絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

推し活ダイアリー♡ vol.7|「トム・エバハート展」開催中♪日本初公開&先行販売スタートの名古屋会場レポート
#アート

2024.4.12fri

推し活ダイアリー♡ vol.7|「トム・エバハート展」開催中♪日本初公開&先行販売スタートの名古屋会場レポート

ハロプロ、K-POP、野球、キャラクターもの、時代劇、お笑い、神社仏閣…。
何かにハマるととことん推し始め、つい深掘りしたくなる。いつの日か、推しの対象は一つにしてならず。

そんな“人生、推したもん勝ち!”の編集部・ヒラタによる、企画「推し活ダイアリー♡」

第7回目の推しテーマは、「スヌーピー」&「トム・エバハート」です!

「スヌーピー」は、世界的人気コミック『PEANUTS™︎』のキャラクター。トム・エバハートさんは、『PEANUTS™︎』のキャラクターたちを唯一アート表現できる画家です。

トム・エバハートさんの展示販売会「トム・エバハート GW 2024特別新作発表展“Sha La La”」が開催スタート!
記念すべき展示の初日は、名古屋会場「イオンモール Nagoya Noritake Garden 3Fイオンホール」です。

今回、『PEANUTS™︎』ファンの編集部が一足早く「トム・エバハート展」へ行ってきました! 特別企画展の様子をレポートします。
2024年4月12日(金)~14日(日)までの開催なので、ぜひこの記事を参考に足を運んでみてください。

▼前回の推し活ダイアリー

Check!

推し活ダイアリー♡ vol.6|「ちいかわ×くら寿司」コラボキャンペーン♪編集部のリアルレポート!

推し活ダイアリー♡ vol.6|「ちいかわ×くら寿司」コラボキャンペーン♪編集部のリアルレポート!

