絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

近鉄特急「ひのとり」で行く、こだわり女子旅@大阪〈Part.2〉
#おでかけ

2024.3.30sat

PR

近鉄特急「ひのとり」で行く、こだわり女子旅@大阪〈Part.2〉

「近鉄名古屋駅」から「大阪難波駅」まで、乗り換えなしの約2時間で結ぶ、近鉄特急「ひのとり」。洗練されたデザインと、快適性をとことん追求したくつろぎの空間で、移動時間も特別なものにしてくれます。

今回はそんな、近鉄特急「ひのとり」をたっぷりと解説! さらに、大阪イチの繁華街「ミナミ」をはじめ、アート、夜景、レストランなど感性を刺激する施設が集結する「あべの・天王寺」や韓国グルメの宝庫「鶴橋」を巡る“レディ”な大阪モデルコースをPart1とPart2の2回にわたってお届けします♪

▼Part.1はこちら

Check!

近鉄特急「ひのとり」で行く、こだわり女子旅@大阪〈Part.1〉

近鉄特急「ひのとり」で行く、こだわり女子旅@大阪〈Part.1〉

「近鉄名古屋駅」から「大阪難波駅」まで、乗り換えなしの約2時間で結ぶ、近鉄特急「ひのとり」。洗練されたデザインと、快適性をとことん追求したくつろぎの空間で、移動時間も特別なものにしてくれます。 今回はそんな、近鉄特急「ひのとり」をたっぷりと解説! さらに、大阪イチの繁華街「ミナミ」をはじめ、アート、夜景、レストランなど感性を刺激する施設が集結する「あべの・天王寺」や韓国グルメの宝庫「鶴橋」を巡る“レディ”な大阪モデルコースをPart1とPart2の2回にわたってお届けします♪ スペシャルな旅の始まりに胸を膨らませて。 車体は艷やかなメタリックレッドに、大きく翼を広げたひのとりのロゴがトレードマーク 旅をするとき、目的地への移動時間にもこだわりたいもの。大阪方面へ向かうならぜひ活用したいのが、2020年にデビューした近鉄特急「ひのとり」。運賃+座席指定の通常特急料金に加え、レギュラー車両はわずか+200円。レギュラー車両からプレミアム車両へのアップグレードは、たった+700円で可能(どちらも「近鉄名古屋」駅~「大阪難波」駅間)と、コスパの良さも魅力のひとつです。 印象的かつ優雅な外観デザインは、2020年度グッドデザイン賞を受賞! これから始まる旅と、車内空間への期待が高まります。 左から、かとこさん、Licaさん 今回、近鉄特急「ひのとり」のプレミアムな乗車体験と女子旅を楽しんでいただくのは、読者モデルのかとこさん(@katoco0326)・Licaさん(@lica829)。かっこいい車体に思わず、記念写真をパシャリ♪ 大きな車窓からの景色にうっとり♡ 車両にはレギュラーとプレミアムの2タイプがあり、今回はプレミアム車両に乗車。両先頭車両だけのスペシャルな空間が広がっています。車両に入ってまず目を引くのが、開放感たっぷりの大きな窓。通常よりも床が高く設計されているため、目の前に美しい自然や街並みが広がり、見晴らし抜群です。 すべての座席にバックシェルを採用しており、リクライニングしても後ろの座席に倒れていかないので、気兼ねなくくつろげるのがうれしい。座席の前後感覚も130cmと広く、ゆとりあるプライベート感を実現します。 プレミアム車両では、体が包み込まれるような心地良い本革シートを使用。高さや角度が変えられるヘッドレストと、電動で伸縮するレッグレストがついており、自分好みの座り心地に調整できます。 シートは肘かけにある操作パネルで調整可能! その他にも、シートヒーターやドリンクホルダー、読書灯など、移動時間を快適にするうれしい機能が満載! 「雑誌・書籍要約飲み放題サービス」で旅先の情報収集をしたり、折りたたみ式テーブルでお弁当を食べたり…思い思いの過ごし方で、目的地までの時間を楽しんで♡ 大阪へはゆったり&快適な近鉄特急「ひのとり」で! 近鉄名古屋駅⇔大阪難波駅 問い合わせ 050-3536-3957(近鉄電車テレフォンセンター) ※電話受付 8:00~21:00(無休) 料金 プレミアム車両 5690円 (普通運賃2860円+特急料金1930円+特別車両料金900円) レギュラー車両 4990円 (普通運賃2860円+特急料金1930円+特別車両料金200円) 運行時間 近鉄名古屋駅、大阪難波駅ともに 毎時00分発に加え、他にも数本運行 ※一部の時間を除く。詳しくは公式サイトを確認 公式サイト https://www.kintetsu.co.jp/senden/hinotori/ DAY.1【心斎橋】「長崎堂 心斎橋本店」 近鉄特急「ひのとり」の終点「大阪難波駅」から、1泊2日のモデルコースで最旬スポットをご案内します♪ 1日目は、大阪イチの繁華街「ミナミ」エリア(難波・心斎橋周辺)と、アート、夜景、レストランなど感性を刺激する施設が集結する「あべの・天王寺」エリアを巡ります。 まるで宝石のような美しさ! 直営店限定菓子をお土産に。 創業100余年の歴史を誇る和洋菓子店「長崎堂」。