絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

キュートなビジュアルのトリコ♡ 味も見た目も大満足な、愛知の“映え”かき氷4選
#スイーツ

2023.9.2sat

キュートなビジュアルのトリコ♡ 味も見た目も大満足な、愛知の“映え”かき氷4選

味だけでなく、その見た目でも食べる人の心をトリコにする “映えかき氷”。今回は、思わず写真を撮りたくなってしまうキュートなかき氷を提供する、愛知県のお店を4軒ご紹介します!

現役大学生による、かわいくて個性的な映え氷はいかが♡「KORI」

「橋本造園」が運営するシェアガーデンの一角で間借り営業を行っているのは、なんと現役の大学1年生!両親の協力のもと、定番かき氷からフルーツかき氷、さらに17時30分〜の夜営業では、アルコール入りの“大人のかき氷”など、多彩なメニューを展開しています。

「カルピスキウイかき氷」(850円)※6月〜9月下旬

キウイフルーツは前日にカルピス漬けにしているので、マイルドな酸味と甘さに。愛らしく個性的な見た目は「映え」間違いなし!

高校の時にお菓子作りにハマり、独学で試行錯誤しながらメニューを開発したそうです。

パインを丸ごと使った贅沢なかき氷「パイナップル」(1500円)は、数量限定のため事前予約推奨です。

地元民に愛される、シェアガーデン「bench」ではカフェやお弁当屋などが出店します。

KORI(コオリ)

お問い合わせ
なし
場所
愛知県豊川市宿町水入48
営業時間
11:00〜17:00(LOは16:00)
17:30〜20:00(LOは19:00※ナイトガーデン雨天中止時は16:00)
営業日
土曜のみ営業
駐車場
15台
支払方法
カード・電子マネー不可
Instagram
@__.kor_i
アクセス
名鉄「伊奈駅」より徒歩で約12分

食べ進めるごとに広がる、“三桃三様”の味わい。「勝川カフェ mom」

手作りと季節感にこだわった、ランチメニューやスイーツがそろっています。初夏ごろからスタートするかき氷は、かなりのボリュームながらペロリと食べられますよ。和風かき氷に使う黒蜜が、今年から自家製へとバージョンアップするなど、他のかき氷メニューからも目が離せません。

「生桃ミルク」(850円)※7月中旬〜9月上旬

フレッシュな桃の他、自家製の桃ジャムや桃シロップがON。濃厚な練乳もかけられ、スプーンが止まりません。

春日井市民に愛されるカフェです。かき氷は期間限定を含めて、約15種類がスタンバイしています。

勝川カフェ mon(モン)

お問い合わせ
0568-31-2232
場所
愛知県春日井市勝川町7-24 ネクシティパセオ101
営業時間
8:30〜20:00(LOは19:00)
定休日
木曜
駐車場
なし
支払方法
カード不可・電子マネー可
Instagram
@kachigawacafe_mon
アクセス
JR「勝川駅」より徒歩で約3分

皮ごとペーストにした生レモンの、果汁とピールはさわやかさ満点◎。「3696喫茶室」

緑豊かな景色を見ながら、ビストロ風の料理をカフェで気軽に味わえます。デザートメニューも充実し、夏になるとかき氷が登場。オレンジ風味のブルーキュラソーシロップが特徴的な「檸檬サワー」にかき氷は、種を取り、皮ごとペーストした生レモンを使用しています。

「檸檬サワー」(950円)※5月上旬〜10月上旬

かき氷の中に隠れたバニラアイスで、最後はクリームソーダのような味わいを楽しめるのが、店主の狙いです。

焦げる寸前までキャラメリゼされた、カラメルソースがアクセントの「クラシックぷりん」(550円)。

カウンター席からは、季節の移り変わりを感じる庭が眺められます。

アンティーク調の扉と、リースのようなロゴマークがかわいい♡

3696喫茶室(ミロクロキッサシツ)

お問い合わせ
0563-74-5005
場所
愛知県西尾市一色町赤羽後田23-5
営業時間
11:00〜16:00(LOは15:30)
定休日
水〜金曜
駐車場
10台
支払方法
カード・電子マネー可
Instagram
@3696kissa_situ
アクセス
名鉄「西尾駅」より車で約12分

スノードームの中から、旬のフルーツがお目見え。「喫茶室 転々/書庫 山閒秋夜」

かき氷は夏季限定で、美しい見た目に魅了されるファンが多いです。生クリームで氷一面をデコレーションしたドームの中には、旬のフルーツとミルクやフルーツのシロップ。底には、薄いクッキー生地のクランブルが。天然水氷を細かく削り、ふわふわとした口当たりを実現しています。

「スノーケーキ(いちご)」(1500円※フルーツによって異なる)※7~9月末(完全予約制)

「ノリタケ」のスープ皿で提供。氷は春日井市にある氷室「氷屋川久」、フルーツはイチゴや桃など、入荷時期によって変わります。

「誰かの居場所になれたら」と、築70年の古民家をリノベーションして店をオープンしたそうです。

喫茶室 転々/書庫 山閒秋夜(キッサシツ テンテン/ショコ サンカンシュウヤ)

場所
愛知県豊田市桑原田町宮下14
営業時間
営業時間は日によって異なる
定休日
不定休
駐車場
15台
支払方法
カード・電子マネー可
Instagram
@coffee.cake.ten.ten
アクセス
東海環状自動車道「鞍ヶ池スマートIC」より車で約20分

※価格は税込み表記です
※掲載内容は2023年7月時点の情報です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

キュートなビジュアルのトリコ♡ 味も見た目も大満足な、愛知の“映え”かき氷4選

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 春日井
  4. キュートなビジュアルのトリコ♡ 味も見た目も大満足な、愛知の“映え”かき氷4選

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。