絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

忙しい朝でも簡単に作れる!食パンアレンジレシピ「チーズガレット風トースト」
#レシピ

2023.9.20wed

忙しい朝でも簡単に作れる!食パンアレンジレシピ「チーズガレット風トースト」

ブームから定番になってきている食パン専門店。せっかく食べるなら、いつもと違ったアレンジで味わいたくありませんか?

そこで、「忙しい朝でも簡単に作れる」をテーマにした食パンアレンジレシピをご紹介します。

今回は「HARE PAN(ハレパン)」の食パンを使った“チーズガレット風トースト”をご紹介!

パンの優しい甘さを生かす薄切りチーズが絶妙!“チーズガレット風トースト”

チーズガレット風トースト

材料(1人分)
食パン…2枚
ピザ用チーズ…40g
ベビーリーフ…ひとつかみ
生ハム…2枚
クレソン…1本
ドレッシング…お好みで適量
作り方
1. 1cmにスライスした食パンを2枚用意する。
2. テフロン加工のフライパンに、ピザ用チーズを半量入れて火にかける。
3. チーズが溶け出したら食パン1乗せて、チーズが焼けてカリカリになるまで焼く。これをもう1枚作る。
4. 3とベビーリーフ、食べやすく切った生ハム、クレソンをさらに盛る。お好みでドレッシングをかける。

STEP1.
1cmにスライスした食パンを2枚用意する。

STEP2.
テフロン加工のフライパンに、ピザ用チーズを半量入れて火にかける。

STEP3.
チーズが溶け出したら食パン1乗せて、チーズが焼けてカリカリになるまで焼く。これをもう1枚作る。

STEP4.
3とベビーリーフ、食べやすく切った生ハム、クレソンをさらに盛る。お好みでドレッシングをかける。


FOOD
COORDINATER

野菜も一緒に皿に盛り付けることで彩りをプラス。ドレッシングは、フレンチやイタリアン系がベストマッチ!フォークとナイフを使って、いつもと違うスタイルで食べてみてください。(フードコーディネーター・和田万裕さん)

パン本来の味と柔らかさも堪能できる贅沢食パン

「純生食パン」

「HARE PAN」オリジナルブレンドの小麦粉を贅沢に使用した食パンは、卵不使用のため、アレルギーを持つ人でも安心して食べることができます。ふわっとした甘みは、食パンを焼く温度と時間の絶妙な調節によるもので、その甘みをより一層引き出すために、食パンは少し薄めにスライスするのがおすすめです。

今回のレシピで使う”純生食パン”は和食料理人・中川透さんが監修。食パンの片面だけをチーズと一緒にフライパンで焼くことによって、チーズのカリッと食感、食パンの柔らかさのコントラストまで味わえるようになっています。

HARE PAN

公式サイト
hare-pan.com
LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

忙しい朝でも簡単に作れる!食パンアレンジレシピ「チーズガレット風トースト」

WRITER

Mizuki Seto

Mizuki Seto

愛知県出身。大学でデザインについて学び、編集職に憧れて入社。趣味はテニスと好きなバンドのライブへ行くこと。休日は愛用のカメラを片手に気になるカフェを巡っている。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. レシピ
  4. 忙しい朝でも簡単に作れる!食パンアレンジレシピ「チーズガレット風トースト」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。