絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

素材の味を生かした懐石料理が絶品の、日本料理店「懐韻」(ナツネ)【西区・丸の内】
#和食

2023.12.13wed

素材の味を生かした懐石料理が絶品の、日本料理店「懐韻」(ナツネ)【西区・丸の内】

腕を極めた料理人による、“コスパ120%な一品”を堪能できるお店をご紹介。高級店にも引きを取らないこだわりの味を、リーズナブルな価格で堪能できます。今回は、「懐韻」(ナツネ)「八寸」に注目!料理人が、今まで培ってきた経験を活かして作る一品に、心を奪われること間違いなしです。

古き良きものを愛する、女性店主が営む「懐韻」(ナツネ)

日本文化を大切にする池田さんが、歴史ある四間道で物置として使われていた大きな蔵を、10年前にリノベーション。「優しくておいしいもの、和食の素朴な良さをお届けしたい」と、昼膳・夜膳ともに、コース料理を月替わりで提供しています。旅館のような風情ある入口は、まるで神秘的な空間に迷い込んだ気分に。

池田美香子さん

懐石料理のケータリング販売で経験を積み、実店舗を持った現在でも、ビュッフェ形式の出張販売やお弁当を販売。一宮の修文学院高等学校では非常勤講師も勤め、「懐韻」の味を幅広く届けています。

カウンター席からは、池田さんが調理する様子を見ながら、ゆっくり食事が楽しめます。

黒塗りの壁や赤色のカーペットが、清潔感のあるモダンな雰囲気を演出。

店内には、ギャラリーへの出張販売で出合った作家の作品が飾られています。

“コスパ120%な一品”懐石料理「八寸」

※内容は月替わりのため、現在提供中のものとは一部異なります

食材を重箱にそのまま盛り付けるのではなく、小鉢も使用することで、彩りを加えた「八寸」。器の中で季節を感じられるような素材使いはもちろん、色合いや食感までこだわりが感じられる品々は圧巻です。様々な食材を合わせるのではなく、1つの食材そのものの味を生かした、シンプルな優しい味付けを噛みしめて。特に野菜は、自家製の無農薬野菜を中心に使用しているため、新鮮さをより一層感じられます。

季節感を取り入れた「先付」。この時は、月見をイメージした「かぼちゃ豆腐」です。

お酒を飲むときも華やかに。酒器は自分のお気に入りの絵柄を毎回選べます。

「懐韻」(ナツネ)

問い合わせ
052-485-5524
場所
名古屋市西区那古野1-2-11 
営業時間
11:30~14:00(LOは13:00)、17:30~21:30(LOは20:00) 
定休日
月・火曜(水曜はディナーのみの営業) 
駐車場
なし
支払方法
カード可・電子マネー不可
Instagram
@natsune1_2_11

 

※価格は税込み表記です
※掲載内容は2023年11月時点の情報です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

素材の味を生かした懐石料理が絶品の、日本料理店「懐韻」(ナツネ)【西区・丸の内】

WRITER

Mizuki Seto

Mizuki Seto

愛知県出身。大学でデザインについて学び、編集職に憧れて入社。趣味はテニスと好きなバンドのライブへ行くこと。休日は愛用のカメラを片手に気になるカフェを巡っている。

  1. トップページ
  2. GOURMET
  3. Mizuki Seto
  4. 素材の味を生かした懐石料理が絶品の、日本料理店「懐韻」(ナツネ)【西区・丸の内】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。