ハロプロ、K-POP、野球、キャラクターもの、時代劇、お笑い、神社仏閣…。 何かにハマるととことん推し始め、つい深掘りしたくなる。いつの日か、推しの対象は一つにしてならず。 そんな“人生、推したもん勝ち!”の編集部・ヒラタによる、企画「推し活ダイアリー♡」。 第6回目の推しテーマは、『ちいかわ』です! 『ちいかわ』は、SNSで発信していた漫画をきっかけに話題になった、イラストレーター・ナガノさんによるキャラクターで、ゆるいイラストの中にある、独特な世界観で人々を魅了しています。 2024年3月8日(金)から、回転寿司チェーン「くら寿司」では『ちいかわ』コラボキャンペーンを実施中! 「くら寿司」店舗の各テーブルに設置されている、「ビッくらポン!」で当たりが出ると、『ちいかわ』の限定グッズやアイテムがもらえたり、会計金額2500円ごとにオリジナルグッズがプレゼントされたりなど。“ちいかわマニア”にはたまらないイベントになっています! 今回、ヒラタの「推し活ダイアリー」に推し活仲間のゲストが登場! 編集部のセトさんと共に、「ちいかわ×くら寿司」のコラボキャンペーンへ行ってきたので、その様子をレポートします。 ▼前回の推し活ダイアリー 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2024.02.08推し活ダイアリー♡ vol.5|画家・女優として活躍中!糸川優さん個展「ガーデ...https://kelly-net.jp/enjoytoday/20240208110052101739.html 「ちいかわ×くら寿司」の素敵コラボ♡ 「くら寿司」限定のちいかわグッズが入った「ビッくらポン!」 回転寿司チェーンの人気店「くら寿司」。2024年3月8日(金)から、『なんか小さくてかわいいやつ』略して『ちいかわ』とのコラボキャンペーンがスタート! 『ちいかわ』は、2020年にXで漫画の連載が始まると、すぐ話題に。2021年には単行本が刊行され、2022年にアニメ化されました。 物語の内容や「ちいかわ」たちが発するメッセージに共感する人が多く、男女問わず人気のキャラクターです。 私にとっては、2023年12月に松坂屋名古屋店で開催されていた「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~」以来の“ちいかわ現場”。 ▼前回の“ちいかわ現場”レポート 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2023.12.20推し活ダイアリー♡ vol.3|「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品...https://kelly-net.jp/enjoytoday/2023122013005098731.html 「ちいかわ×くら寿司」コラボキャンペーンが始まる前日、私とセトさんは雑誌の入稿を(必死の形相で)終えたばかり。 今回のコラボキャンペーンの告知があった日から、とっても楽しみにしていたので、私たちにとっては“特大ご褒美イベント”なのです! そのため、混雑するであろうキャンペーン初日でも確実に入店して、お寿司と『ちいかわ』を堪能したいという熱い気持ちで、事前に予約ができる店舗を探して予約しました。 私たちが案内された席は、テーブル席の25番。このテーブルにすべてがかかっています。 Fave Comment 『ちいかわ』の中では、特に「ハチワレ」推しのヒラタです。今回の「推し活ダイアリー」にはゲストが登場ということで、私もいつにも増してテンションアップ! 推し友がいるって楽しいですね~♪ 当日は、やはり『ちいかわ』お目当てのお客さんが多かったようです。店内のあちこちで、「ちいかわ」関連の言葉が交わされていました! 編集部・ヒラタとセトが初手に注文したお寿司たち。 「ちいかわ×くら寿司」のコラボキャンペーン初日は、愛媛県の海の幸が勢ぞろいした「大とろと愛媛県」フェアが始まる日でもあり、初めて見るお寿司のネタにもテンションが上がりました! SETO’s Comment 「推し活ダイアリー」初のゲスト、編集部のセトです。私が『ちいかわ』を好きになったきっかけは、あるグループの推しメンが好きだったから。推し活が、さらなる推し活を生みます! 『ちいかわ』の中では、「うさぎ」が好きです。 回転レーンには、キュートな『ちいかわ』たちの姿が♡ お寿司のネタと一緒にキャラクターが登場。この「うさぎ」の表情も、不思議と「真いか」と言っているように見えてきます! コラボ期間中は、回転レーン上にも『ちいかわ』のキャラクターたちが登場。「抗菌寿司カバー鮮度くん」に、「ちいかわ」「ハチワレ」「うさぎ」が乗っかっています♪ 「ビッくらポン!」の『ちいかわ』運試し 食べ終わったお皿は、皿回収ポケットへ! 今回のコラボキャンペーンの中でも、特に私たちが楽しみにしていたのが、「ビッくらポン!」で当たりが出るともらえる景品たち。 「ビッくらポン!」は、店舗の各テーブルに備え付けられた皿回収ポケットに、食べ終えたお皿5枚を入れるとゲームに挑戦できるというもの。 このゲームで当たりが出るともらえる景品は、これまでにも様々なキャラクターとコラボレーションをしています。 景品が当たるチャンスが増えるサービス「ビッくらポン!プラス」については、店内のチラシで詳細が確認できます。 皆さん、「ビッくらポン!」で景品が当たるチャンスが増えて、より店内飲食を楽しめるサービス「ビッくらポン!プラス」はご存知ですか? これは、「くら寿司」で食事を始める前に、注文用のタッチパネルで「ビッくらポン!プラス」を選択すると、対象皿の価格が10円プラスになる代わりに、「3回に1回、景品が必ず当たる」仕様になるもの。 グッズを確実にゲットしたい方は「ビッくらポン!プラス」を使うのがおすすめです。 私たちは、“何としてでも(記事の盛り上がりのためにも)、『ちいかわ』グッズをゲットしたい!”と気合い十分のため、「ビッくらポン!プラス」を利用することに。 それぞれ5皿分を食べ終えて、一旦「ビッくらポン!」タイムへ。先行・ヒラタの挑戦…! 「ビッくらポン!」のゲームは何種類かあり、この時は射的ゲームでした。 「ドキドキ…」 「命中!」 気になる景品の中身は… まさかの1回目で当たりが出て、「ビッくらポン!」から景品が出てきました! この景品は、ガチャガチャ式のため、カプセルの中に何が入っているのかまだわかりません。当たっても、ドキドキです。 景品の種類は、オリジナルフィギュア(全5種類)、缶バッジ(全8種類)、マスキングテープ(全5種類)。 ガチャガチャの色味(水色×白色)を見る限り、私の推し「ハチワレ」が入っているのか…!? オリジナルフィギュア(全5種類)のうち、「モモンガ」が当たりました! のりに巻かれていて、かわいすぎる♡ Fave Comment 「くら寿司」へ行くと、「ビッくらポン!」の運試しも楽しみの一つ! 景品が当たるチャンスが増えるサービス「ビッくらポン!プラス」は、コラボキャンペーンや景品がお目当てのお客さんにとっては、うれしいサービスです。最近は、推し活に便利なサービスがどんどん誕生しています! 推し方の手段や方法がいろいろと生まれていますね!! “推し活に優しい世の中”です。 3回に1回当たる「ビッくらポン!プラス」のため、1回目が当たったということは、2・3回目ははずれとわかるシステム。4回目のセトさんの挑戦はいかに…! この回は徒競走ゲームでした。 「当たり~!!」 当たったのは、オリジナルフィギュアの「くりまんじゅう」♪ 「ちいかわ×くら寿司」のロゴプレートも付いていて、とってもキュート♡ SETO’s Comment 『ちいかわ』たちがお寿司に変身した、オリジナルフィギュアが当たって大興奮! キャラクターが「くら寿司」のお皿の上に寝そべっていて、背中にはネタが乗っかっています。当たった景品は並べたり、手の平に乗せたりして写真を撮るのがおすすめ。 オリジナルグッズのプレゼントも! 第1弾のオリジナルグッズである、クリアファイルをゲット! 今回、2500円のお会計ごとに、オリジナルグッズがプレゼントされます。(お持ち帰りを含む※どこでもくら寿司、出前館、Uber Eats、Wolt、menuでのご注文は対象外) オリジナルグッズは第1~3弾まであり、第1弾はクリアファイル(全4種類※2024年3月8日(金)~無くなり次第終了、合計で先着60万名限定)。 第2弾はA5ノート(全4種類※2024年3月15日(金)~無くなり次第終了、合計で先着60万名限定)。 第3弾は下敷き(全4種類※2024年3月22日(金)~無くなり次第終了、合計で先着60万名限定)です。 私たちが行った時は第1弾のクリアファイルの期間で、全4種類の中から希望のものをもらうことができました。選んだのは、「ちいかわ」「ハチワレ」「うさぎ」が、「くら寿司」の回転レーンにちょこんと座っているイラストのもの。(鑑賞用に保存中…♡) 「ちいかわ×くら寿司」のコラボキャンペーンは、2024年3月8日(金)から始まった期間限定イベントです。このかわいすぎるコラボレーションをお見逃しなく! Fave Comment クリアファイルの裏面もかわいいので、ここで紹介したいところですが、受け取った方の楽しみにしていただきたいので、ここでは伏せておきます!(ネタバレ回避) おいしいお寿司を食べながら、『ちいかわ』を愛でることができる、スペシャル企画。このコラボキャンペーンだけのオリジナルグッズをお目当てに、ぜひこの機会に足を運んでみてくださいね♪ 「ちいかわ×くら寿司」コラボキャンペーン 期間2024年3月8日(金)~ 特設サイトhttps://www.kurasushi.co.jp/topic/005378.html ※掲載内容は2024年3月時点の情報です ※価格は税込み表記です

