絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

#おでかけ

2019.8.25sun

あいちトリエンナーレ2019

2010年の開催から今年で4回目を迎える、3年に1度の街中アートの芸術祭。芸術監督にジャーナリストの津田大介を迎え、“情の時代”をテーマに現代芸術、舞台芸術、ラーニングの大きく3つに分かれた構成で展開します。藤原葵、鷲尾友公などの愛知県出身アーティストをはじめ、国内外90組以上の最先端の芸術作品が勢ぞろい。
 パフォーミングアーツでは、今回初めて演劇をメインとしたプログラムを実施。海外の劇団による日本初公演の舞台を含む14演目が、名古屋・豊田に集結します。開催期間中は、アーティスト自らがアート作品を通してレクチャー形式のパフォーマンスをし、観客と共有する場面もあるなど、新たなチャレンジに注目です。
また今回は「愛知芸術文化センター」を会場にした、美術と音楽の垣根を越えた音楽プログラムも開催。様々な手法を用いて、愛知から世界に向けてメッセージを発信していく第一歩に触れてみては。

ネイチャー・シアター・オブ・オクラホマ+エンクナップグループ
『Pursuit of Happiness(幸福の追求)』2016、リュブリャナ(スロベニア)
Photo: Andrej Lamut,Courtesy of EN-KNAP Productions

関連記事もチェック!
✔ 「あいちトリエンナーレ2019」愛知芸術文化センター、四間道・円頓寺をレポート!【PR】
✔ 【「あいちトリエンナーレ2019」の注目作】参加アーティスト・鷲尾友公さんにインタビュー!

あいちトリエンナーレ2019

イベント名
あいちトリエンナーレ2019
開催日時
2019.8.1〜2019.10.14
時間は会場によって異なる
※10月12日(土)は台風19号接近に伴い、「国際現代美術展」は全館臨時休館。「パフォーミングアーツ」と音楽プログラム「なごの音楽祭」は、開催中止になりました。
定休日
会場によって異なる
場所
愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、四間道・円頓寺、豊田市美術館・豊田市駅周辺
料金
当日1DAYパス1600円、フリーパス3000円※映像プログラム、音楽プログラム、パフォーミングアーツは別途チケットが必要となる場合あり
問い合わせ
052-971-6111
公式サイト
https://aichitriennale.jp/
Facebook
https://www.facebook.com/AICHITRIENNALE/
Twitter
https://twitter.com/Aichi_Triennale
Instagram
https://www.instagram.com/aichitriennale/

MAGAZINE 雑誌『KELLY』

月刊KELLY

KELLY11月号(2022年9月21日発売)この秋したいこと全部!

特集の目次を見る

TAGS #人気のタグ

RANKING ランキング

Please Share

あいちトリエンナーレ2019

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. EVENT
  3. おでかけ
  4. あいちトリエンナーレ2019

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

RANKINGランキング

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。