絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

表現力を駆使した魅力的な3つの楽曲とは

――求めていることや方向性がファンの皆さんと一緒というのは、蒼井さんにとっても、ファンの皆さんにとっても素敵なことですね。たくさんの魅力が詰まった3rdアルバム『DETONATOR』の新録の中で、特にお気に入りの楽曲を教えてください。

リード曲の「Freestyle Lover」です。6年分の曲が集まったアルバムのスタートの曲ですし、楽曲をいただいた時に、お世話になっている作家の方々が「僕のことをよく見てくれているな」「僕の隅々までこう感じてくれているな」っていうのがわかった曲でもあります。
僕自身もこういう自分でありたいなと思うのと同時に、今生きている全ての人が、自分の心から、腹の底から湧き上がった感情や決意、信念を、他の周りの人たちに言われた言葉や空気に左右されないで、まず自分自身を愛していくということが大事だと思わせてくれる楽曲です。この曲があれば、僕もみんなも、“自分”という色を大切にできると思います。そういう曲に出会えたのはすごくうれしかったので、レコーディングの時も、今まで以上にキレイにカッコ良く歌うだけじゃなくて、声を少しひずませてみたり、時に語尾をグッと上げてみたり。自分の中に今ある表現で最大限に遊んだ曲ですね。
決意を新たにしたい時、自分を変えたい時、自分はこうだよねって再確認したい時に聴いてもらえたら、自分をより大事にできる、胸を張れる時間や瞬間が作れるんじゃないかと思います。

▼蒼井翔太「Freestyle Lover」

――いろいろな言葉が出てきますし、メロディーも相まって力強い楽曲ですね。この記事をきっかけに、蒼井さんの楽曲を聴く方々へ特におすすめしたい曲は何でしょうか。

「Alright」ですね。背中を押す、押されるっていう面では「Freestyle Lover」と同じかもしれないですけど、日ごろ自分自身に対して「大丈夫、大丈夫」って言い聞かせる「大丈夫」とは別に、友達や家族、仕事の上司や同僚、大切な人たちが近くにいてくれて「大丈夫だよ」と言ってくれる「大丈夫」の言葉の力は、とてつもなく大きいなと思うんですよ。そばにいてくれる人たちの言葉だと、大丈夫って前向きになれますよね。そういう身近な大切さを教えてくれる楽曲だと思っていて、ちょっとへこんじゃった時に聴くと元気をもらえますし、笑顔で外に1歩出たい時とかに聴くと、前向きな気持ちにさせてくれると思います。

――楽曲からもらえるエネルギーは大きいですよね。

あとは、新しいエッセンスとして、アルバムにブーストをかけてくれている、8曲目の「8th HEAVEN」ですね。僕が前から好きで、刺激を受けている「女王蜂」のアヴちゃんが、作詞と作曲をしてくださっています。ドラマシャワー『ワンルームエンジェル』のOP主題歌になっているんですけど、実写ドラマになる前に、原作のドラマCDという形で、僕と声優の杉田智和さんでダブル主演をやらせてもらっていたんです。ドラマCDが終わって、数年が経って、次は歌い手としてこの作品に関わらせていただいて、とてもご縁を感じています。
そして、僕にとって奇跡と言える出来事なんですけど、大好きな「女王蜂」のアヴちゃんが作ってくださった楽曲で、とてもうれしいです。実は、元々アヴちゃんが歌うはずだったんですけど、いろいろなタイミングが重なって、僕にこの曲を託してくださったんです。それは、『ワンルームエンジェル』原作者のはらだ先生が、ドラマCDの収録のことを覚えてくださっていて、「翔太くんになら託せるんじゃないか」と、名前を出してくださったらしいんですよ。そうして、僕の元にこの楽曲が辿り着いたんです。

――それはすごいご縁ですね。

これまでも、みんなを楽しませようっていう思いでやってきましたけど、この6年の中で、もっとみんなに寄り添いたい、寄り添えるような楽曲を歌っていきたいという思いが強くなってきたタイミングで、アヴちゃんが作ったメロディー、旋律、サウンドがとっても良くて、何よりも言葉がストレートに入ってくるこの楽曲を歌えるという事。11年目で、さらに蒼井翔太のアーティスト活動にまた一つ必要なエッセンスが加わったんじゃないかなと思っています。
それと、この曲には『ワンルームエンジェル』の主人公二人の心の中の表現がそれぞれ入っているんです。一つの楽曲に、二つの魂が入ることはあまりないと思うので、僕の中では“魂の曲”と捉えています。すごくスローな楽曲ですが、1番インパクトのある楽曲になっていると思いますね。

――アルバムの中に12曲あって、「8th HEAVEN」が8番目に入ってることで、すごくアクセントになっていると感じました。

タイトルの「8th HEAVEN」は、第7天国と言われる“セブンスヘブン”のまた上を行く、そのさらに次の世界という意味なんです。他の曲と聞き比べてる中で、それぞれの曲の印象の流れからそこ(アルバムの8曲目)にしか入らなかったんですよね。

声出し解禁のライブを“爆発的”に楽しんで!

