絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

2024年4月7日(日)までの期間限定オープン!「鶴舞公園 桜まつり ビヤガーデン」名古屋随一の桜の名所でお花見バーベキュー!!
#ビアガーデン

2024.3.19tue

2024年4月7日(日)までの期間限定オープン!「鶴舞公園 桜まつり ビヤガーデン」名古屋随一の桜の名所でお花見バーベキュー!!

暖かくなってきた今日このごろ。開放的な気分を堪能できる、ビアガーデンやバーベキューがおすすめ!

今年で開園115周年を迎える「鶴舞公園」は、約700本もの桜が咲き誇り、“名古屋の桜の名所”の一つとしても人気のスポットです。
また、「鶴舞公園桜まつり2024」において、2024年3月15日(金)~4月7日(日)までの期間限定で「鶴舞公園 桜まつり ビヤガーデン」がオープン中です! 美しい桜を眺めながら、おいしいグルメとお酒を満喫してみてはいかがでしょうか♪

名古屋を代表する桜の名所「鶴舞公園」

「鶴舞公園」は、今年で開園115周年を迎えます。また、約700本の桜を楽しむことができ、名古屋を代表する花見の名所として、毎年多くの花見客で賑わっています。
「鶴舞公園 桜まつり ビヤガーデン」オープン期間中の18時~21時は、「さくら名所100選の地」に選ばれている桜林がライトアップされ、幻想的な美しい夜桜を鑑賞することができるように。

場所取り・買い出しいらずのお花見バーベキュー

「鶴舞公園 桜まつり ビヤガーデン」には、生ビールとバーベキューが楽しめる「お花見バーベキュー120分食べ飲み放題」コースがスタンバイ。

名古屋ビール園 浩養園の名物である、ジンギスカンをはじめ、牛カルビ・豚カルビ・プルコギ・長ネギと鶏ももの焼き鳥風などのお肉や野菜の他、枝豆やキムチなどのおつまみを食べ放題を楽しむことができます。
また、コースにはサッポロ生ビール黒ラベルなど各種ドリンクの飲み放題が付いてくるのもうれしいポイント。

さらに、お店を予約するだけで、お花見で手間のかかる場所取りと買い出しが完了! “お手軽バーベキュー”が叶いますよ♪
開催期間は、2024年3月15日(金)~4月7日(日)まで! 同僚や友人、家族などと一緒に桜を眺めながらビアガーデンやバーベキューをしてみてはいかがでしょうか。

鶴舞公園 桜まつり ビヤガーデン

電話番号
052-741-0213(予約直通)
052-741-0211(問い合わせ)
※雨天中止(雨天中止の場合、空席次第で「名古屋ビール園 浩養園」の焼肉ホールへ案内)
場所
名古屋市昭和区鶴舞1-1「鶴舞公園」内
開催期間
2024年3月15日(金)~4月7日(日)
営業時間
月~金曜は11:00~16:00 17:00~21:30
土・日曜、祝日は11:00~21:30(オーダーストップは21:00)
お花見バーベキューの料金
大人5000円、未成年4200円、小学生2500円、幼児500円、3歳以下無料
飲み放題のみの料金
アルコール・ソフトドリンク飲み放題 大人3000円、ソフトドリンク飲み放題 未成年1500円、小学生1000円、幼児300円、3歳以下無料
※月~金曜11:00~16:00
※鶴舞公園内のキッチンカー・屋台で購入された商品に限り、料理の持ち込みが可能


※掲載内容は2024年3月時点の情報です
※価格は税込み表記です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

2024年4月7日(日)までの期間限定オープン!「鶴舞公園 桜まつり ビヤガーデン」名古屋随一の桜の名所でお花見バーベキュー!!

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. ビアガーデン
  4. 2024年4月7日(日)までの期間限定オープン!「鶴舞公園 桜まつり ビヤガーデン」名古屋随一の桜の名所でお花見バーベキュー!!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。