯船が!広々とした露天風呂エリアでは天然温泉や炭酸泉などを、開放感の中楽しめます。 

気持ちのいい「シルクの湯」もおすすめ! ジェットバスなど、美容や健康にいいお風呂がいろいろ。

「焼き物のまち」らしく陶器の壺湯に入れば、ゆるゆると疲れが癒されます。4段の広々としたサウナルームも完備。

お楽しみの岩盤浴!「oribe」「shino」など焼き物に因んだ名前の部屋が4つあり、それぞれ異なる石、温度になっているから、比べてみるのも楽しい。新陳代謝を促す麦飯石を使った「kizeto」では、全4部屋それぞれ効能の違う石が使われています。 

「冷浴」でクールダウン。岩盤浴と交互に利用すれば、肌も活性化されるそう。

お腹が空いたら美濃焼の器を使ったレストランで郷土の味に舌鼓。地元岐阜の食材を積極的に採用したメニューがいろいろ。名物の「けいちゃん」で1杯も最高です。

ストレッチやゴロ寝ができる空間や個室、まったりできる「お茶の間」など、気分に合わせてリラックス。 

お菓子や乾物、お酒など、温泉地の土産物店のような充実のラインナップ。

ととのいコンテンツがたっぷりの「とき温泉 KAMABA」は、入館料(平日800円・休日900円)だけで岩盤浴、休憩処なども利用できるという、コスパ抜群なのも魅力!

とき温泉 KAMABA(トキオンセン カマバ)

問い合わせ
0572-56-2615 
場所
岐阜県土岐市土岐津町土岐口1372-1(イオンモール土岐敷地内) 
営業時間
10:00~23:00(最終受付 22:30)
定休日
無休(年4回ほど臨時休あり)
駐車場
あり(共用) 
支払い方法
カード・電子マネー不可 
公式サイト
https://www.kamaba-onsen.jp/
利用料
入浴料/大人800円(土・日曜、祝日は900円)※岩盤浴利用も込み
アクセス
東海環状自動車道「土岐南多治見IC」より車で約5分

グッドロケーションと美肌の湯。
「土岐よりみち温泉」で心もカラダもリフレッシュ!

とにかく気持ちがいいのは、見晴らしがいい展望露天風呂。高台に立地しているため東濃の風景が望め、また星空も少し近くに感じられます。

美肌効果が期待できるアルカリ性低張性温泉のお湯は、露天風呂、内湯の多彩な湯船で。天然温泉に炭酸ガスを溶け込ませた「超炭酸温泉風呂」や、週替わりの「展望替湯」、マイナスイオンがたっぷりの「シルキーバス」など、女性がワクワクするようなお風呂がそろうのも魅力。

純和風テイストの「森の湯」と和モダンな「空の湯」。二つあるお風呂は男女入れ替え制なので、リピしてそれぞれ楽しみたい。

8種類の生薬を配合した漢方塩サウナ体験もぜひ。生薬の有効成分と香りが疲れや痛みを癒してくれます。

「笑」「健」「爽」「静」「潤」「癒」の6ルームある岩盤浴ゾーンでもリフレッシュ!それぞれ、プラネタリウムスタイルやカラーセラピー、ミネラルたっぷりの岩塩を使用しているなど、趣向が異なるのも楽しい。

数種類の鉱石の砂利、岩盤、陶板の部屋「健」は、プラネタリウム感覚で。

よりリフレッシュしたいなら、ホットヨガレッスンや、アロマエステを利用してみても。

入浴後はレストランでご飯も楽しめます。野菜たっぷりのサラダなど、女性磨きをサポートしてくれるメニューもいろいろ。

土岐よりみち温泉(トキヨリミチオンセン)

問い合わせ
0572-55-4126 
場所
岐阜県土岐市土岐ヶ丘4-5-3 (テラスゲート土岐内)
営業時間 
9:00~23:00(最終受付22:00)
※岩盤浴は22:30(最終受付22:00)、第3火曜定休 
駐車場
あり
支払い方法
カード・電子マネー可 
公式サイト
https://www.yorimichi-onsen.jp/
利用料
入浴料/大人850円(土・日曜、祝日は950円)
※岩盤浴は入浴料に平日+720円・土・日曜、祝日+820円
アクセス
東海環状自動車道「土岐南多治見IC」より車で約1分
※営業時間・料金等の詳細はHPで要確認

せっかくだから、温泉宿に1泊。
料理も評判のレトロな小宿「柿野温泉 あさひ荘」

土岐市内には山神温泉と柿野温泉の2エリアに温泉宿があります。「柿野」は4つの宿から成る小ぢんまりとした温泉地ですが、かつては戦国武将も療養のため利用していたと言われるほどその歴史は古い。

「あさひ荘」では、男湯には露天風呂、女湯にはジャグジーが整っていて、ラジウムをたっぷり含んだちょっとヌルっとした温泉で癒してくれます。独特のやわらかいお湯は、湯冷めしにくく美肌効果も!

温泉、料理からも土岐の風土の恵みを!土岐をはじめとした郷土の味覚に出合えると、その味のファンも多い。

客室は全15室なので、静かにのんびりくつろげます。ワンコ同伴OKのプランも用意。 

日帰り入浴は、大人1000円・子ども500円で利用可能です。

柿野温泉 あさひ荘(カキノオンセン アサヒソウ)

問い合わせ
0572-52-2215 
場所
岐阜県土岐市鶴里町柿野1719-23
営業時間
IN 15:00/OUT 10:00 
利用料
1人1泊2食付1万5500円~
駐車場
あり 
支払い方法
カード・電子マネー不可 
公式サイト
https://toki-kankou.jp/spot/asahiso
アクセス
東海環状自動車道「せと品野IC」より車で約18分

※掲載内容は2023年2月時点の情報です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

土岐でおすすめの温泉施設3選!日帰りから1泊まで“ととのう”休日を

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 土岐
  4. 土岐でおすすめの温泉施設3選!日帰りから1泊まで“ととのう”休日を

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。