絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

「DXTEEN」が2ND SINGLE『First Flight』をリリース! 大久保波留さん・田中笑太郎さん・谷口太一さんにインタビュー
#インタビュー

2023.9.25mon

「DXTEEN」が2ND SINGLE『First Flight』をリリース! 大久保波留さん・田中笑太郎さん・谷口太一さんにインタビュー

2023年5月に、『Brand New Day』でデビューした、6人組のグローバルボーイズグループ「DXTEEN(ディエックスティーン)」

待望の2ND SINGLE『First Flight』を、2023年9月6日(水)にリリースしました!

リード曲「First Flight」は、やっと手にした夢に向かって、これから飛び立とうとする、DXTEENのメンバー6人の姿を描いた、デビュー前のビハインドストーリーになっています。

今作にはリード曲の他、80s映画のサウンドトラックを思わせる、レトロフューチャーなPOPサウンドの「Dive」
期待と不安、心躍るトキメキを歌う、この夏の淡い初恋を思わせる「Next」
キラキラとしたシンセピアノとPOPに跳ねるベースやリズムが特徴の「Firework」と、3曲が収録されています。

『日刊KELLY』ではリリースを記念して、「DXTEEN」の大久保波留(なる)さん・田中笑太郎さん・谷口太一さんにインタビュー!!

楽曲のことや準備期間のエピソード、5月に開催された「LAPOSTA 2023」のことなど、たっぷり伺いました♪

▼「DXTEEN」デビューインタビューはこちら!

Check!