――1月28日(日)から、ライブツアー「蒼井翔太 LIVE 2024 WONDER lab. DETONATOR」が始まりますが、今回はどんなライブになりますか。

これまで、派手な演出やファンタジーな演出をやってきました。今回は、アルバム『DETONATOR』のジャケット写真自体がシンプルなので、その雰囲気や世界観を引き継ぐようなものになると思います。でも、蒼井翔太のライブは“目で見ても楽しい”ところを大事にしたいので、みんながこれまで楽しんできた派手な演出も入れています。
あと、「DETONATOR」は、「爆発的」という意味合いもあるので、来てくださった皆さんの感情が“どーんと爆発する”ものにしたいと思います! 声出しもできるので、爆発的に楽しんでほしいですね。心に残るライブになる、とすでに思っていますし、ライブに向けて新しく挑戦していることがあるので、それも楽しみにしていてください。全公演とも成功するかわからないですが、精一杯やります。

――新しい挑戦が何なのか、とても楽しみです! ライブツアー開催前には、アルバムのリリースイベントでファンの皆さんとの交流がありましたね。

名古屋でのリリースイベントは、約5年ぶりだったんですよ。それとリリースイベントは、いつもより皆さんとの距離が近かったので、一人ひとりの顔をまじまじと見ることができました。マスクをしていても、笑顔がにじみ出ているのがわかって、とても微笑ましかったです。

ファンの皆さんへのメッセージ&ライブツアー情報

――最後に、いよいよ始まるライブツアーを楽しみにしているファンの皆さん、この記事をご覧になっている方々へメッセージをお願いいたします。

2023年は、年が変わるギリギリまで、ステージに立たせていただくことができて、とても良い年越しになりました。その流れで、2024年1月からライブツアーがスタートします。蒼井翔太にとって11年目の始まりとなる大事なライブなので、めちゃくちゃ気合いが入っていますし、僕のライブとしては声出し解禁のツアーになるので、皆さんがこれまで声を出せなかった分の思いを受け止める覚悟です! 溜め込んできた分、精一杯、声を出していただいて、その声を僕は聞きたいと思っています。皆さん、僕が全力でお返しするパフォーマンスを、ただ楽しむ、受け取るだけの覚悟ぐらいで、ライブツアーに来てください。東海エリアの皆さん、愛知「一宮市民会館」でのライブ、僕も楽しみにしていますので、ぜひ会場でお待ちしてます!

――ありがとうございます。蒼井さんも“爆発的”にライブツアーを楽しんでくださいね!!

蒼井翔太さんの3rdアルバム『DETONATOR」は、絶賛発売中。
このアルバムを引っ提げてのライブツアー「蒼井翔太 LIVE 2024 WONDER lab. DETONATOR」が、2024年1月28日(日)からスタートします!

初日の1月28日(日)は大阪「NHK大阪ホール」2月12日(月・祝)は愛知「一宮市民会館」2月24日(土)と25日(日)は東京「TOKYO DOME CITY HALL」と、全部で4公演。

蒼井翔太さんもかなり気合いが入っている今回の公演。ライブへ行く前に、アルバム『DETONATOR』を聴き込んで、会場ではぜひ“爆発的”に盛り上がって、特別な思い出を作りましょう!

3rdアルバム『DETONATOR』
2023年11月8日(水)リリース

●初回限定盤(CD+Blu-ray+PHOTO BOOK)5280円
※スペシャルBOX仕様、36Pフォトブック封入
<CD収録内容>
1.Freestyle Lover
2.Eclipse ※TVアニメ『デビルズライン』OPテーマ
3.BAD END ※TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』EDテーマ
4.J-E-A-L-O-U-S
5.PSYCHO:LOGY ※TVアニメ『ポプテピピック TVアニメーション作品第二シリーズ』OPテーマ
6.Key to My Heart ※ドラマイズム『REAL⇔FAKE Final Stage』EDテーマ
7.Tone ※TVアニメ『この音とまれ!』OPテーマ
8.8th HEAVEN ※ドラマシャワー『ワンルームエンジェル』OP主題歌
9.Harmony ※TVアニメ『この音とまれ!』第2クールOPテーマ
10.Alright
11.give me ♡ me ※TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』EDテーマ
12.巡

<Blu-ray収録内容>
MUSIC VIDEO
1.Eclipse
2.Tone
3.Harmony
4.BAD END
5.give me ♡ me
6.Freestyle Lover
MAKING
Freestyle Lover

●通常盤(CD ONLY)3300円
<CD収録内容>
1.Freestyle Lover
2.Eclipse ※TVアニメ『デビルズライン』OPテーマ
3.BAD END ※TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』EDテーマ
4.J-E-A-L-O-U-S
5.PSYCHO:LOGY ※TVアニメ『ポプテピピック TVアニメーション作品第二シリーズ』OPテーマ
6.Key to My Heart ※ドラマイズム『REAL⇔FAKE Final Stage』EDテーマ
7.Tone ※TVアニメ『この音とまれ!』OPテーマ
8.8th HEAVEN ※ドラマシャワー『ワンルームエンジェル』OP主題歌
9.Harmony ※TVアニメ『この音とまれ!』第2クールOPテーマ
10.Alright
11.give me ♡ me ※TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』EDテーマ
12.巡

公式サイト
http://www.shouta-aoi.jp/
YouTube @aoishoutaKING
X @shouta0811aoi
STAFF X @AOISHOUTAstaff
STAFF Instagram @aoishoutastaff
ライブツアー特設サイト
https://www.shouta-aoi-sp.jp/2024detonator/


※掲載内容は2024年1月時点の情報です
※価格は税込み表記です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

Please Share

声優・アーティスト・俳優として活動する蒼井翔太さんにインタビュー!3rdアルバム『DETONATOR』を引っ提げたライブツアー、ファンの皆さんへの思い

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Satomi Hirata
  4. 声優・アーティスト・俳優として活動する蒼井翔太さんにインタビュー!3rdアルバム『DETONATOR』を引っ提げたライブツアー、ファンの皆さんへの思い

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。