絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

ワンランク上のホテルライクな暮らしが叶う。「ライオンズ一宮グランフォート」のマンションギャラリー&モデルルームを体験!
#暮らし

2023.12.15fri

PR

ワンランク上のホテルライクな暮らしが叶う。「ライオンズ一宮グランフォート」のマンションギャラリー&モデルルームを体験!

JR「尾張一宮駅」からフラットかつ一直線にのびる大通りを歩いて10分(800m)ほど。周囲には生活利便施設だけでなく、公園や真清田神社の緑が広がる中心にほど近い地に、地上15階建て全88邸の新たな街のシンボルとなる「ライオンズ一宮グランフォート」が誕生します。

3100㎡超の開放感あふれる敷地を生かしたオープンガーデンや、ホテルライクな屋根付きの車寄せ、全戸南向きのラグジュアリーな室内など、ワンランク上のゆとりある暮らしが叶うと幅広い世代に人気です。

今回は、KELLY世代のインフルエンサー二人が、現在オープン中のマンションギャラリーを訪問!実際にモデルルームを見学しながら、その魅力を体験してきました。

マンションギャラリー外観

miharu.さん(写真左)
名古屋のママライター。Instagramでは、愛娘とのおでかけスポットやグルメを紹介。住まいでは家族全員が快適に過ごせるよう、部屋数や収納スペース、セキュリティを重視!Instagram/@run723m

奈々子さん(写真右)
大人のバレエやフラワーアレンジメント教室などのお稽古サロン「ココマドンナ」を経営。これまで複数のマンションに住んだ経験あり。共用部や設備の充実度にこだわる派!Instagram/@nanako__official

まずはマンションギャラリーへ!映像や模型で物件の特徴をチェック

受付

今回訪れたのは、JR「尾張一宮」駅の近く(150m 徒歩2分)にあるマンションギャラリー。まずは、住まいの希望や、現在の家に対する不満などについてのアンケートに答えた後、映像やスライドを見ながら、物件の特徴や概要について説明を受けました。

商談室(個室)

奈々子さん

立地や外観デザインのポイントなど、とても分かりやすく教えていただきました!

次に、模型を見学。「ライオンズ一宮グランフォート」は、JR「尾張一宮」駅から徒歩10分(800m)でありながら、広い敷地を生かして「駐車場設置率100%(全88戸に対し88区画分をご用意)」や「EV車充電対応駐車場10区画」を実現しています。庇付きの「車寄せ」や「オープンガーデン」や「プライベートガーデン」など、植栽が豊富に設けられているのもうれしいポイントです。

模型コーナー

スタッフ
中澤さん

外観にはガラス手すりをとり入れて、抜け感や立体感のあるスタイリッシュなデザインとしました。

miharu.さん

一宮市の中心にほど近い立地で駐車場設置率が100%、平置駐車場が25台も確保されているのはすごい!

奈々子さん

雨の日に買い物から帰ったとき、両手いっぱいに荷物があると傘がさせないので、屋根付きの車寄せがあるのはうれしいですね!

キッズコーナーも用意

いよいよモデルルームを体験!暮らしのイメージを膨らませよう♪

マンションギャラリーの2階にあるモデルルームは、80㎡超の2LDK+WIC(ウォークインクロゼット)+WTC(ウォークスルークロゼット)というゆったりとした間取りが魅力。その南側に設けられているのが、約19.2畳の間口いっぱいのワイドリビングです。真ん中に柱がない4面のセンターサッシからは、明るい陽光があふれます。

リビング・ダイニング・キッチン

miharu.さん

LDKは開放感抜群で、まるで一戸建てみたいですね♪

奈々子さん

床が濃いめの色で、汚れが目立たないのもいいですね。

リビング・ダイニング

スタッフ
中澤さん

奥行きが約1.9mある広々としたバルコニーは、床を木目調にすることで、リビングとの一体感と広がりを演出しました。テーブルや椅子を置いて、セカンドリビングとしてもお使いいただけます。

奈々子さん

南に面したバルコニーで、朝食を味わうのも気持ちがよさそう!

miharu.さん

窓が大きく開くから、洗濯物もスムーズに干せますね。

キッチン

キッチンは、家族とのコミュニケーションが取りやすい対面式に。ライオンズマンションのオリジナルで、天板の作業スペースや料理を受け渡しするカウンターが、広めにつくられているのがポイント。コンロ前と横の壁には、マグネットが付けられ、油汚れなどの拭き取りが簡単なホーローパネルを採用しています。

miharu.さん

収納たっぷり!奥まで引き出せるので、大きなお鍋やフライパンもスムーズに出し入れできますね。背面のキャビネットには、コーヒーメーカーやゴミ箱用の収納スペースがあるので、キッチンがすっきりと保てそう。