話題の6人組ボーイズグループがついにデビュー!「DXTEEN」の寺尾香信さん・福田歩汰さん・田中笑太郎さんインタビュー

話題の6人組ボーイズグループがついにデビュー!「DXTEEN」の寺尾香信さん・福田歩汰さん・田中笑太郎さんインタビュー

一年以上におよぶ韓国でのトレーニングを経て、2023年5月10日(水)にデビューした、6人組のグローバルボーイズグループ「DXTEEN(ディエックスティーン)」。 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』で結成された「JO1」や「INI」が所属するLAPONEエンタテインメントの新グループということもあり、デビュー前から話題に! 今回はデビューを記念して、「DXTEEN」の寺尾香信さん・福田歩汰さん・田中笑太郎さんにインタビューしました! DXTEEN(ディエックスティーン) プロフィール 「JO1(ジェイオーワン)」、「INI(アイエヌアイ)」が所属するLAPONEエンタテインメントの新グループ。「数々の失敗にもあきらめず、夢に向かって走るDXTEEN」というグループコンセプトのもと誕生。グループ名には、「DREAM X TEEN = 夢を拡張、拡大していく青春たち6人の無限な可能性」という意味が込められている。メンバーは、大久保波留・田中笑太郎・谷口太一・寺尾香信・平本健・福田歩汰。 個人のキャラクターが光る「DXTEEN」の自己紹介 ――デビューおめでとうございます! まずは自己紹介をお願いします。 寺尾さん 広島県出身の19歳。島生まれ・島育ち、お寺の息子 寺尾香信です! ――お寺の息子さんなんですね! 撮影中にメンバーのお二人から「お坊ちゃんっぽい」と言われていましたが、“お坊ちゃんエピソード”はありますか? 寺尾さん 思い返すと、地元の方たちからは普通に「お寺のお坊ちゃん」と呼ばれていましたね。でも、お寺のお坊ちゃんとしての自覚はあんまりないです(笑)。 田中さん 山梨県出身、「DXTEEN」の末っ子・田中笑太郎です。 ――料理が得意と伺いました! 田中さん そうなんです! 韓国合宿の時に、「DXTEEN」の料理長としてメンバーに夜食とか作ってました。 福田さん 練習が終わって帰ってきたら、笑太郎はキッチンに向かうルーティーンができてました(笑)。 寺尾さん 練習終わりはみんなお腹も空いているし、韓国のお店は、韓国人向けの味付けの料理が多いので、日本人の舌に合う料理を笑太郎が作ってくれていました。 ――得意料理はなんですか? 田中さん みんなが好きって言ってくれるのは、チャーハンです! あと前に、から揚げを作ったらめちゃくちゃ好評でした! 寺尾さん 本当においしかった! 福田さん 絶品です!! ――おいしく作るためのポイントは? 田中さん チャーハンはスピードが命です。(キリッ) 寺尾さん・福田さん (笑) 田中さん 韓国の宿舎はIHなので、火力が低くて、どうしても時間がかかってしまうんです。火力マックスでやっているんですけど、僕はやっぱり直火で作りたいですね。 寺尾さん しかも、食べ盛り6人分だから、チャーハンがすごい量になるんですよ(笑)。 福田さん たまにお手伝いしているんですけど、笑太郎の隣で黙々とご飯を入れています(笑)。 寺尾さん 合宿期間は、笑太郎のチャーハンで元気に頑張りました!! 福田さん 栃木県出身、20歳の“のんびり ぽわぽわ”お兄ちゃん・福田歩汰です。 ――自分でも“のんびり ぽわぽわ”しているな~と思うことはありますか? 福田さん こういう取材の場ではしっかりしようと思っているんですけど、家にいる時は基本、自分だけの世界でぼーっとしていたいんですよね。マイペースなんですけど、しっかりする場面では、“お兄ちゃんしている”と思っています。 寺尾さん 本当に寝るのが大好きなんですよ。 福田さん 休みの日はお昼まで寝ていますね。 田中さん 宿舎で歩汰くんと同じ部屋だったんですけど、ずっと一緒に寝ていました。 福田さん 笑太郎を起こして、ご飯を作ってもらって、また寝るっていう(笑)。 寺尾さん それで、夜も普通に寝るんですよ!(笑) 福田さん 練習で疲れているっていうのもあって、たくさん寝れます(笑)。あと、人と同じことをしていても、特技とは言えないと思って、他の人と違った角度の特技をもちたいと思っています。 寺尾さん もしかしたら「変わってる特技100連発」とかできるようになるかもね! 「〇番やって」ってお願いしたら、すぐに披露してくれるみたいな(笑)。 福田さん 日々、特技を身につけていきます(笑)。 次のページ… 「Brand New Day」の好きなところと注目ポイント! 左から「DXTEEN」の福田歩汰さん・寺尾香信さん・田中笑太郎さん ――今日はプロモーション活動で名古屋に来られましたが、プライベートで名古屋へ来たことはありますか? 寺尾さん 幼少期に家族旅行で来たことがあるのですが、あまり記憶がなくて…。うな重を食べたことは覚えています! 田中さん 僕は2回くらい名古屋に来たことがあります。大きいエビフライを食べました! あとは、「名古屋城」にも行きましたね。 寺尾さん あ! 「名古屋城」は僕も行った! 福田さん 僕は名古屋に初上陸しました(笑)。名古屋は食べ物がおいしいと聞いていて、笑太郎が「味噌カツおいしいみたいだよ」と言っていたので、みんなで食べたいです! 「Brand New Day」の好きなポイントと見せ場! ――今日は「名古屋めし」も食べて楽しんでくださいね! デビューシングル「Brand New Day」のコンセプトを教えてください。 