絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

地元で親しまれる「うずまきパン」がかわいい♡老舗ベーカリー「ミシマパン」【愛知・蒲郡市】
#パン

2024.6.11tue

地元で親しまれる「うずまきパン」がかわいい♡老舗ベーカリー「ミシマパン」【愛知・蒲郡市】

学校帰りに立ち寄った近所のパン屋さんや、昔から慣れ親しんだあの味。どれも味わい深くて、心がキュンと切なくなります。パンのこだわりや店主の想いを知れば、一層お店への愛も深まるはず!今回は、愛知・蒲郡市にある「ミシマパン」をご紹介します。

地元の幅広い層に親しまれる「うずまきパン」

「ミシマパン」は、1970年創業の老舗ベーカリーで、主婦や休憩中のサラリーマンなど、1日を通して多くの人が訪れます。

店内には、総菜パンや食パンなども豊富にそろいます。

「うずまきレンジャー」(6個316円)

蒲郡市で半世紀以上親しまれているのが「ミシマパン」「うずまきパン」。その中でも、抹茶やココアなど、数種類のフレーバーが一度に楽しめる「うずまきレンジャー」が大人気です。

海苔巻きから着想を得た、ぐるぐる巻きの見た目が何ともかわいらしい♡「うずまきパン」には、小麦粉と砂糖、マーガリン、ざらめを使用しており、素朴な味わいが人気の秘訣です!

「うずまきパン」が入っている袋も、渦巻きモチーフでかわいい!

岡崎市・幸田町・豊川市などのスーパーでも販売する他、地元の保育園のおやつにも採用されています。そのままかじるのはもちろん、端からほどいて食べるのも楽しみ方の一つ。

パンは店内の工房で毎日70回以上も焼き、いつでも買える状態にしているそう。

買うならまずは少量かなと店頭を見ると、目に入るのはうずまきパンが10個入った大袋ばかり。そんなに?と不思議に思ってしまいますが、「買い置きしたのに、もうなくなっちゃって」と購入する人が後を絶ちません。

子どもには食べ慣れたおやつ、 大人にとっては懐かしい味なので、皆つい手が伸びてしまうんだとか。「特別なパンではなく、親子でつい食べてしまうパンでありたいから」と話す鈴木店主の願い通り、三河地方で世代を超えて親しまれているのが分かります。

一度食べたらきっと、いくつも食べたくなるので、お店で買う際は普段よりちょっと欲張りな量を持ち帰るのがちょうど良いかもしれません!

どれにしようか迷ったら、明るく気さくな店員さんにおすすめを聞いてみてくださいね。

ミシマパン

問い合わせ
0533-69-2955
場所
愛知県蒲郡市拾石町塩浜66
営業時間
8:00〜18:30

※掲載内容は2024年5月時点の情報です
※価格は税込み表記です

LINEお友だち登録

RANKING ランキング

TAGS #人気のタグ

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY7月号(2024年5月23日発売)おいしいパンとカフェ

特集の目次を見る

Please Share

地元で親しまれる「うずまきパン」がかわいい♡老舗ベーカリー「ミシマパン」【愛知・蒲郡市】

WRITER

Hiroko Shimokawa

Hiroko Shimokawa

岐阜県岐阜市出身。雑誌編集者、子ども向けイベント屋を経て、2021年9月に独立。現在はフリーランスのライター・編集者として、様々なWebメディア・雑誌等で活動中。マイブームは香水集めと日本画を描くこと。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. Hiroko Shimokawa
  4. 地元で親しまれる「うずまきパン」がかわいい♡老舗ベーカリー「ミシマパン」【愛知・蒲郡市】

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。