絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

鳥取の‟美食”が大集合!ナゴヤ セントラルガーデンで「鳥取フェア」が開催【池下】
#グルメ

2023.10.20fri

PR

鳥取の‟美食”が大集合!ナゴヤ セントラルガーデンで「鳥取フェア」が開催【池下】

2023年10月20日(金)~11月30日(木)の期間中、ナゴヤセントラルガーデンでは鳥取フェアを開催!計6店舗で、鳥取県産のお肉や旬のフルーツを用いたオリジナルメニューを展開します。

今回はその中でも特に注目したい、イチオシの鳥取コラボメニューをご紹介!それぞれのメニューの特徴やこだわりなどをチェックして、実際に味わってみてくださいね♪

さらに、11月11日(土)・12日(日)に開催される「鳥取県物産展」では、様々な物販や家族みんなで楽しめるイベントの数々が開催予定。‟ナゴヤ セントラルガーデン×鳥取県”のスペシャルコラボイベントをお見逃しなく!

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ

「鳥取和牛内もも肉のビステッカ」 ※シェフのおまかせコース内1品(1万3000円)※提供期間は11月1日~30日

“ビステッカ”とはイタリア語で「ステーキ」のこと。肉々しさと脂のうまみを兼ね備えた「鳥取和牛 内もも肉」を、表面は香ばしく、中は柔らかくなるよう、絶妙な火入れで仕上げました。赤ワインを使用したソースとのマリアージュを楽しめる一品です。一緒に添えられたオリーブオイルのキャビア、黒コショウ、マルドンの塩は、お肉本来のうまみを引き立たせてくれます。

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ

問い合わせ
052‐759‐5030
営業時間
ランチ11:30~、13:30~
ディナー18:00~(LOは21:30)
定休日
月曜、第1・3火曜定休(祝日の場合は営業、翌日休)
公式サイト
http://www.la-bettola.co.jp/

炭焼き うなぎ・かしわ 登河

「鰻と鳥取和牛リブロースの中黄金重」(5000円)※数量限定

炭火でミディアムレアに焼き上げた鳥取和牛と、「登河」自慢の鰻の中黄金重と合わせた贅沢な一品。鳥取和牛は、鰻と相性の良いリブロースの部位を使用。肉の脂身のうま味を生かしながらも、あっさりと食べられるように味付けをしています。名古屋コーチンの卵を使用した、だし巻き卵と一緒に召し上がれ。

炭焼きうなぎ・かしわ 登河

問い合わせ
052‐753‐9158
営業時間
11:00~14:30(LOは14:00)
17:30~22:00(LOは21:30)
※土・日曜、祝日のランチは~15:00(LOは14:30)
定休日
月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
公式サイト
https://togawa-ikeshita.com/

賛否両論 名古屋

「鳥取和牛と松茸の春巻き」 ※おまかせコース内1品 (1万2000円)※提供期間は11月中旬まで

牛肉と松茸だけで作る、シンプルかつ贅沢な味わいを楽しめる春まきです。コースの一品として、揚げたて熱々の状態で提供してくれます。

「シャインマスカットのチーズ白和え」※おまかせコース内1品 (1万2000円)※提供期間は11月中旬まで

シャインマスカットの甘みを最大限活かすために、豆腐とマスカルポーネチーズの優しい味わいの衣で白和えにしました。さっぱりとした味わいで、お口直しのような一品です。

賛否両論 名古屋

問い合わせ
052‐753‐7677
営業時間
ランチ11:30〜13:00、13:30~15:00
ディナー18:00~21:30(LOは21:00)
定休日
月曜、第2・4火曜定休(祝日の場合は営業、翌日休)
公式サイト
https://www.sanpi-ryoron.com/

エールカフェ

「鳥取県産猪と梨の白ワイン煮込み 彩り野菜添え」 (単品1800円、ランチセット2100円) ※数量限定 ※ランチ1日10食 ※提供期間は10月24日~

鳥取県産の猪を、同じく鳥取県産の梨で漬け込み、白ワインで柔らかく煮込みました。梨の酵素により、柔らかく臭みなく調理された極上の猪肉を堪能してください。

「鳥取県産和梨とシャインマスカットのパフェ」(1900円)※1日5食限定※物産展ではテイクアウトのみ(1400円)

