絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

おやつ時間に行きたい!焼き菓子が魅力のカフェ vol.4 | 久屋大通「Ralph’s COFFEE(ラルフズ コーヒー)」
#コーヒー

2023.10.28sat

おやつ時間に行きたい!焼き菓子が魅力のカフェ vol.4 | 久屋大通「Ralph’s COFFEE(ラルフズ コーヒー)」

編集部・セトが「おやつ時間に行きたい!焼き菓子が魅力のカフェ」を紹介する企画。

▼前回はこちら

RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤードヒサヤオオドオリパーク)にある、「ポロ ラルフ ローレンストア」の1階に併設された「Ralph’s COFFEE(ラルフズ コーヒー)」

外観、内観ともにニューヨークにいるような気分が味わえる、白と緑を基調にしたレトロな雰囲気が印象的です。注目のメニューは、トロトロのビターチョコソースをかけて食べる濃厚本格ブラウニー!かわいらしいクマのラテアートが施されたカフェラテと合わせれば、ラルフ ローレンブランドの世界観を余すことなく、堪能できること間違いなし!

グリーン×ホワイトが印象的な建物が目印

“ラルフ ローレン”と聞くと、ファッションブランドとしてのイメージや、ネイビーでまとめられた落ち着いた雰囲気を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

そんな印象とは一変し、「Ralph’s COFFEE」ではクリーンでフレッシュなイメージから、外観、内観ともにグリーンとホワイトがテーマカラーに採用されています。

入口横には、その2色が使われたテラス席も用意。これからの秋晴れにもピッタリの時間を過ごすことができます♪

店内へ入ると、大きなホールケーキが入ったショーケースがお出迎え。オープンと同時にケーキだけなく、クロワッサンやクッキー、マフィンなどでいっぱいになるショーケースからは、目が離せません。

アイシングクッキーを添えて、濃厚なブラウニーを堪能!

奥から「ラルフズブラウニー&バニラアイス」(1045円)、「ポロ ベア クッキー」(594円)

今回はSNSでも話題になっている、「ラルフズブラウニー&バニラアイス」を注文。温かいブラウニーと冷たいバニラアイスの組み合わせが相性抜群なだけでなく、別売りの「ポロ ベア クッキー」を添えれば、写真映え間違いなしのかわいらしいブラウニーが完成します!

「ラルフズブラウニー」では、創業者ラルフ・ローレンさんの奥様である、リッキー・ローレンさんの実家に伝わる秘伝のレシピを再現しています。ずっしりと濃厚かつ上品な甘さは、甘い物好き必見。

添えられたビターチョコソースをかければ、バニラアイスと混ざり合い、さらに濃厚な味わいを堪能することができます。しっとりとしたブラウニーと、ザクッとしたクッキーの食感も楽しんで!

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

おやつ時間に行きたい!焼き菓子が魅力のカフェ vol.4 | 久屋大通「Ralph’s COFFEE(ラルフズ コーヒー)」

WRITER

Mizuki Seto

Mizuki Seto

愛知県出身。大学でデザインについて学び、編集職に憧れて入社。趣味はテニスと好きなバンドのライブへ行くこと。休日は愛用のカメラを片手に気になるカフェを巡っている。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中区
  4. おやつ時間に行きたい!焼き菓子が魅力のカフェ vol.4 | 久屋大通「Ralph’s COFFEE(ラルフズ コーヒー)」

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。