看板商品のカステラはもちろん、トレンドに敏感な女子の人気を集めているのが「クリスタルボンボン」。心斎橋本店と住吉店のみの限定商品で、3種類のリキュールを使った大人向けの砂糖菓子です。 桃色・水色・白色に輝く、まるで宝石のように美しいボンボンと、乙女心をくすぐるピンクのパッケージと宝石箱のような小箱がかわいいと話題に。家族や友人へのお土産にもぴったり♡ 長崎堂 心斎橋本店 問い合わせ 06-6211-0551 場所 大阪府大阪市中央区中央区心斎橋筋2-1-29 営業時間 10:00~17:00 定休日 火・水曜定休 公式サイト https://www.nagasakido.com/ DAY.1【心斎橋】「中華旬彩 森本」 行列のできる大阪中華で、名物よだれ鶏の絶品ランチ。 ランチ「森本名物! 四川式よだれ鶏」(スープ、サラダ、デザート付1600円) 本場で修業を積んだシェフの本格中華が、カジュアルに楽しめると評判の中華料理店。名物の「よだれ鶏」は、地鶏を蒸し上げ、13種類の香辛料・調味料を使った黒酢ダレと、自家製辣油でいただく四川料理の一つ。しっとりジューシーな鶏肉に、うま辛ダレが絡み合います。 50席ほどの店内は、昼時はすぐ満席に! ランチは、コースのみ予約可能なのでお見逃しなく。 中華旬彩 森本 問い合わせ 06-6252-6022 住所 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-4-14 SHINSAIBASHI ENKYO ビル B1F 営業時間 11:30~15:00(LOは14:30) 18:00~22:00(LOは21:30) 定休日 水曜定休 公式サイト http://media-up.jp/morimoto/ DAY.1【なんば】「LIP ATELIER 大阪北堀江店」 好みの色や香りを調合して、世界でひとつのリップ作りを体験。 1日6組限定の貸切制で、オリジナルのリップスティックを手づくりできるお店。ベース素材に、30色から選べるパウダーやラメを自分好みに調合すれば、世界で一つのカラーが完成! 所要時間は約1時間。作り方はスタッフが丁寧にレクチャーしてくれるので、初めての方も安心です。 ケースに付けるチャームは約150種類から選べます(2個まで料金込み)。 好みのフレーバーや、リップの型、ケースやチャームも選ぶことができ、あれこれ迷う時間も楽しい♪ 完成品はこちら! 左からLicaさん、かとこさんが制作したリップ。 お店ではなかなか出合えない色や自分好みの色を調合して作ることができるのがうれしいですね。世界でひとつだけのリップを手に入れてみてはいかがでしょうか。 LIP ATELIER 大阪北堀江店 問い合わせ 090-3283-9069 住所 大阪府大阪市西区北堀江1-17-11 リバーライズ 402 営業時間 12:30~18:30 ※完全予約制 料金 2名(2本)1万円 ※1名の場合は一人で2本制作、3名以上は追加+5000円~ ※HPより事前カード決済(オプションのみ当日現金払い) 定休日 無休 Instagram @lipatelier.official DAY.1【なんば】「bluepearpie」 おやつタイムのお目当ては、ザクザクふわふわ自家製パイ♥ 「Raspberry chocolatepie」(900円)、「Tiramispie」(980円)、「Chocolate(HOT/ICE)」(各800円) 大阪で大人気のカフェ「bluepear Coffee Photo」の姉妹店。かわいいルックスと味にもこだわったパイをお目当てに、入店待ちができるほどの人気ぶり! ザクザクの自家製パイ生地の中には、なめらかなカスタードやふわふわのホイップクリームがたっぷり入っていて、パクリと頬張れば、甘い幸せが口いっぱいに広がっていきます♡ 注文したメニューは「PICK UP」ゾーンで受け取り♪ Instagramフォロワー限定の会員制カフェ。韓国テイストの洗練された空間で、どこで撮影してもかわいい写真が撮れるのが魅力的。 bluepearpie(ブルーペアパイ) 住所 大阪府大阪市西区新町2-18-19 SHINSAIBASHI ENKYO ビル B1F 営業時間 11:00~17:00(LOは16:30) 定休日 無休 Instagram @bluepearpie Part.2では、ひのとりの座席周辺以外のサービスや「天王寺・阿倍野」エリア~DAY.2「鶴橋」エリアのモデルコースをご紹介! 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2024.03.30近鉄特急「ひのとり」で行く、こだわり女子旅@大阪〈Part.2〉https://kelly-net.jp/enjoytoday/20240330070024103546.html 取材・文/中西沙織  撮影/武富将洋 ※掲載内容は2024年3月時点の情報です ※価格はすべて税込み表記です