画家のトム・エバハートさんの魅力

会場には作品の他、トム・エバハートさんのパネルも飾られています。

世界的人気コミック『PEANUTS™︎』のキャラクターたちを使って唯一アートを表現できる、画家のトム・エバハートさん
1952年アメリカワシントンDC生まれで、アメリカのイェール大学にて絵画を学び、1970年から80年代にかけて風景画家として活躍していました。
1982年に『PEANUTS™︎』を生涯にわたって描いたチャールズ M. シュルツさんと出会い、トムさんは約8年間にわたって、シュルツさんの500件ものプロジェクトに関わったそう。

その後、1988年から1989年にかけて、ガンのため闘病生活を送っていたトムさんですが、奇跡的な回復によってアーティスト活動を再開。その際、シュルツさんから“『PEANUTS™︎』のキャラクターを使ってアートを自由に表現してみたらどうか”という提案が。そのことがきっかけとなり、トムさんの新しいアートが誕生しました。

Fave Comment

トム・エバハートさんの『PEANUTS™︎』のキャラクターたちを題材にした作品を見ると、風景からも物語性を感じます。それは、元々風景画のアーティストであったとわかり、納得しました! 年代によって異なる作品の色使いや技法にも注目してみると、もっと楽しそう!

今回のメイン作品「Sha La La」

© Peanuts Worldwide LLC
新作「Sha La La」

今回の「トム・エバハート展」には、トム・エバハートさんの創作拠点の一つである“南の島タヒチで囁かれるウワサやナイショ話”をテーマにした、カラフルな光とキャラクターが描かれたアート作品が並びます。

世界限定枚数で制作された版画作品の他、貴重な1点ものの原画作品など、約50点を展示販売。今回の企画展は1年に1度の特に大きなイベントで、作品の中からお気に入りの作品を選んで購入することができる貴重な展示会です。

トムさんのパネル横には、「Sha La La」を制作するにあたってのトムさんの考えが書かれています。

「トム・エバハート展」で、新作「Sha La La」がお披露目! 1つ目の開催場所である名古屋会場は、日本初公開となります!!

「Sha La La」の根本的なテーマは、「人々のコミュニケーション」。これには、トムさん自身が、コロナ禍で人との関わり方やコミュニケーションの考え方が大きく変わったことが影響しているそう。

© Peanuts Worldwide LLC

「Sha La La」は、トムさんのアトリエがある南の島・タヒチで「ゴシップ」という意味を持つ言葉なのだとか。
このことから、これまでにトムさんが雑誌などに取り上げられた切り抜きを、英字新聞をイメージしたような展示物として飾られています。

また、タヒチには“人から人へ、島から島へ、人の言葉で情報を伝達・入手する”ことを意味する「ココナッツラジオ」という言葉があるくらい、スマホが普及している時代にも関わらず、人々のコミュニケーションが活発で気軽なものだそう。

Fave Comment

会場でスタッフさんに話を伺ったところ、トムさんはテーマを表現するために、特に、スヌーピーなどのキャラクターたちの表情を重要視しているようです。トムさんが描く、『PEANUTS™︎』のキャラクターたちのかわいらしいけど、どこか人間味のある表情にはこのような考えが投影されていたからなのですね!

