絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

日々の喧騒を抜け、心休まるひと時を。喜想菴の「喜想菴リトリートコース」で日本料理を身近なものに
#体験

2023.5.30tue

日々の喧騒を抜け、心休まるひと時を。喜想菴の「喜想菴リトリートコース」で日本料理を身近なものに

日常の忙しさを忘れ、日本料理の奥深さに触れることで、自分や大切な人と向き合う時間を提供する喜想菴

日本料理に対して、「敷居が高くて近寄りがたい」「懐石料理と会席料理は何が違うの?」といった考えを持っている人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな会席料理の文化を茶の湯とともに学ぶことができる「喜想菴リトリートコース」をご紹介します。

女将によるミニマナー講座も受けられるため、伝統的なルールや決まりごとを知らない人でも、このコースでは肩の力を抜いて、その奥深さとおもてなしの心を五感で感じることができます。

ぜひ、この機会に日本料理をもっと身近なものにしてみませんか?

にじり口の向こうに広がる非日常空間

“にじり口”とは茶室に入るための小さな入り口のこと。座ったままの姿勢で膝をするように移動する「にじる」という動作から名付けられました。現代の日常生活ではほとんど使うことがない動きです。そして、にじり口は日常と非日常を隔てる「結界」の役割を果たしているとも言われています。路地を抜け、ここに入った瞬間から、その場の一期一会を愉しみ、自分と向き合う「喜想菴リトリートコース」の時間が始まります。

運ばれてくる会席料理の合間には、日常生活ですぐに活かせる和食のマナーを女将から伝授してもらえます。伝統やしきたりは決して厳しいものではなく、料理を深く楽しむための、先人の知恵と想いが集まったものです。ほんの少しのマナーを知っているだけで、その時をさらに楽しむことができます。

茶の湯に触れる時間も大切に

食後は茶室として整えられた部屋で、抹茶を点てる体験を。難しい作法は一旦忘れ、まずは湯の湧く音に、茶筅を回す音にそっと耳を傾け、茶の湯の世界観をただ味わってみてください。

季節を五感で感じる会席料理

「喜想菴リトリートコース」は、茶の湯だけでなく、より季節を五感で感じられる、会席料理まで堪能できるものとなっています。全11品の料理には、毎月、旬の食材が使用され、一つひとつの料理には出てくる順番にも意味があります。

まずは、お白湯。喜想菴では料理が始まる前から、おもてなしが始まっていると考えられています。胃の負担を軽減する白湯を一口目に飲むことで、おなかが温まり消化をスムーズにしてくれるとか。その後の食前酒では、さっぱりとした季節のフルーツ酒をいただきます。

先付け

先付けでは、食が進みやすくなる酢で味付けられた一品が用意されます。

煮物椀

煮物椀では、魚のすり身をふわりと仕上げた練り物や、ゴマ豆腐、旬の食材を、一番だしで味わうことができます。店主こだわりの良質な昆布とカツオ節が合わさった一番だしには、香り高い上品な味わいが感じられます。最後の一滴まで残さず堪能してみてください。

お造り

鮮度の良い旬の刺身を味わえるお造り。季節によって変わるあしらいにまで、こだわりが詰まっています。また、市場にはなかなか並ばない和の食材に惹かれてしまいます。

お凌ぎ

緩急を極めた料理が楽しめるのも、会席料理の魅力の一つ。流れや順番だけでなく、間も大切にされています。そのため、お凌ぎには次の八寸まで一服するための「緩」の役割が。ほんの一口で食べられる、寿司や麺、そばなどが入っています。

八寸

山海の旬食材を使った和え物や珍味など、6品ほどが盛り合わさった八寸。季節の器や花などがあしらわれ、なんとも華やか!見た目にも心を奪われます。

炊き合わせ

炊き合わせは、野菜や魚介類などを素材の持ち味を生かした味付けで別々に炊かれ、それらが一つの器に盛り付けられています。だし汁まで味わってほしい、ほっとできる料理です。

飯物

飯物は、いわゆるメインディッシュ。農家から仕入れた甘みと粘りの強いお米が、土鍋で炊き上げられています。炊き立てが食べられるように、私たちのペースに合わせ、用意してくれるのも喜想菴ならでは。一緒に小吸い物や漬物まで楽しめます。

本来は、水分を多く含む果実やシャーベットが意味される水物。ここでは季節の果物を添えたゼリーやムースなど、店主が創作した独自のデザートが味わえます。

菓子・薄茶

菓子は、こだわりの北海道産小豆を使用した、自家製粒あんが自慢。創業当時から変わらない味で、多くの人から愛されています。薄茶とともに、食後のデザートを堪能するのも忘れずに。

味はもちろん、料理と器の相性が考えられた見た目でも、存分に四季を感じてみてください。

「喜想菴リトリートコース」は、気軽に茶の湯体験を楽しめるスタンダートプランから、2名からは貸し切りも可能になる特別プランまで用意されています。日常から離れてリフレッシュしたい自分自身と向き合う時間がほしい気軽に日本料理や茶の湯を体験したいという人におすすめです。

早速体験した人からは、「楽しく癒されるだけでなく、作法の知識も得られることがとても良かった」、「順番が食べる人のことを想って組み立てられていて感動した」との声が寄せられています!

予約方法は公式サイトをチェック。
普段とは一味違う特別な食事を通して、心がほっとするひと時を過ごしてみませんか?

お料理 喜想菴

お問い合わせ
0567-47-0015
場所
愛知県稲沢市平和町西光坊海道東373-2
営業時間
11:30~14:30、18:00~21:00
(「喜想菴リトリートコース」が体験できるのは昼のみ)
定休日
月・火曜
駐車場
あり
支払方法
カード可・電子マネー不可
公式サイト
https://kisouan-inazawa.com/
アクセス
名鉄「渕高駅」より徒歩で約16分


※掲載内容は2023年5月時点の情報です
※価格は税込み表記です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

日々の喧騒を抜け、心休まるひと時を。喜想菴の「喜想菴リトリートコース」で日本料理を身近なものに

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 体験
  4. 日々の喧騒を抜け、心休まるひと時を。喜想菴の「喜想菴リトリートコース」で日本料理を身近なものに

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。