スペシャルな旅の始まりに胸を膨らませて。

車体は艷やかなメタリックレッドに、大きく翼を広げたひのとりのロゴがトレードマーク

旅をするとき、目的地への移動時間にもこだわりたいもの。大阪方面へ向かうならぜひ活用したいのが、2020年にデビューした近鉄特急「ひのとり」。運賃+座席指定の通常特急料金に加え、レギュラー車両はわずか+200円。レギュラー車両からプレミアム車両へのアップグレードは、たった+700円で可能(どちらも「近鉄名古屋」駅~「大阪難波」駅間)と、コスパの良さも魅力のひとつです。

印象的かつ優雅な外観デザインは、2020年度グッドデザイン賞を受賞! これから始まる旅と、車内空間への期待が高まります。

左から、かとこさん、Licaさん

今回、近鉄特急「ひのとり」のプレミアムな乗車体験と女子旅を楽しんでいただくのは、読者モデルのかとこさん(@katoco0326)・Licaさん(@lica829)。かっこいい車体に思わず、記念写真をパシャリ♪

▼ラグジュアリーな座席のレポートはこちら
https://kelly-net.jp/enjoytoday/20240323070045103498.html

旅人に寄り添う、充実のサービスも◎。

座席周り以外にも、移動時間の快適性をアップグレードしてくれる設備やサービスが充実しています。例えば、デッキ部分には、座席以外でもくつろげるベンチシートを設置。座席とはまた異なる雰囲気を味わうことができます。

さらに、交通系ICカードで操作できる無料ロッカーも! 置き場に困りがちな大型トランクなどもラクラク収容可能で、荷物の多い旅行時には特にうれしいサービスです。

「挽きたてコーヒー」(200円)。

ホッと一息つきたいときには、挽きたてコーヒーやお菓子がいつでも購入できるカフェスポット♪

自販機では、お菓子の他にも「ひのとり」オリジナルグッズを販売。「ひのとり」の車両やロゴがあしらわれたグッズは、旅の記念やお土産にもぴったり。

おしゃべりや景色を眺めて楽しく過ごしていたら、約2時間の乗車はあっという間。車内がブルーになったら「もうすぐ終点の大阪難波駅に到着」の合図です。名残惜しさも残しつつ、帰路の列車で再び乗車できるのを楽しみに。

