絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

数々の名店で修行を積んだシェフの、本格フレンチを気軽に味わう。「ma-beau」(マーボー)【中区・千種】
#ディナー

2023.12.14thu

数々の名店で修行を積んだシェフの、本格フレンチを気軽に味わう。「ma-beau」(マーボー)【中区・千種】

腕を極めた料理人による、“コスパ120%な一品”を堪能できるお店をご紹介。高級店にも引きを取らないこだわりの味を、リーズナブルな価格で堪能できます。今回は、「ma-beau」(マーボー)「鯛茶漬け ~ma-beau風~」に注目!料理人が、今まで培ってきた経験を活かして作る一品に、心を奪われること間違いなしです。

2023年9月にニューオープンした「ma-beau」(マーボー)

明るい木目を基調にした、カジュアルな雰囲気が漂う空間ながら、繰り出されるのは高級レストランで経験を積んだ内野さんが作る、本格ビストロフレンチです。店名の「beau」にはフランス語で”美“という意味があり、彩りにこだわった一皿で客をトリコにしています。魚屋でも働いていた経験を活かし、毎日新鮮なものを仕入れて作る、魚料理がイチオシです。アラカルトが充実しているだけでなく、四季を五感で感じられるような季節のコース料理も見逃せません。

内野雅紀さん

東京の星付きレストラン「Florilège(フロリレージュ)」で経験を積み、ワインの産地としても有名なフランス・ボーヌに留学。そこでも星付きレストラン「Le Benaton(ル ベナトン)」に入り、帰国後も数々の料理店で腕を磨きました。

外観は、大通りから少し外れた路地に見えるフランス国旗が目印です。隠れ家のような雰囲気が◎。

むき出しになった電球はどこかおしゃれで、穏やかな灯りが大人の憩い場を演出しています。 

“コスパ120%な一品”「鯛茶漬け~ma-beau風~」

愛知県産の鯛を、くるみと魚醤のタレに絡めた「鯛茶漬け~ma-beau風~」(990円)。

鯛の骨から取っただしを客の目の前でかけて完成。あっさりとした優しい味わいは、〆にピッタリです。

豚の頭の肉や、エビをパリパリの生地で包んだ「春巻~ma-beau風~」(1650円)。春巻きに使われている酸味の効いたラビゴットソースには、ドライトマトを入れるなど、味のアクセントまでピカイチです。

ソムリエの資格も持つ内野さんが、料理に合うワインを教えてくれます。

ma-beau(マーボー)

問い合わせ
052-211-8270
場所
名古屋市中区新栄3-5-15 M’sビル1F
営業時間
17:30~23:00(LOは22:00)※最終入店は20:00
定休日
月曜、第1・3・5の日
駐車場
なし
支払方法
カード・電子マネー可
Instagram
@ma_beau2391

 

※価格は税込み表記です
※掲載内容は2023年11月時点の情報です

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

数々の名店で修行を積んだシェフの、本格フレンチを気軽に味わう。「ma-beau」(マーボー)【中区・千種】

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中区
  4. 数々の名店で修行を積んだシェフの、本格フレンチを気軽に味わう。「ma-beau」(マーボー)【中区・千種】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。