寺尾さん 楽曲は「青春」がコンセプトになっています! 僕たちのさわやかさ、エネルギー、かわいさを伝えられるようにパフォーマンスをしています。 MVは「入学式」をイメージしていて、僕たちが制服を着たり、屋上で話している様子だったり。セットに桜の形をした紙吹雪が舞っていたりと、学生さんはもちろん、大人の方も楽しめる映像になっていると思います。 ▼’Brand New Day’ Official MV ――「Brand New Day」の好きなポイントはどこですか? 福田さん MVを含めて好きなポイントを挙げると、みんなの表情の変化ですね。みんなで歌詞の解釈を共有して、「この歌詞はこういう意味だよね」とか「この時はこういう表情をしよう」って、一曲を通して解釈を一致させたんです。それでMV撮影をしたので、みんなの気持ちが一つになって、表情も一体感があるので、ぜひ注目してほしいです! 田中さん 僕たちは解釈の仕方が少し変わっているかもしれません。一曲に対して、一つのストーリーを立てているんです。 「Brand New Day」だと、イントロからまず朝起きて、着替えて、準備して、外に出て、桜を見ながら歩いて…みたいな感じで物語を作るんですよ。 寺尾さん 2時間くらい話し込んでストーリーを立てましたね。これをすると、本当にメンバーの表情が統一したよね。笑太郎は自分のパートで好きなところはある? 田中さん 僕はやっぱり、ささやくパートです! そこで雰囲気が一気に変わるところなので、ぜひよく聴いてほしいです。 福田さん 曲自体、笑太郎から始まって、中間で笑太郎を挟んで、最後は笑太郎で終わるっていう。 田中さん おいしいです♪ 福田さん おいしいところ、全取りで! 寺尾さん ささやくところって、普通にやっても面白みがなくなっちゃうと思うんですけど、笑太郎の声質がとても活かされています。 ――リズムに乗せてささやくって難しそうですね。意識していることは何ですか? 田中さん やっぱり、声を前に出すっていうことですね。(キリッ) 福田さん めちゃくちゃ技術的なこと言ってる(笑)。 田中さん ちゃんと息を前に出して、ささやくっていうのを意識してレコーディングしました。良い感じになっていたので良かったです。 福田さん 僕も練習していたんですけど、上手くできなくて。 寺尾さん そう。イマイチ、パッとしないんだよね。 ――曲のパート割はどのように決まっていったんですか? 田中さん デモの音源を聴いて、みんなそれぞれ「ここのパートやりたい」っていうのがありましたね。でも、比較的みんな希望のパートを歌えているのかもしれません。 寺尾さん 歩汰はラストの高音サビの部分、レコーディング当日に追加で決まったよね。 福田さん そうなんです。デモではそのパートがなかったんですけど、レコーディング現場で「一回やってみよう」という話になって、頑張ってやってみたら、使ってもらえました! 寺尾さん それが見せ場になるっていう。 福田さん 良かったです! 寺尾さん 僕が好きなポイントとしては、曲全体がさわやかで、かわいさもある中での、メンバーの平本健と大久保波留のラップですね。このラップがスパイスになって、曲が締まっていると思います。 ▼’Brand New Day’ Performance Video ――寺尾さんの見せ場について教えてください! 福田さん サビ前の「Alright」じゃない? 寺尾さん そこは自分的にも一番盛り上げたいところですね。パフォーマンスで言うと、ここは飛びながら歌うんですよ。飛ぶと声がぶれちゃうので、どれだけ声を安定させられるかを全力で意識しています! 次のページ… 韓国合宿の思い出は〇〇エピソードばかり!? 韓国合宿中の印象的なエピソード メンバーに話を振りながら場をまとめていた寺尾さん ――デビューが決まるまでの期間、韓国合宿をしていた時の印象的なエピソードはありますか? 田中さん 僕は他の4人が韓国合宿を始めた半年後くらいに、合宿に参加し始めたんですけど、毎日朝10時から夜の10時まで、ずーっと練習していました。 ――田中さんはその後にチャーハンを作っていたんですね! 寺尾さん そうなんです(笑)。本当に優しいんですよ。 福田さん 疲れているはずなのに、おいしいチャーハンを作ってくれました。印象的なエピソードで言うと、僕はダンスがあんまり得意ではなくて、練習しているうちにどんどん時間が限られてきてしまって。焦りとか不安が出てきた時に、一人で解決しようとしていたんです。 週末になると、みんなで週の反省とかミーティングをするんですけど、その時に僕が勇気を振り絞って話をしたら、みんながしっかり話を聴いてくれたり、アドバイスをくれたりしました。「もっと頼っていいんだよ」って話をしてくれたので、そこからは、ダンスは上手な人にすぐ聞くようになって、自分でもレベルが上がったなと思うし、成長できたと感じています。 寺尾さん はじめ4人で韓国合宿をしていた時は、友達みたいな距離感で、適度にお互いの良いところを言い合うみたいな感じだったんです。 2人が入ってきてくれて、だんだんお互い向き合うようになって、ダメなところはちゃんとダメって言えるようになったし、「もっとこうしていこう」という話までできるようになりました。それが、今のメンバー6人の仲の良さに繋がっていると思います。あとはやっぱり共同生活が大きかったね。 福田さん そうだね。 寺尾さん 真面目な話が続いてしまったので、別の話題を(笑)。共同生活が初めてだったので、飲み終わったコップの後片付けとか、みんなの生活習慣のズレとかあって、なかなか大変でしたね。 