大阪へはゆったり&快適な近鉄特急「ひのとり」で! 近鉄名古屋駅⇔大阪難波駅

問い合わせ
050-3536-3957(近鉄電車テレフォンセンター)
※電話受付 8:00~21:00(無休)
料金
プレミアム車両 5690円
(普通運賃2860円+特急料金1930円+特別車両料金900円)
レギュラー車両 4990円
(普通運賃2860円+特急料金1930円+特別車両料金200円)
運行時間
近鉄名古屋駅、大阪難波駅ともに
毎時00分発に加え、他にも数本運行
※一部の時間を除く。詳しくは公式サイトを確認
公式サイト
https://www.kintetsu.co.jp/senden/hinotori/

DAY.1【天王寺・阿倍野】「あべのハルカス」

近鉄特急「ひのとり」の終点「大阪難波駅」から、1泊2日のモデルコースで最旬スポットをご案内します♪ 1日目は、大阪イチの繁華街「ミナミ」エリア(難波・心斎橋周辺)と、アート、夜景、レストランなど感性を刺激する施設が集結する「あべの・天王寺」エリアを巡ります。

▼Part.1では「ミナミ」エリアのおすすめスポットをご紹介!
https://kelly-net.jp/enjoytoday/20240323070045103498.html

開館10周年! 高さ300mを誇る、大阪を代表するランドマーク。

2024年3月に開館10周年をむかえた複合施設「あべのハルカス」。美術館に展望台、百貨店、ホテルまでそろう充実の内容で、一日かけて楽しめる。美術館でアートの世界に触れたり、地上約300mの展望台からドラマチックな夕焼けや夜景を眺めたり。大阪の観光名所が一望できるため、旅の途中に一度は立ち寄りたいスポットです。

タワー館B1F「あげもちCocoro」の「彩りあられ」(1296円)

タワー館B1F「ザ・マスターbyバターバトラー」の「ラムレーズンバターミルフィユ」(3個1782円)※近鉄本店限定

あべのハルカス近鉄本店」は、日本最大級の売り場面積を誇る百貨店。ここだけのデパ地下グルメや近鉄本店限定のお土産も必見です!

「ヘリポートツアー」※各回、定員30名様(先着順)

58~60階にある展望台「HARUKAS 300」。夕暮れからの夜景は特にドラマチックな景色を望むことができます。空中散歩気分が楽しめる天井回廊や、吹き抜けの天空庭園にはカフェも。360℃の大パノラマが広がるヘリポートツアーも開催しています。

あべのハルカス

住所
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
公式サイト
https://www.abenoharukas-300.jp/

DAY.1【天王寺・阿倍野】「大阪マリオット都ホテル」

天空のホテルで、上質な空間と美食に満たされて。

「あべのハルカス」の上層階に位置する「大阪マリオット都ホテル」では、すべてのゲストルームに床から天井までの大きな窓を設置しています。街の喧騒から離れ、眼下に広がる景色を独り占め♪

レストラン「ZK」の欧風ディナー一例。※写真はイメージ

欧風料理から日本料理、鉄板焼までそろうレストラン「ZK」も。 さらに、宿泊者限定の座禅や日本舞踊体験といった心身のリフレッシュアクティビティや、開放的な空間でティータイムが楽しめる「LOUNGE PLUS」も。心に残るひとときは、大人の女子旅や記念日にもぴったりです。

大阪マリオット都ホテル

問い合わせ
06-6628-6111
住所
あべのハルカス19F
時間
IN15:00/OUT12:00
公式サイト
https://www.miyakohotels.ne.jp/osaka-m-miyako/

レストラン「ZK」

問い合わせ
06-6628-6187(電話受付 10:00~20:00)
場所
大阪マリオット都ホテル 57F
営業時間
11:30~14:30(LO)
17:00~22:00(LOは21:00)

DAY.2【鶴橋】「大阪コリアタウン」周辺

本場グルメにショッピング…気分は韓国へプチトリップ!

