絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

KELLY編集部の「スマホの裏側」がキになる!こだわりポイントも調査
#ファッション

2023.6.28wed

KELLY編集部の「スマホの裏側」がキになる!こだわりポイントも調査

編集部・キムラが気になるあれこれをご紹介する企画「編集部・キムラのキになるコト」。前回はこちら↓

第二回目は、ズバリ「スマホの裏側」です。

持ち主の個性や好みが出る“スマホ”。ステッカーを貼ったり、ケースにこだわったり。透明ケースならアレンジ無限大なので、自分だけのスマホを作ることが出来ます。 いつも持ち歩くものだからこそ、こだわりたい!だけど色んな方法があるからどうやってかわいくするか悩む…。

そこで今回は、おしゃれさんが多いKELLY編集部メンバーや社内の方々のスマホの裏側を調査!それぞれのこだわりポイントも教えてもらいました。

まずは編集部・キムラのスマホをご紹介

いつもスマホをどこかに置いていって失くしてしまうので、「Topologie」のスマホストラップを愛用。肩や首にかけられるので、肌身離さず持つことができます。

好きなバンドのロゴステッカーと、舌が出ているのがチャームポイントの「ムーチョ」(@mucho_world)くんのステッカーを使用。こだわりは特に無く、ただ好きという気持ちのみ…。

さっそく皆さんのスマホを見せてもらいましょう!

「バンド愛は誰にも負けないで賞」編集部・セトさん

まずは、今年入社した新人編集者・セトさんのスマホの裏側をご紹介。

「Hump Back」や「PEOPLE 1」などの最近注目されているバンドのステッカーがたくさん入っていて、休日には必ずフェスやライブに行くほど、邦ロック愛にあふれている瀬戸さんならではです。数枚のステッカーを綺麗にまとめているのがすごい!

瀬戸さんも「Topologie」のスマホストラップを愛用しています。

キムラ

せっかく購入したステッカーも持て余してしまうのが悩みです。どうしたらこんなにまとまるのか、キになります!

セトさん

ただステッカーを入れるのではなく、なるべく同系色でまとめて、統一感が出るようにバランスを考えて入れています!今のだと赤と紫と白でまとめていて、三色以上はあまり使わないようにしているのがこだわりです。ステッカーが好きで、かわいいステッカーをいつも探してます!

★これまでに瀬戸さんが書いた記事はこちらから

「思い出が詰まっているで賞」編集部・ナカネさん

カフェ巡りが趣味の編集部・ナカネさんのスマホの裏側は、高い機能性を兼ね備えているiFaceのケースに、1枚のショップカードというシンプルなデザイン。

ショップカードは山梨県にある「the;kokubo」というカフェのもの。
よっぽど思い入れのあるカフェなのかと興味津々で話を伺うと、なんと、まだ行ったことがないそう(!?)…ということで詳しく聞いてみました。

キムラ

このカフェの正体がキになります!

ナカネさん

今年のGWに山梨へ旅行に行って、いちご狩りをしたんですが、そこのオーナーに教えてもらったカフェなんです。ただ、その時車で来ていなかったので距離的に厳しくて、泣く泣く諦めたんです…。SNSで調べてみたらすごく好みの雰囲気だったので、次こそ絶対に行く!という気持ちで入れました。何よりショップカードのデザインがかわいくて、素材も麻で出来ているのが魅力的です。

★これまでの中根さんの記事はこちら

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

KELLY編集部の「スマホの裏側」がキになる!こだわりポイントも調査

WRITER

Eri Kimura

Eri Kimura

三重県出身。学生時代は、読書や映画鑑賞、バンド活動に、アパレル店員として働くなど多趣味全開で奔走。現在は新人編集者として奮闘中!

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. ファッション
  4. KELLY編集部の「スマホの裏側」がキになる!こだわりポイントも調査

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。