でも、「DXTEEN」には環境大臣がいて、歩汰が元・環境大臣で、笑太郎が現・環境大臣なんです!(笑)二人が見回って「これ忘れているよ」「洗濯物持って行って」とか言ってくれるので、そのおかげで共有スペースはキレイに保たれていました。共同生活のおかげで距離が近くなったね。 田中さん 僕の印象的なエピソードは、朝起きることも大変だったんですけど、朝の満員電車が、何よりも大変でした。ちょうど通勤時間で、ものすごい数の人たちが電車に入って来るんですよ。 寺尾さん すでにぎゅうぎゅうなところに、さらに人が入って来るからね(笑)。朝は途中の駅で人が出ていくからいいんだけど、帰りも満員電車で本当にやばかったよね。 田中さん そう。駅に降りる人がいないから、駅のホームに並んでいても全然入れなくて、一生乗れないかもって思って、タクシーに乗ったんですよ。そうしたら道路が渋滞していて、車で10分くらいの所なのに1時間くらいかかりました。歩いた方が早かったーって思いました(笑)。 寺尾さん 一回さ、笑太郎だけ電車から降りれなくて大変だったこともあったよね。 福田さん そうそう! みんな何とか降りたけど、笑太郎だけ降りれなくて次の駅まで行っちゃったんだよね。 田中さん あれは焦ったね~。一人で帰れるか不安でした。でも頑張って帰ったら、みんなが待ってくれていました! 寺尾さん 韓国の電車って容赦ないんですよ(笑)。メンバーの大久保波留が、ギリギリで電車に乗ったら、ボーンって顔が電車のドアに挟まっちゃって。挟まった顔の部分が真っ黒になってたよね(笑)。 福田さん・田中さん そうそう!(笑) 寺尾さん ていうか、電車のエピソードめっちゃある!(笑) 次のページ… 「DXTEEN」のメンバーはギャップ満載! メンバーの他己紹介にギャップがさく裂! 現場にいないメンバーのことも楽しそうに話していました! ――ぜひ、大久保波留さん・谷口太一さん・平本健さんのプロフィール紹介をお願いします! 田中さん 波留くんは、パフォーマンス面で言うと、かわいいところ・かっこいいところ両方とももっているんです! 寺尾さん ボーカルもラップもダンスもできる、オールラウンダーだよね。 田中さん 生活面になると、天然なところがあります。波留くんのリアクションがすごく大きくて、動画を撮りながら驚かすっていうのをやっていて、いくつかの動画を組み合わせて、「わ!」「わ!」「わ!」って驚く波留くんの動画を作りました(笑)。本当に“リアクションキング”です。 福田さん 波留を呼びに部屋のドアを開けただけで、「わ!」って驚かれる(笑)。 寺尾さん ドッキリの番組とかレギュラーで出れるよね(笑)。次は太一くんを紹介しようか。 田中さん 太一くんは、めちゃくちゃ頼れるリーダーです! 寺尾さん すごく視野が広くて、少しでも落ち込んでいると「大丈夫?」って声をかけてくれます。特に韓国合宿中は、悩むこともあったんですけど、そんな時に太一くんが背中をポンと叩いて声をかけてくれました。気遣いができるリーダーです。 福田さん 発言も決めてくれるし、場をバシッと締めてくれるんですけど、私生活になるとちょっと抜けています(笑)。 田中さん とにかく、何でも聞いてくるんですよ(笑)。パンを食べる時に、バターが欲しかったみたいで、冷蔵庫を開ける前に「笑太郎、バターどこー?」って聞いてきました。冷蔵庫を開ければすぐにあるのに(笑)。 寺尾さん ついこの間撮影していた時も、すぐに「どうするんだっけ?」って聞いていたよね。けど、なんか憎めない! 福田さん でもね、何度も続くと「こうだからこうだよ! わかるでしょ」ってなってくるよ(笑)。 田中さん 最後は健くんだね。ラップとかダンスとか、全部イケイケにかましてくれるかっこいい人です! 寺尾さん 見た目もオールバックとかでクール系だけど、実は寂しがり屋で甘えん坊です。 田中さん 一人で買い物行けなくて、絶対に誰かを呼ぶんですよ。誰も行かなかったら、健くんも行かないっていう(笑)。 寺尾さん 特に歩汰にベッタリくっついてるよね(笑)。 福田さん 僕、お休みの日は寝ているのに、上にバーンって乗ってきて「歩汰~」って絡まれています(笑)。 次のページ… グループの末っ子・田中さんは一番〇〇〇…! 独自の癒しパワーで2人を和ませていた福田さん ――皆さん、ギャップがあるようですね! 寺尾さん・福田さん・田中さんのギャップはどうでしょうか? 寺尾さん 歩汰は“ぽわぽわ”と言っていますが、しっかりしています。 田中さん 僕は同じ部屋で暮らしていたんですけど、めちゃくちゃお話を聞いてくれます。 寺尾さん・福田さん (笑) 田中さん 聞き上手なんですよ。僕は話したいタイプなので、いっぱい話を聞いてくれて良いお兄ちゃんです。 寺尾さん いざという時にすごく頼れますね。 福田さん 笑太郎は末っ子なんですけど、一番しっかり者だと思います。取材の場とかではきちんと話をするし、スタジオとか部屋では率先して掃除していますね。 寺尾さん 誰よりも生活力がありますね。あと一番、肝が据わっています! 緊張する場面でも、笑太郎がいるおかげでみんな気が楽になっていることもあります。 福田さん あとは、いつも元気です! 僕たちを笑わせてくれます。 寺尾さん そうでうね。笑いの中心にいつもいます。 田中さん ちょっと照れくさいですね(笑)。 撮影中、冗談を言いながら場を盛り上げていた田中さん 福田さん 香信は、お寺の息子で、見た目も真面目なイメージがあると思うんですけど、メンバーの中では一番朝が弱いです(笑)。 寺尾さん 学生時代は、家がある島から学校のある本土へ船に乗って行かないといけなくて、早起きしていたんですよ。