絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

2024年2月10日~12日はナディアパークに集合!「NADYA PARK HOLIDAY MARKET(ナディアパーク ホリデイマーケット)“花とアクセサリー”」を開催
#マルシェ

2023.12.30sat

2024年2月10日~12日はナディアパークに集合!「NADYA PARK HOLIDAY MARKET(ナディアパーク ホリデイマーケット)“花とアクセサリー”」を開催

地下鉄「栄駅」と「矢場町駅」からほど近い場所にあるナディアパークにて、2024年2月10日(土)~12日(月・祝)まで、「NADYA PARK HOLIDAY MARKET(ナディアパーク ホリデイマーケット)“花とアクセサリー”」の開催が決定!

各日、物販20店舗とフードトラック3店舗の計23店舗が出そろいます。一足先に春を感じられる花をモチーフにしたアクセサリーや雑貨・小物、バレンタインギフトにもピッタリなフィナンシェやカヌレなどの焼き菓子が購入可能です。また、クレアーレB1Fにある「クリエイターズショップ・ループ」からも、5店舗が出店予定。

今回は、KELLY編集部が気になる出店者を詳しくご紹介していきます!

自然を感じるアイテムに癒されて

初開催となる「ナディアパーク ホリデイマーケット“花とアクセサリー”」では、タイトル通り、花をモチーフにしたアイテムの数々を中心に販売を行います。普段はなかなか手にすることのできない、様々な素材でできたアクセサリーや雑貨に注目です。

3日間出店予定の「quatre KAEN(キャトルカエン)」(@quatrekaenでは、花の縁で繋がった作家たちが手がける作品を販売。ドライフラワーのリースやスワッグ、日々の暮らしに彩りを添える花小物、アクセサリーなど、この機会に手に入れたいラインナップが充実しています。

「つる草シリーズ」

10、11日には愛知県のイベントを中心に活躍する「ソルティレイジュ」(@yuki_nomodaが登場。“日常に軽やか楽しみを”をコンセプトに、葉をモチーフとした、かぎ針編みの装身具、壁飾りなどを制作しています。「つる草シリーズ」のイヤリングやピアスをはじめ、糸からできた作品はとても軽く、パッと目を引く個性も持ち合わせています。

八重桜のアクセサリー

11日のみの出店となる「Jima(ジマ)」(@jima_01では、岐阜県の伝統工芸品であるハサミと美濃和紙を使用したものづくりが行われています。和紙を一枚一枚丁寧に切って、花弁となる部分を着色。春にピッタリな温かいカラーで、気持ちも晴れやかになる作品をぜひ、手に取ってみて。

12日には、長野県を中心に活躍する「Hana to Ki to(ハナトキト)」(@hana.to.ki.to_mが、ドライフラワーのミニブーケなどを販売。インテリア、キッチン、ファッションまで、暮らしの様々な場面で使える花と木のアイテムがそろいます。

同じく12日限定で、多数のマルシェに出店中の「ハレトケアロマ」(@haretoke.aromaも登場。100%植物由来のエッセンシャルオイルを6種類ブレンドした、アロマ雑貨を提供。 リラックスしたいときや、気持ちを切替えたいときにぴったりの香りを楽しんで♪

その他にも、物販ブースでは焼き菓子の購入も可能。

3日間出店する「フィナンシェリーアッシュ」(@financierie.hは、1番人気の定番フィナンシェにチョコレートをコーティングした、冬限定のフィナンシェをメインに販売。フィナンシェ×カカオの組み合わせは、バレンタインの贈り物にもピッタリ!

12日には、「minnano(ミンナノ)」(@minnano.yakigashiが登場。厳選した国産米粉やオーガニック原料を使用した、植物性焼き菓子を提供します。 小麦粉、卵、乳製品、白砂糖不使用の体に優しいお菓子がそろい、中でももっちり食感のベーグルやふわふわシナモンロール、さくさくのクッキーやスコーンが人気です。

他にも、思わず誰かにプレゼントしたくなるような商品の数々は必見!

フードトラックで心温まるホットなメニューをゲット

その場で食べることができるフードトラックブースでは、挽きたてのコーヒーなどが味わえるだけでなく、ハワイアンフードやホットドック、キッシュなど、満足感の味わえるメニューまで販売。

10、11日に出店するのは、レトロなワーゲンバスで移動販売を行う「MAGNI’S COFFEE TRUCK(マグニーズ コーヒー トラック)」(@magniscoffeetruck。煎りたて・挽きたて・淹れたての自家焙煎で、コーヒー好きを唸らせる一杯を提供します。

12日には、キッシュと水餃子が自慢の「CLOTH OVER(クロッシュ オーバー)」(@cloth_over.foodtruckが登場します。生地から手作りのキッシュには、旬の野菜やお肉、魚介類などを使用。本場・中国直伝のソースをアレンジし、本格的でありながらも日本人好みの味に仕上げられた、水餃子も堪能することができます。餡もラム肉や豚肉を使い、バリエーション豊富で、一度食べると病みつきに!

買い物を終えた後の、ちょっとした小腹を満たしたいときにも、ぜひ立ち寄ってみて。

LINEお友だち登録

Please Share

2024年2月10日~12日はナディアパークに集合!「NADYA PARK HOLIDAY MARKET(ナディアパーク ホリデイマーケット)“花とアクセサリー”」を開催

WRITER

Mizuki Seto

Mizuki Seto

愛知県出身。大学でデザインについて学び、編集職に憧れて入社。趣味はテニスと好きなバンドのライブへ行くこと。休日は愛用のカメラを片手に気になるカフェを巡っている。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中区
  4. 2024年2月10日~12日はナディアパークに集合!「NADYA PARK HOLIDAY MARKET(ナディアパーク ホリデイマーケット)“花とアクセサリー”」を開催

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。