鳥取県産和梨のグラニテ(氷菓)に、マスカットジャスミンティーのジェラートやジュレを合わせ、マスカットをたっぷりと使い、アールグレイのクリームやパイを組み合わせました。見た目も華やかなパフェに心躍ること間違いなし♡

「鳥取県産和梨と日本酒のマリアージュ」(1700円)※1日5食限定

和梨を日本酒でコンポートにし、酒粕のジェラートと、レモングラスと和梨のソルベ、サクサクのクランブルを組み合わせました。日本酒のほのかな香りと和梨の繊細な甘みのマリアージュを楽しめます。

エールカフェ

問い合わせ
052‐757‐5033
営業時間
11:00~15:00、17:00~21:00
定休日
月曜定休(祝日の場合は営業、翌日休)
Instagram
@aircafe_ikeshita 

池下カフェ 花ごよみ

「鳥取和牛のたたき丼」(1890円)

がっつりと鳥取和牛を味わいたい人は、丼ぶりがおすすめ! 肉本来のうま味を際立たせる「花ごよみ」特製のソースがかかった鳥取和牛を、卵とご飯と豪快にかきこめば、幸せいっぱい。

「鳥取県産梨とブドウのパフェ」(980円)

今が旬の鳥取県産の梨を使った花ごよみオリジナルのパフェです。梨を花弁のように並べた贅沢なパフェをお値打ちな価格で楽しむことができます。

池下カフェ 花ごよみ

問い合わせ
052‐734‐9565
営業時間
7:30~23:00(LOは22:30)
※モーニングは~10:00、ランチタイムは11:00~16:00
定休日
無休
公式サイト
http://www.taikohonten.co.jp/

メゾンカイザー

鳥取県産大山(だいせん)ハム使用「カイザーランチ」(1320円)

鳥取県産の「大山ハム」を使用。6種類の野菜(グリーンリーフ・人参・キャベツ・赤キャベツ・大根・トマト)とハムをのせた食べ応えのあるサラダと、ドリンク付き、パン食べ放題で楽しめるお得なランチです。
★鳥取フェア期間中、カイザーランチをご注文のお客様はポイント2倍(10/20~11/30)

メゾンカイザー

問い合わせ
052‐757‐3188
営業時間
9:00~20:00(イートインのLOは19:30)
定休日
無休
公式サイト
https://maisonkayser.jp/

親子で楽しめる体験イベントも!「鳥取県物産展」も開催

お楽しみコーナー ※写真は昨年開催時のものです

「鳥取フェア」期間中の、11月11日(土)・12日(日)には、ナゴヤ セントラルガーデン内にて「鳥取県物産展」が開催されます。鳥取県ならではの商品や体験コーナーを楽しむことができます。大人から子どもまで楽しめるイベントが盛りだくさん♪
※荒天の場合中止

さらに今回は、星空と観光のVRゴーグルで鳥取の星空と観光地を疑似体験できる特別イベントも登場!県内各地で「天の川」が見え「流れ星」も見やすく「美しい」星空を持つ鳥取県。「星取県」とも呼ばれる鳥取の星空映像と鳥取砂丘、三徳山などの観光地をVRゴーグルを使い、まるで鳥取にいるかのような体験ができます!

鳥取県のご当地キャラ「トリピー」にも会えるかも!? ※写真は昨年開催時のものです

鳥取県産のおいしいお肉やフルーツを、ナゴヤ セントラルガーデンの人気店それぞれのアレンジとサービスで楽しむことができる「鳥取フェア」。おいしい&楽しい鳥取を思う存分堪能してみてください♪

NAGOYA CENTRAL GARDEN(ナゴヤ セントラル ガーデン) 「鳥取フェア」

問い合わせ
052‐856‐7316(平日9:00 ~17:30)
場所
愛知県名古屋市千種区高見2-9
開催期間
2023年10月20日(金)~11月30日(木)
※「鳥取県物産展」は11日(土)・12日(日)
10:00〜16:00
営業時間・定休日
各店舗により異なる
駐車場
あり(有料)
アクセス
地下鉄「池下駅」より徒歩で約4分
公式サイト
https://www.ncg.jp/


撮影/北川友美
※価格は税込み表記
※掲載情報は2023年10月時点の情報です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

鳥取の‟美食”が大集合!ナゴヤ セントラルガーデンで「鳥取フェア」が開催【池下】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. グルメ
  4. 鳥取の‟美食”が大集合!ナゴヤ セントラルガーデンで「鳥取フェア」が開催【池下】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。