今は、その反動でギリギリまで寝ちゃっています(笑)。 福田さん 家を9時30分に出ないといけない日に、9時28分に起きてました(笑)。それなのに、みんなと同じタイミングで家を出られるんですよ(笑)。 寺尾さん そうなんです! 特技は早着替えです!!(笑) 福田さん この前の撮影の日には、僕たちが家を出る時にまだ香信が寝ていて、「香信、時間だよー」って起こしたら、パッと起きたんですよ。そうしたら、集合時間に「おはようございます」って、現場に来たんですよ。逆に怖いです(笑)。 寺尾さん なので、遅刻をしたことはないです! 田中さん しっかり間に合っているのがすごい(笑)。 ――寺尾さんのモーニングルーティーン見てみたいです! 寺尾さん 起きて、すぐ「行ってきます」です。一瞬で終わりますよ!(笑) 次のページ… これからの目標とファンの皆さんへメッセージ グループ・個人の目標とファンの皆さんへメッセージ ――これからどんなグループにしていきたいですか? 個人としての目標も教えてください。 寺尾さん グループとしては、「たくさんの方に愛されるグループ」になりたいです。そのためには、いろんな人に知ってもらわないといけないので、パフォーマンスはもちろん、とにかくお仕事一つずつ全力で取り組むっていうのを、メンバーみんなで決めています。 個人的には、作曲にも興味があります! 田中さん 僕はグループの大きな夢として、東京ドームに立ちたいですね。ドームツアーしたいです! 「やりたい」ではなくて「やる!」と言い切って頑張っていきたいです。 個人としては、地元でライブをしたいです。メンバーみんなの地元で開催できたら、友達とかも来やすいと思うので。 寺尾さん 何かしらステージでのパフォーマンスができたら良いよね。 福田さん グループとしては、今年デビューなので、新人賞を獲ったり、“〇〇〇の「DXTEEN」”みたいな肩書だったりが付くと良いなと思います。 個人的には、K-POPのアーティストさんを見て夢をもって、自分も「誰かに夢を与えたい」と思ってアーティストを目指したので、僕を見て「この道を目指しました」っていう人といつか出会いたいですね。そう言ってもらえるような存在になりたいです。 あとは、歌に一番自信をもっているので、歌でお仕事をもらえる日がくるとうれしいです。 ――デビュー後の活動も楽しみですね! 最後に、「DXTEEN」ファンの皆さんへメッセージを! 寺尾さん 僕たちの曲で楽しんでくれたり、ちょっとでも幸せになってくれたりしたら、それだけでうれしいですね。ぜひぜひ、僕たちの楽曲やパフォーマンスで幸せになってください! 田中さん 僕たちのパフォーマンスで笑顔になってほしいので、いろいろな所でライブをしたいです! ファンの皆さんも会いに来てくれたら、とってもうれしいです♪ 福田さん やっぱり… 寺尾さん・田中さん (ジーッと福田さんを見つめる) 福田さん すごい見てきてプレッシャー(笑)。僕たちの曲をたくさん聴いて、僕たちのコンセプトである「青春」を感じてほしいです。パフォーマンスを通じて、多くの方に幸せ・笑顔を届けられたら良いなと思います。「DXTEEN」みんなで力を合わせて頑張ります! 寺尾さん・田中さん おお!!(拍手) ――ばっちり決まりましたね! これからファンの皆さんとともに素敵な「青春」を過ごしてください! KELLY編集部も応援しています!! デビューシングル「Brand New Day」のMVは、すでに307万回を再生! フレッシュなグローバルボーイズグループ「DXTEEN」に大注目です!! DEBUT SINGLE「Brand New Day」 2023年5月10日(水)リリース ●初回限定盤A CD+DVD/1700円 <CD収録内容> 1.Brand new day 2.Unlimit 3.Sail Away 4.Sail Away(Instrumental) <DVD収録内容> DXTEENの旅6゛(たびログ)♯1 <初回プレス限定封入特典> ①応募抽選券(シリアルナンバー)1枚 ②トレーディングカード1枚 (初回限定盤Aver.15種の中から1枚をランダム封入) ●初回限定盤B CD+DVD/1700円 <CD収録内容> 1.Brand new day 2.Unlimit 3.Come Over 4.Come Over(Instrumental) <DVD収録内容> DXTEENの旅6゛(たびログ)♯2 <初回プレス限定封入特典> ①応募抽選券(シリアルナンバー)1枚 ②トレーディングカード1枚 (初回限定盤Bver.15種の中から1枚をランダム封入) ●通常盤 CD ONLY/1200円 <CD収録内容> 1.Brand new day 2.Unlimit 3.Brand new day(Instrumental) 4.Unlimit(Instrumental) ①応募抽選券(シリアルナンバー)1枚 ②トレーディングカード1枚 (通常盤ver.32種の中から1枚をランダム封入) 公式サイト https://dxteen.com/ Twitter https://twitter.com/official_DXTEEN Instagram https://www.instagram.com/dxteen_official/ YouTube https://www.youtube.com/@DXTEEN TikTok https://www.tiktok.com/@official_dxteen 撮影/神田有希 ※掲載内容は2023年5月時点の情報です ※価格は税込み表記です

