絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

ヘルシーは正義!星ヶ丘のカフェ「TOMO CAFF'E」の手作り発酵ごはんとおやつ【名古屋市】
#健康

2023.6.3sat

ヘルシーは正義!星ヶ丘のカフェ「TOMO CAFF'E」の手作り発酵ごはんとおやつ【名古屋市】

ジムに通い始めて4ヶ月。食にも気を遣うようになったケリー編集部・国田が、身体に優しいヘルシーメニューを提供している東海のお店をご紹介します!

第3回目は、手作り発酵ごはんとおやつのお店「TOMO CAFF’E」。2023年4月に「星が丘テラス THE KITCHEN 2」にて、移転オープンしました。

始まりは愛する我が子を応援する“手作り弁当”から

「TOMO CAFF’E」ができたのは、二児の母であるオーナーの早川さんが、大学受験のために、塾で遅くまで頑張る娘さんを応援するために作っていたお弁当がきっかけ。夏場は夜になるとお弁当が腐ってしまう…。そこで、星ヶ丘テラスや三越にあるお弁当を食べさせようと試みましたが、お店はたくさんあるのに、身体に優しいお弁当がなかったそうです。受験生は、なかなか栄養が摂れないので、「ないなら作ろう!」と、早川さん自ら“塾弁”を作ったのが始まり。

お店のオファーがあり、9年前に名東区に「TOMO CAFF’E」をオープンしました。その後、事業を拡大し、セントラルキッチンとして「TOMO DELI」を、「星が丘テラス THE KITCHEN 1」に3店舗目をオープンしたそうです。そして、「食にこだわった施設を」ということで、「星が丘テラス THE KITCHEN 2」からオファーがあり、3店舗を閉めて、4月に移転オープンすることになりました。

オーナー・早川さんがモデルのロゴマークが目印♪

移転オープンした「TOMO CAFF’E」では、出来立てをその場で味わえるイートインスペースを併設しており、前の店舗より約5倍も大きくなったそう!

“まごわやさしい”、「胃ごこちのいい」発酵ごはん

ショーケース内のお惣菜は、ほとんどが日替わりで、肉・魚料理が5、6種類と、お創菜が6〜8種類並びます

「TOMO CAFF’E」のコンセプトは、「食の大切さを考えるきっかけになる一食を届けたい」。また、「胃ごこちの良さ」を追求しており、“まごわやさしい”豆・ごま・わかめ・野菜・魚・しいたけ・芋をバランス良く摂取できるお創菜が人気です。

ただお腹を満たすだけの商品が身の回りにあふれていて、何も考えずに買ってしまうことがよくありますが、胃の心地で身体が元気になったり、肌の調子が改善されたりするそうです。「何を食べたら心地が良いのか?」「本当の栄養ってなんだろう?」食の選択肢を見つめ直し、そこに気づいてほしいという思いで、お客さんにお料理を提供しています。

「えらべるプレート」(1350円〜)※スープは日替わりで、この日は玉ねぎスープでした

「えらべるプレート」は、メイン1品とサイド3品を選ぶことができ、おむすび2つと発酵卵焼き、スープがセットになっています。三角がかわいいおむすびは、黒米を混ぜたコシヒカリ。ヘルシーでバランスの良い食事がワンプレートで摂れます♪

開店から人気No.1の「トマトで煮込んだキーマカレー(中辛)」(1100円)

「塩麹にんじんラペ」付きの「キーマカレー」は、オーナーのお家のメニューから商品化されました。カレールーやラードは一切使用せず、無水調理で、野菜の水分だけで煮込んでおり、スパイスをオリジナルでブレンドして仕上げています。そのため、胃に負担がかからず、トマトや玉ねぎの旨みをダイレクトに感じられます。

野菜を細かく切るなど、手間ひまかけて作る福神漬けは、7種類の野菜が入っていることから「七福神漬け」と名付けられています。

「トマトで煮込んだキーマカレー」(780円)

店頭やオンラインショップでは、レトルトも販売しており、よりたくさんの人に食べてもらうために甘口となっています。カレーライスとしての楽しみ方以外にも、パスタソースやグラタンソース、オムレツソースとしても使用できます◎。

「米麹×納豆のW発酵!こだわり納豆麹丼」(1000円)

こちらも「塩麹にんじんラペ」付きで、売れ切れてしまうほど人気の一品。米麹は、オーナーさんの地元・豊橋から、一般的なものより粒の大きい生の米麹を取り寄せ、納豆と合わせて納豆麹に。たっぷりごはんにかけて、腸活しましょう!

「ちょこっとセット」(650円)

おむすびと、定番メニューの「甘酒漬け鶏のから揚げ」「塩麹にんじんラペ」のセットで、ちょこっとお腹を満たしたい人やお子様におすすめの「ちょこっとセット」も。

「えらべるお創菜だけ弁当」(1500円〜)

キーマカレー・甘酒漬け鶏のチキン南蛮・本日の丼ぶりから選べる「TOMO丼」(950円)やお弁当など、テイクアウトメニューも充実しており、お創菜を量り売りで購入することも可能です。

青のギンガムチェック柄が映えて、かわいい〜♡

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

ヘルシーは正義!星ヶ丘のカフェ「TOMO CAFF'E」の手作り発酵ごはんとおやつ【名古屋市】

WRITER

Mamu Kunita

Mamu Kunita

富山県出身。雑誌『KELLY』のアートディレクターで、編集は勉強中。写真を撮ること、音楽を聴くこと、料理を作ることが好き。東海の良さを“言葉”と“写真”と“デザイン”で伝えたい。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 健康
  4. ヘルシーは正義!星ヶ丘のカフェ「TOMO CAFF'E」の手作り発酵ごはんとおやつ【名古屋市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。