絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

おいしさ引き出す “ハーブ&スパイス” の贅沢ランチ!「ソボカイ食堂」【瀬戸市】
#ランチ

2023.6.21wed

おいしさ引き出す “ハーブ&スパイス” の贅沢ランチ!「ソボカイ食堂」【瀬戸市】

名鉄「尾張瀬戸駅」から徒歩15分、“食事は楽しい”がコンセプトのマルミツポテリが、カフェや食器店、料理教室など、あわせて5店舗をリニューアルオープンしました!

2023年4月にオープンした「ソボカイ食堂」で楽しめるランチは、 素材のおいしさを最大限に引き出しながら、“ハーブ&スパイス” を掛け合わせる、贅沢なコースメニュー。今回はその魅力を紹介します!

“ハーブ&スパイス” の可能性に驚く、贅沢ランチを紹介!

「Pasto -お食事- (スープ+フォカッチャ+セコンド+パスタ)」(3000円)

「ソボカイ食堂」のランチは、「スープ」「フォカッチャ」「セコンド(肉や魚を使った前菜)」「パスタ」が楽しめるコースメニューとなっています。

スープ:「にんじんとフェンネルのスープ 鶏のブロード」

「にんじんとフェンネルのスープ」は、鶏がらと香味野菜で出汁をとったスープに、たっぷりのにんじんを加え、生のフェンネルが上にのっています。ローストされたにんじんの甘みがスープに溶け出し、フェンネルの甘くスパイシーな香りが口の中に広がります。

フォカッチャ:「ローズマリー香る自家製フォカッチャ」

「ローズマリー香る自家製フォカッチャ」は、玉ねぎのしっとり感とじゃがいものもちもちに、ローズマリーのさわやかな香りがアクセントになっています。

セコンド:「豚肩ロースの大きなポルケッタ イタリアンパセリとローズマリー」

「ソボカイ食堂」の「セコンド(肉や魚を使った前菜)」は、お肉かお魚を選ぶことができます。この日は「豚肩ロースの大きなポルケッタ イタリアンパセリとローズマリー」をチョイス。「ポルケッタ」は、豚肉でローズマリーとパセリを巻いた、イタリアの伝統料理です。表面にはしっかりと焼き目をつけて、中は低温調理でしっとりと焼き上げることで、うま味が閉じ込められています。

「セコンド」を彩る野菜は、グリルで香ばしく焼き上げられたアスパラガスや、素材本来の甘みがとろけ出す皮付きの新玉ねぎ。ジューシーで肉厚なポルケッタと素朴な味わいの野菜が、相性ぴったりです!

パスタ:「3種の調理法で作るトマトソースポモドーロ たっぷりのミントを添えて」

パスタは、3種類から選ぶことができます。今回選んだのは、「3種の調理法で作るトマトソースポモドーロ たっぷりのミントを添えて」。

一般的に「ポモドーロ」はとてもシンプルなトマトパスタのことですが、「ソボカイ食堂」の「ポモドーロ」は、3種類のトマト(長時間煮込んだトマト・フレッシュで新鮮な生トマト・乾燥したドライトマト)を絡めることで、コクや酸味、甘みが感じられるトマトソースになっています。

そして最後には、これでもかというほどたっぷりの「ミント」をオン!ミントのさわやかな香りに、濃厚なトマトソースが相性抜群でした。

食事を楽しくする「食器」へのこだわり。

「マルミツポテリ」のお皿

「ソボカイ食堂」では、お料理を提供する「食器」にもこだわりがつまっています。使われている食器ブランドは、マルミツポテリが展開する2つの食器ブランド、「sobokai(ソボカイ)」と「studio m’(スタジオ エム)」。

「sobokai」は、ホテルやレストランで使われることを想定したプロユースブランド。「studio m」は、家庭で使われることを想定してつくられた温かみのあるホームユースブランドになっています。

「ソボカイ食堂」で使われている食器は、料理に合わせて一つひとつ丁寧に選ばれており、料理をお皿にシンプルに配置することで、できるだけお皿の素材感が伝わるように考えられています。

「いちごとジャスミンのタルト」がのったお皿

実際に気になるお皿が見つかったら、ぜひ「ソボカイ食堂」のとなりにある食器店に足を運んでみてください♪ お店で提供されている食事のメニュー名と一緒にお皿が紹介されているので、簡単に見つけられますよ!

幸福感のある大きなタルトで至福のカフェタイム♡

「キャラメルナッツとフェンネルのタルト」(1000円)

14時からは、本日のタルトやハーブティーが楽しめる、カフェタイムがはじまります♪ 一番人気の「キャラメルナッツとフェンネルのタルト」は、ピスタチオやくるみ、アーモンドがザクザクとのった大きなタルト♡ 発酵バターをたっぷり使ったタルト生地とナッツに、フェンネルの甘い香りがアクセントです!ぜひカフェタイムも楽しんでみてくださいね!

「ソボカイ食堂」店内

新鮮ハーブを自家栽培♪「ソボカイハーブガーデン」

「ソボカイハーブガーデン」

“ハーブ&スパイス” をふんだんに使用した「ソボカイ食堂」のお料理には、敷地内にある、「ソボカイハーブガーデン」の新鮮なハーブが使われつかわれています。摘みたてのハーブは香りも格別。6月は夏の暑さにぴったりな、清涼感あふれるバジルや大葉も登場します。ぜひ「ソボカイ食堂」に訪れた際は、「ソボカイハーブガーデン」も一緒にのぞいてみてくださいね♪

焼き菓子のテイクアウト販売「HUTTE by ROSEMARY」

「HUTTE by ROSEMARY」

「HUTTE by ROSEMARY 」は、ローズマリー畑の隣にある山小屋が目印で、「ソボカイ食堂」で食べられるタルトやフォカッチャ、焼き菓子などがテイクアウトできます!

ローズマリーの自家製フォカッチャ(600円)

ここでも食器を選ぶことができ、陳列される食器は、月ごとにテーマが決められています。今回のテーマは「初夏の爽やかなお皿」で、つばめをモチーフにした食器や、水色がかった食器が並べられていてとてもかわいらしかったです。

ライター・ぴさき

「ソボカイ食堂」の贅沢ランチは、心も身体も元気になるコースメニューでした。大切な人との記念日や、自分へのごほうびに、ぜひ「ソボカイ食堂」での素敵な1日を過ごしてくださいね。

ソボカイ食堂

問い合わせ
0561-88-1211
場所
愛知県瀬戸市祖母懐町45
営業時間
11:00〜17:00
定休日
火曜
駐車場
21台
支払方法
カード可
Instagram
@sobokaishokudo_marumitsu
公式サイト
https://www.marumitsu.jp/sobokai-shokudo/
アクセス
名鉄「尾張瀬戸駅」より徒歩で約15分


撮影・取材・文/ぴさき

※価格は税込み表記です
※掲載内容は2023年6月時点の情報です。

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

おいしさ引き出す “ハーブ&スパイス” の贅沢ランチ!「ソボカイ食堂」【瀬戸市】

WRITER

pisaki

pisaki

そこでしか味わえない体験やご当地グルメが大好き。年間150日以上旅をしながら、地域の魅力を写真や文字で伝えている。好きな言葉は「心踊る瞬間」。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. pisaki
  4. おいしさ引き出す “ハーブ&スパイス” の贅沢ランチ!「ソボカイ食堂」【瀬戸市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。