DXTEEN(ディエックスティーン)

プロフィール
「JO1(ジェイオーワン)」、「INI(アイエヌアイ)」が所属するLAPONEエンタテインメントの6人組グローバルボーイズグループ。「数々の失敗にもあきらめず、夢に向かって走るDXTEEN」というグループコンセプトのもと誕生。グループ名には、「DREAM X TEEN = 夢を拡張、拡大していく青春たち6人の無限な可能性」という意味が込められている。メンバーは、大久保波留・田中笑太郎・谷口太一・寺尾香信・平本健・福田歩汰。

『First Flight』のお気に入りポイント

――名古屋へようこそ! 今回の名古屋プロモーションで、楽しみにしていることはありますか?

谷口さん 僕は、名古屋のご飯ですね。今まで、リリースイベントで名古屋に来たことは何回かあるんですけど、街中に出て、どこかのお店に入って、ご飯を食べたことがないんですよ。お店で、名古屋めしを食べてみたいです。

田中さん 僕もご飯の話になっちゃうんですけど、前に、NICO(ファンの名称)から味噌煮込みうどんがおいしいと聞いたので、食べてみたいです! ちなみに、味噌カツは食べたことあります。

大久保さん 僕は、名古屋のことはあまりわからなくて、どんな観光名所があるのか、気になります。リリースイベントがあっても、名古屋の街に出ることはないので、名古屋はどんな場所なのか知りたいです。

――栄周辺は、皆さんで楽しめるスポットが多いと思います。今回はぜひ、皆さんで名古屋の街を満喫できますように! あらためまして、2ND SINGLE『First Flight』のリリース、おめでとうございます!! まず、作品のコンセプトを教えてください。

