絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

ヘルシーは正義!有機野菜を使った栄養&ボリューム満点のランチが楽しめるカフェ「野菜日和」【岡崎市】
#健康

2023.10.14sat

ヘルシーは正義!有機野菜を使った栄養&ボリューム満点のランチが楽しめるカフェ「野菜日和」【岡崎市】

ジムに通い始めてもうすぐ7カ月。食にも気を遣うようになったケリー編集部・国田が、身体に優しいヘルシーメニューを提供している東海のお店をご紹介します!

第6回目は、有機野菜を使ったランチが大人気のナチュラルカフェ「野菜日和」。お店は、名鉄「東岡崎駅」から徒歩で約9分の閑静なところに位置します。駅周辺には乙川が流れており、木のぬくもりが感じられる桜城橋から景色を眺めながらお店に向かうことができます。

元々クリーニング店だった物件を借りて、店内のみをリノベーションしたそう

お店の正面から向かって右側にはテイクアウト専用のかわいい小窓が!

オーナーの「地元を盛り上げたい」という想いから生まれたカフェ

25歳で脱サラして料理の世界に入り、2011年、東明大寺町にビストロ「キッチンベル」をオープンしたオーナーの鈴村さん。「キッチンベル」で野菜をメインとした料理を提供していたところ、お客さんの反応が良く、有機野菜をメインに健康的な食生活に特化したお店を新たに立ち上げたいと考えたそうです。

「地元の岡崎康生エリアを盛り上げたい」という想いから、ここ岡崎康生エリアに2号店として、「心に優しく、身体が喜ぶ、そして心と身体を整える」をコンセプトとしたカフェ「野菜日和」をオープンしました。「健康は身体の中から。食べることで身体は作られる。食と共に生きる。」をテーマに掲げています。

白を基調とした明るくナチュラルな店内は、レンガとグリーンが印象的。ゆっくりとした時間が流れ、窓からは柔らかい光が差し込みます。

カウンターの上には、温かみあふれる手書きのメニュー黒板があり、「野菜日和」を支える有機野菜の契約農家さんの紹介も!

身体に優しい有機野菜たっぷりの「野菜日和発酵プレート」

有機野菜や発酵食品、甘酒など、身体に良いものにこだわるのは、少しでも多くの方が健康的な食生活を送れるように、その手助けをできればという想いから。鈴村さんが結婚して子どもができ、身体を作る源は「食」ということに気づかされたのが、こだわるきっかけになったそうです。

自家製調味料を使用した、発酵コーディネーター監修の「野菜日和発酵プレート」(1800円)

「野菜日和」には、4種類のランチプレートがあります。旬野菜のテリーヌ季節のミニスープがセットになっており、プラス550円で本日のデザート+ドリンクを付けることができます。今回は、見た目がカラフルで美しく、栄養&ボリューム満点の「野菜日和発酵プレート」をご紹介します。

前菜の「旬野菜のテリーヌ」は見た目も映えており、お客さんから大人気♪

とうもろこしやブロッコリー、ズッキーニなどの温野菜と、じゃがいもの冷製ポタージュは、素材本来の甘みをダイレクトに感じられ、食感も楽しめます。

「野菜日和」は、地産地消を目指しており、地元の農家さんから仕入れている野菜は無農薬・有機栽培のものがほとんど。サラダには、10種類ほどの野菜とフレッシュなフルーツが入っており、一気に栄養が摂れるのがうれしいポイント!普段あまり食べられない、珍しい野菜も豊富です。

塩麹を使用した「塩麹漬け やまびこ豚のロースト フルーツソース」は、甘くてまろやかな、ごろっとしたマンゴーのお手製のソースがかかっており、柔らかいお肉との相性が抜群で、箸が止まりません…♡雑穀米との相性も◎。

自家製の塩麹や醤油麹などを料理に使用することで、身体の調子を整え、免疫力を高める効果が期待できます。「奥三河地鶏のつくねバーグプレート」(1650円)や「特製カレープレート」(1650円)もおすすめだそう!


KUNITA

「ベジタブル&フルーツアドバイザー」と「ナチュラルフード・コーディネーター」の資格を持つ鈴村さんならではのアイディアがたくさん詰まっているなと感じました!

おすすめのグルテンフリースイーツ&甘酒スイーツドリンク

「自家製とろみプリン」(550円)

「野菜日和」のスイーツは、小麦粉を使用せず、米粉で仕上げているため、グルテンフリーで安心して食べることができます。

黒胡麻の豆乳プリンに、白玉やフルーツ、仙草ゼリーがのった「自家製のとろみプリン」は、いろいろなもちもち食感を楽しめます。豆乳プリンは、優しい口当たりで、黒胡麻が濃厚!甘酸っぱいラズベリーとの相性も◎。

仙草ゼリーは、高血圧や糖尿病・風邪・熱中症予防や、ニキビ・吹き出物予防、便秘解消、ダイエットに効果があるそう。和スイーツ好きさん必見のスイーツとなっています♪

「旬のフルーツの甘酒」(770円)

「野菜日和」オリジナルの甘酒ドリンクは、非加熱のため、酵素が生きた生甘酒となっており、旬のフルーツと合わせた優しい味わいが特徴です。甘酒は栄養価が高く、飲む点滴と言われており、免疫カのアップや風邪予防、消化吸収のサポート、腸内環境の改善、疲労回復、美肌などに効果的です。

今回飲んだ「いちごと豆乳」は、はちみつを使用しているため、ほのかに甘みがあり、クセがなく、とても飲みやすかったです。甘酒や豆乳が苦手な方や、甘酒にチャレンジしてみたい方にもおすすめ!

「野菜を中心に身体の中からきれいになっていただける料理を提供し、お客さまが笑顔になるようなお店づくりを目指していきたい。」と、鈴村さん。


KUNITA

不定期でマルシェ「大収穫」を開催しているそう!開催する際は、Instagramで告知、発信しているそうなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

野菜日和(ヤサイビヨリ)

問い合わせ
0564-20-8567
場所
愛知県岡崎市康生通南3-3-42
時間
モーニングは9:00~11:00(LOは10:30)
※土日祝のみ
ランチは11:00~15:00(LOは14:00)
カフェは14:00~16:00(LOは15:00)
※土日祝は、14:00~17:00(LOは16:00)
テイクアウトは11:00~15:00(LOは14:00)
※土日祝は、9:00~16:00(LOは15:00)
定休日
月曜
駐車場
なし
支払方法
カード・電子マネー可
Instagram
@831.biyori
平均予算
昼2000円
アクセス
東岡崎駅から徒歩で約9分

※価格は税込み表記です
※掲載内容は2023年10月時点の情報です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

ヘルシーは正義!有機野菜を使った栄養&ボリューム満点のランチが楽しめるカフェ「野菜日和」【岡崎市】

WRITER

Mamu Kunita

Mamu Kunita

富山県出身。雑誌『KELLY』のアートディレクターで、編集は勉強中。写真を撮ること、音楽を聴くこと、料理を作ることが好き。東海の良さを“言葉”と“写真”と“デザイン”で伝えたい。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 健康
  4. ヘルシーは正義!有機野菜を使った栄養&ボリューム満点のランチが楽しめるカフェ「野菜日和」【岡崎市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。