© Peanuts Worldwide LLC
新作 「Punch Line 3in1」

そして、今回の「トム・エバハート展」に展示されている作品のカラフルな色使いにも注目。タヒチのキレイな風景を、蛍光色に近いパキッとしたトーンの色使いによって表現しています。

© Peanuts Worldwide LLC

近くで作品を見てみると、どうやって作品を作っているのかとても気になってきたので、スタッフさんに質問をしてみると…

「トムさんは“ミックスメディア版画”という技法を用いて制作しています。これは、まず原画を描き、それをもとに使用するインクの色の版を1色ずつ作り、紙の上にインクを1色ずつ重ねるもの。コンピューターを使った最新の版画技術と、伝統的なシルクの布を用いた2種類の技法を組み合わせたこの技法によって、より原画に近い版画となるんです」とのこと。

Fave Comment

1枚の作品を仕上げるために、いくつもの工程があると知って驚きました。また、トムさんの作品は版画で、刷った版は破棄しているため、一度制作したものは二度と作らないそう。刷られた作品には、「エディション番号」と言われる限定番号と、トムさんのサインを一枚ずつ直筆されています。とっても貴重!!

© Peanuts Worldwide LLC

上記の写真は、1998~2003年に原画が制作された作品です。最近の作品と比べて見てみると、原色に近い色使いで、線もはっきりしているように感じます。

Fave Comment

展示会場には、「Sha La La」をはじめとする新作や最近の作品たちの他、タヒチでの制作を始める前の作品たちもそろっています。そのため、年代によってトムさんの技法がどのように変わっていったのかをじっくり見ることができますよ。

「トム・エバハート展」の詳細をチェック!

© Peanuts Worldwide LLC
編集部・ヒラタが特に気に入った作品です。作品を見て、自分で物語を想像するのが楽しい♪

トム・エバハートさんの展示販売会「トム・エバハート GW 2024特別新作発表展“Sha La La”」は、名古屋・倉敷・東京・大阪にて開催。
2024年4月12日(金)~14日(日)は、名古屋会場「イオンモール Nagoya Noritake Garden 3Fイオンホール」での開催です。

会場では、新作や世界限定枚数で制作された版画作品の他、貴重な1点ものの原画作品など約50点が展示販売されています。

また、来場の際に特設サイトをスタッフさんへ提示すると、「オリジナル大判ポストカード」がプレゼントされます!
貴重なこの機会に、ぜひ会場へ足を運んでみてください!!

Fave Comment

私自身、アートはそこまで詳しくないのですが、トム・エバハートさんが描く『PEANUTS™︎』のキャラクターたちを見ていると、いろいろなことを想像できて、感情移入しながら楽しむことができました♪

© Peanuts Worldwide LLC

トム・エバハート GW 2024特別新作発表展“Sha La La”

名古屋会場
2024年4月12日(金)~14日(日)11:00~19:00 ※最終日は17:00 閉場
「イオンモール Nagoya Noritake Garden 3Fイオンホール」名古屋市西区則武新町3-1-17
倉敷会場
2024年4月19日(金)~4月21日(日)11:00~19:00 ※最終日は17:00 閉場
「アリオ倉敷1Fセンターコート横」岡山県倉敷市寿町12-2
東京会場
2024年4月25日(木)~4月29日(月・祝)11:00~19:00 ※最終日は17:00 閉場
「ヒルトピア アートスクエア(ヒルトン東京 B1F・新宿)」東京都新宿区西新宿6-6-2 B1F
大阪会場
2024年5月3日(金・祝)~5月6日(月・祝)11:00~20:00
「なんばマルイ2F イベントスペース」大阪府大阪市中央区難波3-8-9
特設サイト
https://salon.everhartclub.jp/post228
入場料
無料


© Peanuts Worldwide LLC
※掲載内容は2024年4月時点の情報です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

Please Share

推し活ダイアリー♡ vol.7|「トム・エバハート展」開催中♪日本初公開&先行販売スタートの名古屋会場レポート

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Satomi Hirata
  4. 推し活ダイアリー♡ vol.7|「トム・エバハート展」開催中♪日本初公開&先行販売スタートの名古屋会場レポート

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。