洋室(1)

奈々子さん

寝室は、ドレッサーも余裕で置ける広さがあり、ゆったりくつろげそうです。

ウォークスルークロゼット

主寝室からも、廊下からもアクセスできるウォークスルークロゼット(設計変更タイプ)。2方向からアクセスできるため、着替えや家事がスムーズに行えます。

奈々子さん

寝室を通らなくても、廊下からアウターだけパッと取って出かけられるので、使い勝手が良さそうですね!

miharu.さん

これだけの収納スペースがあれば、子どものものが増えても安心です。

洗面室

スタッフ
中澤さん

洗面・浴室はキッチンのすぐ背後にあり、動線が短く家事をスムーズに行えます。また、水まわりが固まって配置されているので、将来、リフォームがしやすいのもポイントです。

奈々子さん

ブルーのモザイクタイルがかわいらしく、清潔感があって素敵!

浴室

浴室には、少ない水量でも勢いあるシャワーを可能にした「スイッチ付きエコフルシャワー」や、雨の日に役立つ「浴室暖房乾燥機」などが設置されています。

複層ガラス体験コーナー

「ライオンズ一宮グランフォート」は、大幅な省エネを実現した(省エネ基準比20%以上削減)、一宮市初(※1)の「ZEH-M(ゼッチマンション) Oriented」です。夏場の太陽の熱を約40%カットし省エネに役立つのが、Low-E複層ガラス。モデルルームでは、Low-E複層ガラスがいかに熱を伝えないかを、単層ガラスと比較して体感できます。

奈々子さん

Low-E複層ガラスは、紫外線もカットしてくれるのがうれしい♪

住まいのギモンにお答え!気になるアクセスや環境、セキュリティは?

Q1.共用部分で注目すべきポイントは?
A1.ホテルライクな車寄せや、約430㎡の緑地が注目です。

車寄せ完成予想図

プライベートガーデン完成予想図

「ライオンズ一宮グランフォート」には、ホテルのような上質感のある車寄せが設けられる他、オープンガーデンや、プライベートガーデンなど約430㎡の緑地がつくられ、日々の暮らしにゆとりをもたらしてくれます。植栽には、一宮市の木であるハナミズキをはじめ、在来種の植物が50%以上使用され、小鳥たちのための巣箱やバードバスも。

ラウンジ完成予想図

また、来客やマンションの住人同士の語らいの場として利用できる、上質なラウンジも用意されています。

Q2.交通アクセスについて教えてください。
A2.電車、車ともにアクセスは良好です。

「ライオンズ一宮グランフォート」から、JR「尾張一宮駅」までは徒歩10分(800m)、「名鉄一宮駅」までは徒歩11分(880m)と、2路線が利用できます。JR「名古屋駅」まで直通17分(※2)(新快速利用)、「名鉄名古屋駅」まで直通21分(特急急行利用)、「岐阜駅」や「名鉄岐阜駅」、JR「刈谷駅」、名鉄「中部国際空港駅」へのアクセスも便利です。

外観完成予想図

スタッフ
中澤さん

名古屋方面、名神高速道路方面、高山・富山方面に向かう際に利用する各インターチェンジまで、車のアクセスも良く、快適なカーライフを楽しめます。

奈々子さん

インターが近く、名古屋への買い物や、郊外に遊びに出かけやすいのがいいですね!

miharu.さん

マンションの目の前にバス停があり、駅まで直通でアクセスできるのも、雨の日には助かりそう。

Q3.ロケーションや生活利便性は?
A3.一宮市の中心にほど近く、利便性の高い暮らしが満喫できます。

JR「尾張一宮」駅(800m 徒歩10分)の駅ビルにある「アスティ一宮」(730m 徒歩10分)にはスーパーマーケットの「成城石井」(730m 徒歩10分)(平日23時まで営業)をはじめ、ドラッグストアの「マツモトキヨシ」(730m 徒歩10分)、カフェの「プロント」(800m 徒歩10分)などが豊富にそろう他、「市立押場保育園」(210m 徒歩3分)や「九品寺幼稚園」(510m 徒歩7分)、「市立西小学校」(650m 徒歩9分)も近く、「総合大雄会病院」(1010m 徒歩13分)や「一宮市立市民病院」(950m 徒歩12分)などの大きな病院も近隣にあります。また、「真清田神社」(470m 徒歩6分)をはじめ、公園も徒歩6分(480m)圏内に4カ所(※3)もあり、自然を身近に感じる暮らしが叶います。

miharu.さん

JR「尾張一宮」駅(800m 徒歩10分)の駅ビルにある「一宮市中央立図書館」(800m 徒歩10分)や、「一宮市役所」(920m徒歩12分)などの公共施設が近いのもうれしいです。

