絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

名古屋の小倉トーストがおいしいモーニング9選! 駐車場ありのカフェやおすすめの老舗喫茶など
#カフェ

2024.3.22fri

名古屋の小倉トーストがおいしいモーニング9選! 駐車場ありのカフェやおすすめの老舗喫茶など

名古屋を訪れたら一度は食べたい、喫茶店の定番といえば、やっぱり小倉トースト。
今回は、写真映え間違いなしのカフェから、老舗の有名店まで、名古屋市内で楽しめるおすすめの9店舗をご紹介します。

「喫茶ニューポピー」【中村区・国際センター】

モーニングセット(ドリンク代+150円)※ドリンク550円~

自家製のあんがのったゴマパン、農家から直接仕入れたローゼルのジャムのシンプルなトースト、ゆで卵、ポテトサラダ、サラダが付いた一皿。

惜しまれながら閉店した名喫茶「喫茶ポピー」を継承する形で、2019年1月にオープン。焙煎豆問屋が運営しているだけあって、自家焙煎コーヒーのおいしさはもちろん、コーヒーでごはんを炊いた「コーヒーライスカレー」など、ユニークなメニューも提案します。店主の母お手製のあんは、やさしい甘さで、リピーターも多い一品です。

Hoshikawa

いつ訪れても、温かいおもてなしが印象的。古き良き喫茶文化と新しさが融合した、心地良い空間が広がります

喫茶ニューポピー

問い合わせ
052-433-8188
場所
名古屋市西区那古野1-36-52
営業時間
8:00~18:00(LOは17:30)※金・土曜は~22:00(LOは21:30)
※モーニングは~11:00
定休日
木曜
駐車場
なし
Instagram
@kissa_new_poppy
アクセス
地下鉄「国際センター駅」から徒歩で約7分

「天然酵母の食パン専門店 つばめパン&Milk」【北区・尼ケ坂】

小倉トースト(ドリンク代+220円)

食パンは、しっとり・もちもち食感がポイント。北海道産小倉を伊勢の湧き水と砂糖のみで炊き上げた伊勢製餡のつぶあんと、こだわりの北海道産生ホイップを同時に堪能することができます。

「SAKUMACHI商店街」にある、人気の食パン専門店。一日限定30本の天然酵母食パン「熟香」(1200円)と、北海道美瑛産小麦を100%使用した食パン「絹香」(800円)が二大看板メニューです。カフェスペースでは、絹香を焼いた厚切りトーストや多彩なスイーツなど、多彩なアレンジメニューがお待ちかね❤

Hoshikawa

食パン専門店ならではのおいしさは、さすがの一言! 食べる前の記念撮影がお約束です

天然酵母の食パン専門店 つばめパン&Milk

問い合わせ
052-938-6116
場所
名古屋市北区大杉1-18-21 SAKUMACHI商店街
営業時間
8:00~19:00(LOは18:30)
※モーニングは~11:00
定休日
不定休
駐車場
3台
Instagram
@tsubamepan_and_milk
アクセス
名鉄「尼ケ坂駅」から徒歩で約2分

「イトウ珈琲喫茶室」【東区・高岳】

「プチやま 小倉バター」(380円)

本間製パンの「プチ山」を厚切りで使用した「プチやま 小倉バター」は、片手に納まるかわいらしいサイズで、表面はカリッと、中はモチフワな食感が絶妙です。バターを塗った食パンの上には、北区にある「館林製餡」の粒あんがたっぷりトッピングしています。

1951年に創業した「イトウ珈琲商会」が、焙煎工場として使われていたガレージスペースを改装を経て、2023年12月にオープンした喫茶店。店内は、テーブル席やカウンター席を15席ほど用意。もともと焙煎工場として使われていたこの場所は、コンクリートの壁と高い位置にある窓が印象的です。

Hoshikawa

こだわり尽くしの小倉トーストは、ワンハンドで食べれる手軽感が魅力です。芳醇なコクと甘みが特徴の「OFFの珈琲」と一緒に味わってみて!

イトウ珈琲喫茶室

場所
名古屋市東区泉1-7-25
営業時間
10:30~18:30
定休日
日曜
Instagram
@ito_coffee_kissa
アクセス
地下鉄「高岳駅」より徒歩で約8分

「コーヒーハウスかこ 柳橋店」【中村区・国際センター】

「シャンティールージュスペシャル」(700円)、「コーヒー」(550円)

自家製あんこに、季節の果物で作られる自家製フルーツコンフィチュールをトッピングしたトーストと、鮮度にこだわるコーヒーとご一緒に。

名古屋で初めて自家焙煎コーヒーを始めたと言われる「コーヒーハウスかこ」は、創業48年の老舗喫茶店。こだわりが詰まった看板メニューは、ファンも多く、地域に愛され続けています。

Hoshikawa

フレッシュな果実感をダイレクトに感じるコンフィチュールは、あんことの相性も抜群!