鶴橋周辺にはいくつも商店街がありますが、中でも観光客や女子に人気を集める「大阪コリアタウン」。東西500mほどにおよそ150もの店舗が軒を連ねています。おいしそうな匂いに誘われて歩いていくと、本場グルメや食材店などがずらりと並び、まるで現地の街並みに迷い込んだよう。最近では、周辺に韓国の最新トレンドを体感できるおしゃれカフェやショップも急増中で、今ドキ女子必見! 今回は大阪コリアタウン周辺にある、中でもおすすめな店舗をご紹介します。

【デチョルはペゴパ】

韓国の地下鉄をモチーフにしたカラフルな店内で、食事やカフェ利用もできるカフェレストラン。6人まで貸切できる個室は、まるで電車の中にいるみたい!映え間違いなしの空間で韓国人シェフがつくる、本格的な韓国グルメを味わって。

「駅弁」(1100円)

人気メニューは、ご飯の上に、キムチ、ハム、目玉焼きなどをのせた「駅弁」。蓋をして振れば、ビビンバが完成♡

テイクアウト限定「チーズケーキ」(各600円)

テイクアウト限定の「チーズケーキ」は、まるでアニメに出てくるチーズのようだと大人気! スコップ型のスプーンで、ビスケットをまぶしながら召し上がれ。

デチョルはぺゴパ

問い合わせ
06-6796-7997
営業時間
11:00~21:00
定休日
無休
住所
大阪府大阪市生野区鶴橋3-8-38
eKOREATOWN 1F
公式サイト
https://pegopa-tsuruhashi.owst.jp/

【徳山商店 大阪コリアタウン本店】

「豚キムチポッカ」(500円)

創業75年の韓国伝統餅と韓国食材のお店。辛味がクセになる「豚キムチポッカ」や韓国の伝統餅をアレンジした「クルトッ」は、食べ歩きにもぴったり♡ 目の前の大きな鉄板で、「チヂミ」や名物の「トッポギ」など、本場韓国の味を再現したメニューが味わえる屋台ブースも設置されています。

黒蜜&くるみを包んだ、モチモチ団子「クルトッ」(5個500円)

徳山商店 大阪コリアタウン本店

住所
大阪府大阪市生野区桃谷4-6-16
営業時間
8:00~17:00
定休日
無休
Instagram
@tokuyama1948

【感性空間 鶴橋本店】

韓国で人気のクリエイターやブランドの作品をそろえた、韓国雑貨のセレクトショップ「感性空間」。

ゆるふわなキャラクター雑貨や食器、ファッションアイテムなど種類豊富に商品がずらりと並ぶ店内は、眺めているだけでも胸が躍ります。日本ではなかなか手に入らない、お気に入りの雑貨がきっと見つかるはず!

遊び心の効いたゆるふわキャラで大人気!Plushキーリング「プラキオ」(1980円)

感性空間 鶴橋本店

住所
大阪府大阪市生野区桃谷3-4-12
営業時間
10:00~18:00
定休日
無休
Instagram
@gamsung_3412

【スンちゃんCAFE】

鶴橋で唯一、韓国伝統宮廷菓子「福糸玉」を販売しているお店。「福糸玉」とは、硬い飴を1万6000本以上まで伸ばし、繊細な糸の中に香ばしいナッツをたっぷり入れたデザートです。出来立てはふわふわで、口に入れた瞬間に溶ける不思議な食感にトリコになります。

職人・スンちゃんのパフォーマンスに釘付け!

宮中茶菓「福糸玉」(10個1080円)

スンちゃんCAFE

問い合わせ
06-6711-5599
場所
大阪府大阪市生野区桃谷3-7-13
営業時間
11:00~17:00(土・日曜、祝日は10:00~)
定休日
火曜・不定休
公式サイト
https://sunchancafe.com/

大阪コリアタウン

問い合わせ
06-6712-7150(大阪コリアタウン事務局)
住所
大阪府大阪市生野区桃谷3~5丁目
公式サイト
https://osaka-koreatown.com/


取材・文/中西沙織 
撮影/武富将洋
※掲載内容は2024年3月時点の情報です
※価格はすべて税込み表記です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

近鉄特急「ひのとり」で行く、こだわり女子旅@大阪〈Part.2〉

WRITER

Eri Kimura

Eri Kimura

三重県出身。学生時代は、読書や映画鑑賞、バンド活動に、アパレル店員として働くなど多趣味全開で奔走。現在は新人編集者として奮闘中!

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 大阪
  4. 近鉄特急「ひのとり」で行く、こだわり女子旅@大阪〈Part.2〉

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。