Q4.セキュリティについて教えてください。
A4.トリプルセキュリティシステムを採用しています。

エントランス(風除室)、エントランスホール、住戸玄関の3段階でセキュリティを設けています。エントランス(風除室)とエントランスホールは、鍵をポケットやカバンに入れたままでもオートロックが解錠される、ハンズフリーID認証システムを採用しています。

Q5.ZEH-M(ゼッチマンション)のメリットとは?
A5.室内全体が快適で、光熱費も節約できます。

「ライオンズ一宮グランフォート」は、一宮市初(※1)の「ZEH-M(ゼッチマンション) Oriented」として、壁だけでなく天井や床にも断熱材を施工。魔法瓶のように中が冷めにくい構造のため、少ない冷暖房で室内全体を快適な温度に保つことができます。通常よりも電気代が節約できます。(エネルギー消費用を20%以上削減)。

奈々子さん

断熱性は気にしたことがなかったのですが、部屋の快適さや光熱費を左右する、重要な要素だと感じました!

スタッフ
中澤さん

「ライオンズ一宮グランフォート」に興味を持ってくださった方や、疑問がある方など、下記のURLからモデルルームの見学予約を♪現地案内も行っておりますので、気軽にお越しください!

ライオンズ一宮グランフォート マンションギャラリー

問い合わせ
0120-117406(ライオンズマンション総合ご案内センター)
住所
愛知県一宮市栄2-10-3(マンションギャラリー)
営業時間
10:00~18:00
定休日
火・水・第2木曜定休(祝日を除く)
※2023年12月19日(火)~2024年1月4日(木)の間は年末年始の休業をさせていただきます。
公式サイト
https://lions-mansion.jp/ME201063/


※1.日本で初めてZEHマンションが誕生した2017年以降に、愛知県一宮市内で販売された新築分譲マンションでZEH-Mの取得は本物件が初めてとなります(MRC調べ/2022年5月現在)
※2.「名古屋」駅を午前8時25分到着の設定で算出した所要時間となります。ジョルダン「乗換案内」より Ⓒ2023 Jorudan Co.,Ltd.(2023年11月調査)
※3.上本町公園 320m 徒歩4分、音羽公園 360m 徒歩5分、大宮公園 460m 徒歩6分、野黒公園 470m 徒歩6分
● 掲載のマンションギャラリーの外観写真、館内写真は2023年11月に撮影したものです。
● 外観完成予想図・エントランスアベニュー完成予想図・車寄せ完成予想図・ラウンジ完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。
● 絵図中の植栽は、ある程度成長した状態の予想図です。また特定の季節や建物完成時の状態を想定して描かれたものではありません。
● 葉や花の色合い、樹形等はイメージであり、実際のものとは異なります。また、植栽計画は変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
● 外構・植栽計画の形状・色等は、今後変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
● 距離表示は「ライオンズ一宮グランフォート」の現地からの地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。
● 電車の表示分数は朝の通勤ラッシュ時の所要時間で、時間帯により多少所要時間は異なります。目的地を午前8時30分到着の設定で算出した所要時間となります。ジョルダン「乗換案内」より Ⓒ2023 Jorudan Co.,Ltd.(2023年11月調査)
● 駐車場は全88戸に対し88区画分ご用意しております。
● 共用部の使用条件・使用料等は管理規約によります。
● 掲載の室内写真は、マンションギャラリー内のモデルルーム(Fタイプの設計変更(有料)プラン)を撮影したもので、標準仕様とは異なります。また、一部オプション仕様(有料)が含まれている他、家具・備品等に関しては配置例を示したもので販売価格には含まれません。
● 設計変更の受付は終了しております。
● 表示内容は2023年11月の調査時点のものです。
● 掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

Please Share

ワンランク上のホテルライクな暮らしが叶う。「ライオンズ一宮グランフォート」のマンションギャラリー&モデルルームを体験!

WRITER

Masahiro Sugiyama

Masahiro Sugiyama

金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。2016年秋から、地元・愛知へUターン。月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。』(ともに主婦の友社)など。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 暮らし
  4. ワンランク上のホテルライクな暮らしが叶う。「ライオンズ一宮グランフォート」のマンションギャラリー&モデルルームを体験!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。