田中さん 今作は、デビューする前の僕たちのビハインドストーリーになっています。デビュー曲の「Brand New Day」とは違って、儚くて、かっこいい曲です。

――楽曲はもちろん素敵なんですが、皆さんの歌声がとってもさわやかだと思いました! リード曲「First Flight」のお気に入りポイントを教えてください。

大久保さん 僕たちの練習生時代のころに重ねて、挫折した時や心が折れそうになった時でも、“まだ羽ばたける”“また立ち上がろう”と思える、ちょっと強気な歌詞になっています。今、頑張っている人や何かに挑戦しようとしている人の背中を押してくれると思います。

谷口さん 「First Flight」の好きな歌詞で言ったら、(寺尾)香信のパートで「一歩一歩 理想に向かって」っていうところです。サビ終わりで、しんみりとした雰囲気から、歌詞がポツポツと出てくるような感じなんです。ここは歌詞をそのまま意味しているんですけど、MVやパフォーマンスももちろん、香信の表情にも心を打たれるので、すごい好きです。

――ご自身のパートで見てほしい部分は?

谷口さん 僕と(大久保)波留の掛け合いのラップですかね。MVでも二人で撮っているシーンが多いんですよ。DXTEENとして初のラップでの掛け合いで、パワフルで、見どころになっているので、ぜひ注目してほしいです。

▼’First Flight’ Official MV <2ND SINGLE “First Flight” (2023.09.06 Release)>

大久保さん 僕と(谷口)太一くんのラップの掛け合いで、寄り添うところがあるんですけど、そこは「First Flight」の見どころのトップ3には入ってくると思います。

田中さん 入ってるな~! 僕は、「何万回だってTry and try」っていう歌詞が好きです。何回でも挑戦していこうぜっていう、真っ直ぐな歌詞で、背中を押されます。今、夢を追っている人にはすごく当てはまって、夢を後押ししてくれると思います。

――歌詞そのものだけ読んでも、勇気をもらえますね。田中さんご自身の注目ポイントも、ぜひ教えてください。

田中さん 「I will just find my way」っていうパートは、僕の特徴的な歌声を活かせていると思うので、そこをたくさん聴いてほしいです!

――じっくり聴きたいところが盛りだくさんですね! ダンスについては、いかがでしょうか。

大久保さん 「First Flight」は、今までに僕たちが頑張ってきたダンスやボーカルの成果を出していると言うか、ダンスレベルが高いものになっています。あと、サビで「翼」をイメージしたダンスがあります。円になって翼を表したり、エンディングでは6人で翼を表現したりとか、翼がキーになっていますね。

田中さん NICOの皆さんには、僕たちのパフォーマンスを見て楽しんでほしいです。

▼’First Flight’ Performance Video <2ND SINGLE “First Flight” (2023.09.06 Release)>

――前回のインタビューで、メンバーの皆さんで、楽曲に対して理解を深める時間を作っていると伺ったのですが、今回もそういう機会があったんですか?

大久保さん 「First Flight」を含めて、4曲収録されているんですけど、今回もパフォーマンスをする前に、僕たちの中で、どういうストーリーなのか、どういう感情でパフォーマンスすべきなのか、話し合いました。これは、必ずしています。「First Flight」は、歌詞そのままの感情なんですけど、温度感を意識しようと思って、サビでしっかり盛り上がれるように、少し抑える部分を作ってクールにするとか、そういったことをすり合わせましたね。

――デビュー曲の「Brand New Day」は、詳細にストーリーを立てている、と言っていましたね。

田中さん イントロから朝起きて、着替えて…っていう、ストーリーですね。

大久保さん 「Brand New Day」は、比喩的な表現が多くて、考え方によっては、たくさんのストーリーを考えられるっていうのもあって、僕たちの中で意思疎通するためにストーリーを決めました。今回の「First Flight」は、デビュー前のビハインドストーリーで、すでに一つの物語が出来上がっている曲なので、“考える”というより、“僕たちがこれまでに過ごしてきた時間や気持ち”を表現しよう、という話になりました。

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

「DXTEEN」が2ND SINGLE『First Flight』をリリース! 大久保波留さん・田中笑太郎さん・谷口太一さんにインタビュー

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Satomi Hirata
  4. 「DXTEEN」が2ND SINGLE『First Flight』をリリース! 大久保波留さん・田中笑太郎さん・谷口太一さんにインタビュー

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。