コーヒーハウスかこ 柳橋店

場所
名古屋市中村区名駅5-30-4 名駅KDビル1F
営業時間
7:00~17:00(LOは16:30)
定休日
木曜
駐車場
なし
Instagram
@kako_yanagibashi
アクセス
地下鉄「国際センター駅」より徒歩で約分

「喫茶七番」【中区・伏見】

「Bセット」(ドリンク代+200円)

トーストとウインナー、サラダが付いた「Bセット」。さらに+200円で、蜜漬けされた特製の小倉あんを追加すれば、小倉トーストに変身! 食パンには、マーガリンではなく有塩バターが塗ってあるのもポイントです。

日常的な交流ができるコミュニティスペースを目指して、「喫茶七番」はオープンしました。都会の喧騒から離れた路地裏に店があるので、居心地も良く、女子会や子連れにもおすすめです。

Hoshikawa

「永楽堂」の食パンを使用したトーストは、耳までやわらかく、冷めてもおいしい! ドリンク代のみの「Aセット」でも、あんこを追加すれば小倉トーストが楽しめますよ。

喫茶七番

問い合わせ
なし
場所
愛知県名古屋市中区錦2-7-7 オリマチNishiki 1-A
営業時間
7:30~18:00(LOは17:30)
※土・日曜・祝日は8:00~
定休日
無休
駐車場
なし
Instagram
@kissa_7ban
アクセス
地下鉄「伏見駅」より徒歩で約6分

「CAFE TOLAND」【中区・上前津】

「あんバタートースト」と「季節のフルーツジャムトースト」の 「ハーフ&ハーフ」(700円)

トーストのメニューは、3種類の中から2種類を組み合わせることができます。「あんバタートースト」の小倉あんは、北海道十勝の小倉を使用。粒感があり、ほど良い甘さで、厚切りでサクサクな「大須ベーカリー」の食パンとマッチ!生の果物とサトウキビを100%使用した「季節のフルーツジャムトースト」もおすすめです。

コンセプトは、“名古屋最大規模のラグジュアリーな隠れ家カフェ”。扉を開けると、窓から明るい日差しが差し込み、開放感のある空間が広がっています。各テーブルの間隔が広いので、周りを気にせずプライベートな時間が過ごせます。

Hoshikawa

モーニングを注文するとドリンクが300円引きになる、ちょっと変わったサービスで提供してくれます。その他、あんバターをスコーンにサンドした一品も◎。

CAFE TOLAND(カフェ トゥーランド)

場所
愛知県名古屋市中区大須4-11-5 Z’s building 6F
営業時間
7:30〜19:00(LOは18:30)
モーニングは7:30〜11:00(LOは10:30)
※水・木曜以外
定休日
水曜
駐車場
なし
Instagram
@cafe_toland
アクセス
地下鉄「上前津駅」より徒歩で約2分

「モーニング喫茶リヨン」【中村区・名駅】

小倉あんプレスサンド(ドリンク代のみ)※ドリンクは450円~

モーニングは、6種類の中から選べ、すべてドリンク代のみで提供してくれます。名古屋らしい小倉あんは、ぜひオーダーしてみてください。

朝から夕方まで一日中モーニングが楽しめることで有名な、言わずと知れた名物喫茶。名古屋のモーニング文化を体験するのにもってこいの店で、週末の朝は大行列必至です。

Hoshikawa

赤いサンシェードが目印のモーニングが一日中楽しめる店です。あんこのプレスサンド以外にも、フルーツやポテトなどがサンドされたメニューも展開しています。

モーニング喫茶リヨン

問い合わせ
052-551-3865
住所
名古屋市中村区名駅南1-24-30 三井ビル本館別棟B1F
営業時間
8:00~18:00(モーニングは終日)
定休日
無休
駐車場
なし
アクセス
「名古屋駅」から徒歩で約6分

「ハセ珈琲店」【中村区・国際センター】

創業は1954年の「ハセ珈琲店」では、居心地が良く、時間の流れがゆったりと感じられます。2代目マスターが淹れるコーヒーと、粒あんが一面に塗られた小倉トーストにファンが多い一品です。

Hoshikawa

トーストの上に粒あんがぎっしり! セットは、ヨーグルトとゆで玉子付きです。

ハセ珈琲店

問い合わせ
052-551-4847
住所
愛知県名古屋市西区名駅3-11-2 サンタウン名駅三丁目ビル1F
営業時間
7:30~17:00
定休日
日曜、第1土曜
駐車場
なし
アクセス
地下鉄「国際センター駅」より徒歩で約8分

「yoake」【中村区・名駅】

「小倉トースト」

※写真はイメージ

およそ5cmの厚さがあるトーストに合わせるのは、「OHAGI3」で愛される自家製のあんこ。国産小豆を使い、精製していない粗糖で炊いた優しい味わいです。

給食配膳用の昇降エレベーターなど、小学校の趣が残る空間でありながら、カウンター席ではコンセントと、wi-fiが利用可能。小学校時代を思い起こさせる遊び心いっぱいの空間は、懐かしい気分が味わえます。

Hoshikawa

バターで描いたにっこり笑顔もキュートな厚切りトーストの上に、粒感のある特製のあんこがたっぷり。心もお腹も満たされます。

yoake

問い合わせ
052-526-2288
場所
名古屋市西区那古野2-14-1 なごのキャンパス1F
時間
8:00~17:00(LOは16:00)、土日~18:00(LOは17:00)
定休日
無休
駐車場
なし
Instagram
@yoake_kitchen
アクセス
「名古屋駅」から徒歩で約10分

※価格は税込み表記です
※店舗の詳しい情報は各公式サイトをご確認ください

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

名古屋の小倉トーストがおいしいモーニング9選! 駐車場ありのカフェやおすすめの老舗喫茶など

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. 名古屋
  3. カフェ
  4. 名古屋の小倉トーストがおいしいモーニング9選! 駐車場ありのカフェやおすすめの老舗喫茶など

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。